« 2015年1月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年3月

2015年3月23日 (月)

ときがわ町の三角点

埼玉県比企郡ときがわ町内(隣接市町の境界附近を含みます。)の電子基準点と三角点を探訪してみました。

地理院地図(電子国土Web)に記載されているときがわ町内の電子基準点及び三角点を一覧にすると次の表のようになります。この表は三角点等を西から東の順に並べたものです。

2015032301

1 三等三角点「正丸」標高879.11mです。横見山(ツツジ山)にあります。東の尾根上には堂平山の天測点に対応する子午線標があります。

2015032302

2 一等三角点「堂平山」標高875.91mです。南側には天測点があります。

2015032303

3 二等三角点「北川」標高816.32mです。飯盛峠(いいもりとうげ)北西のピークにあるようなのですが現地に標石は見当たりません。

2015032304

4 三等三角点「椚平」標高667.05mです。新柵山からぶな峠に続く尾根上にあり、この場所は日向根の南西にあたり、現地には風早山のプレートがあります。

2015032305

5 三等三角点「平萱」標高539.43mです。金嶽(慈光寺西の手入れの行き届いた針葉樹林のピーク)にあります。

2015032306

6 三等三角点「西平」標高490.14mです。新柵山にあります。

2015032307

7 四等三角点「金嶽」標高410.30mです。2014(平成26)年夏に設置された新しい三角点です。

2015032307_1

8 四等三角点「柳沢」標高320.93mです。2014(平成26)年夏に設置された新しい三角点です。

2015032307_2

9 四等三角点「日尺」標高124.69mです。西平交差点東の県道172号(大野東松山)線から一段下がったところにあります。

2015032308

10 三等三角点「日影」標高418.15mです。雷電山にあります。

2015032309

11 三等三角点「弓立」標高426.75mです。弓立山にあります。

2015032310

12 四等三角点「別所」標高117.93mです。堂山の南西の麓にあります。

2015032311

13 四等三角点「水境」標高158.09mです。弓立山の東にあります。

2015032312

14 四等三角点「桃ノ木」標高213.49mです。町立都幾川中学校南の金比羅山にあります。

2015032313

15 電子基準点「都幾川」標高103.136mです。町立都幾川中学校の校庭にあります。写真は校庭南側の道路から撮影したものです。

2015032314

16 四等三角点「上谷」標高185.31mです。武蔵の杜CCの8番ホールティーグランドの西側の山中にあるようです。下の写真は、当方が同ゴルフ場にかつてゴルフに行った際、たまたま8番ホールのティーグランドから北方向にある弓立山を撮ったものです。写真を撮った地点から西(左)方向数十メートルの地点に三角点が所在するものと思われます。

2015032315

17 四等三角点「下」標高252.6mです。大日山(仙元山の南、物見山の西にあたる尾根上のピーク)にあります。

2015032316

18 四等三角点「本郷」標高166.73mです。埼玉県道30号(飯能寄居)線沿いのゴルフ練習場東のピークにあります。

2015032317

19 四等三角点「椴ノ下」標高111.37mです。埼玉県道30号(飯能寄居)線から大附に至る町道の分岐近くにあります。

2015032318

20 四等三角点「明覚」標高78.63mです。木の里本郷土地改良区が管理する農業用ため池の北角にあります。

2015032319

21 三等三角点「菅沢」標高224.86mです。玉川CC内の白石山にあるようです。

2015032320

22 三等三角点「番匠」標高131.04mです。越生GCのクラブハウスの南にあります。

2015032321

23 四等三角点「塩山」標高164.82mです。正山(地元では塩山(しおやま))にあります。

2015032322

24 四等三角点「玉川」標高72.33mです。コメリの県道を隔てて北側にあります。

2015032323

これにてときがわ町内24か所の三角点の探訪は終了です。

越生町・鳩山町・毛呂山町・ときがわ町の4町の三角点を探訪してみて、三角点を市町村単位で一つ残らず「悉皆探訪」しようとすると、社会的な意味でかなり無理があるように思います。
都市化が進んでいる地域では建物の屋上三角点や、宅地開発により民家の庭の中となった三角点などが数多くあり、仕事のお邪魔になったり、隣近所の方にいらぬ心配をおかけしたりの無用のトラブルのリスクを考えると探訪すること自体を躊躇せざるをえません。
一方、山間地の三角点を巡るには関係者への配慮はもちろんのこと、相応の体力に加え、高度な地図読みなどの登山技術が必須となります。
以上を考え合わせると市町村単位での三角点の「悉皆探訪」は限られた区域でしかできないように思います。今後は市町村の区域単位ではなく、一つひとつの点としての三角点巡りを折に触れて楽しみたいと思います。

※ この記事中の地図は国土地理院の地理院地図(電子国土Web)を使用し、電子基準点及び三角点の点名及び標高は国土地理院の基準点成果等閲覧サービスから引用したものです。なお、標石等の写真は2010(平成22)年5月から2015(平成27)年3月までの間にブログ「四方山探訪(Yomotan)」が撮影したものであり国土地理院とは関係ありません。

※ 三角点は公有地・私有地を問わず、また、耕作地・山林あるいは建物・ゴルフ場・墓地等の敷地内、加えて屋上などいろいろな場所に設置されています。したがって三角点を見学する場合には必要に応じて許可を得る等の適切な対応と、関係する方々に御迷惑をかけない配慮が必要と思います。

※ 2015(平成27)年12月20日追記 四等三角点「金嶽」及び四等三角点「柳沢」が新設されたため記事を変更しました。

2015年3月16日 (月)

毛呂山町の三角点

埼玉県入間郡毛呂山町内(隣接市町の境界附近を含みます。)の三角点を探訪してみました。

地理院地図(電子国土Web)に記載されている毛呂山町内の三角点を一覧にすると次の表のようになります。この表は三角点を西から東の順に並べたものです。古い地図にある三角点と比べてみると住宅団地やゴルフ場開発により廃止されたり、移転したり、あるいは亡失したりの受難の三角点が結構あって、それぞれに経緯がいろいろとあるようです。

2015031601

1 四等三角点「中在家」標高368.14mです。ハイキングコース上では天望峠と鼻曲山の間にあります。点名は大字滝ノ入地内の中在家の地名によるものと思われます。

2015031602

2 四等三角点「阿諏訪」標高393.65mです。愛宕山にあります。

2015031603

3 四等三角点「桂木」標高281.22mです。桂木観音前の桜の木の根元にあります。

2015031604

4 四等三角点「鎌北」標高434.88mです。須刈山の山頂にあります。実際の所在地の大字名は「権現堂」です。

2015031605

5 四等三角点「午頭山」標高282.23mです。午頭山(地元での呼称は「ごんずうさん」)の南西、ゴルフ場の柵の外の山中にあります。所在する位置から考えて、ゴルフ場造成工事に関連した移転等の経緯があるのかもしれません。

2015031606

6 四等三角点「権現堂」標高334.37mです。東京電力の西上武幹線228号鉄塔の北側にあります。点名は所在地が大字権現堂地内ではないこともあって「権現堂」というよりは実際の地名である「鎌北」の方がしっくりするような気がします。

2015031607

7 一等三角点「物見山」標高375.30mです。日高市境の物見山にある毛呂山町内唯一の一等三角点です。

2015031608

8 四等三角点「大谷木」標高256.40mです。埼玉ゴルフクラブのアウトコースの北西にあります。

2015031609

9 四等三角点「本郷」標高105.79mです。大字滝ノ入地内の高福寺西側のなだらかな山中にあります。「本郷」の点名は大字毛呂本郷に由来するのだろうと思いますが、所在している場所は大字滝ノ入です。

2015031610

10 三等三角点「京ヶ峠」標高224.89mです。石尊山の山頂にあります。この三角点はゴルフ場の造成工事によって削り採られてしまった烏峠から移転されたものです。古い地図を見ると、かつて烏峠は石尊山の南側に双耳峰のように並び立っていました。

2015031611

11 四等三角点「毛呂山中学校」標高86.81mです。三角点は校舎の屋上にあります。

2015031612

12 四等三角点「毛呂山」標高105.10mです。新しき村入口の南、県道30号(飯能寄居)線の西側にあります。なぜ、この三角点が毛呂山の町名を冠しているのだろうか・・・と思います。毛呂山町の中心にあるわけでもなく不思議です。

2015031613

13 三等三角点「西戸」標高86.74mです。この三角点は住宅団地の造成工事に関連して従来の場所から少しだけ移転しています。現在はめじろ公園内にありますが、この附近は従来大字西戸(さいど)の一部であり、その地名が点名の由来となったものと思われます。ちなみに現在のこの附近の町名は住宅団地開発により目白台となっています。

2015031614

14・15 下の地図の南西側の三角点が四等三角点「長瀬屋上」標高68.06mで、北東側の三角点が四等三角点「長瀬」標高60.19mです。「長瀬屋上」は「長瀬」の偏心点なのだろうと思います。

この附近は従来大字「長瀬」の一部であり、その地名が点名の由来となったものと思われますが、結果として2点とも標石や金属標を確認することはできませんでした。調べたところによると「長瀬屋上」の位置にはかつて工場があって、その屋上に三角点があったものと思われますが、現在は工場の建物自体が取り壊されて住宅が建っているため、「長瀬屋上」は亡失しているものと思われます。

また、北東側の「長瀬」の位置の様子は下の写真のとおりで、三角点の標石、金属標等を確認することはできませんでした。しかしながら、舗装面2か所にある鉄の蓋の中に三角点の標石があるどうかは未確認です。

2015031615

これにて毛呂山町内15か所の三角点の探訪は終了です。

※ この記事中の地図は国土地理院の地理院地図(電子国土Web)を使用し、三角点の点名及び標高は国土地理院の基準点成果等閲覧サービスから引用したものです。なお、標石等の写真は2010(平成22)年1月から2015(平成27)年3月までの間にブログ「四方山探訪(Yomotan)」が撮影したものであり国土地理院とは関係ありません。

※ 三角点は公有地・私有地を問わず、また、耕作地・山林あるいは建物・ゴルフ場・墓地等の敷地内、加えて屋上などいろいろな場所に設置されています。したがって三角点を見学する場合には必要に応じて許可を得る等の適切な対応と、関係する方々に御迷惑をかけない配慮が必要と思います。

2015年3月10日 (火)

鳩山町の三角点

埼玉県比企郡鳩山町内(隣接市町の境界附近を含みます。)の三角点を探訪してみました。

地理院地図(電子国土Web)に記載されている鳩山町内の三角点を一覧にすると次の表のようになります。この表は三角点を西から東の順に並べたものです。

2015031001

1 三等三角点「番匠」標高131.04mです。越生ゴルフクラブのクラブハウスの南にあります。地図上では三角点は鳩山町内に所在するように見えますが、点名の番匠は隣接するときがわ町の大字名です。

2015031002

2 四等三角点「熊井」標高97.67mです。小さな古墳のようなピークの上にあります。南東側一帯には強力な篠ヤブと堆積物があります。

2015031003

3 四等三角点「竹本」標高54.99mです。耕地整理された水田脇の農道から見える篠ヤブの中にあります。

2015031004

4 三等三角点「鎌形」標高98.25mです。鳩山町と嵐山町を境する山道を歩いていると確認できます。地図上では嵐山町内に所在するように見えます。確かに点名の「鎌形」は隣接する嵐山町の大字名です。

2015031005

5 四等三角点「須江」標高52.97mです。舛井戸遺跡の東側の石積み上の南西角にあります。

2015031006

6 四等三角点「大豆戸」標高57.07mです。三嶋神社境内にあります。本殿に向かって右側の木の根元にあります。

2015031007

7 三等三角点「泉井」85.08mです。金澤寺(こんたくじ)の裏山にあります。東側の県道から送電線鉄塔の巡視路と思われる山道があります。

2015031008

8 四等三角点「今宿」62.43mです。おしゃもじ山の展望台の南にあります。円筒状の強度試験用コンクリートで方形に囲われた一段低い小さな花壇のようなところにあります。

2015031009

9 四等三角点「観音」標高103.13mです。トロッコ公園の天の川ステーションから階段を上って南西に向かい、しばらく進んで道の分岐を南に進んだところにあります。

2015031010

10 三等三角点「上沢」標高78.12mです。秋葉神社の裏手からヤブを進んだ位置にあり三角点の周囲もヤブです。

2015031011

11 二等三角点「石坂」標高134.90mです。東松山市との境界である物見山の山頂にあります。

2015031012

12 四等三角点「沢木」標高63.41mです。沢木は隣接する坂戸市の大字名です。

2015031013

これにて鳩山町内12か所の三角点の探訪は終了です。

※ この記事中の地図は国土地理院の地理院地図(電子国土Web)を使用し、三角点の点名及び標高は国土地理院の基準点成果等閲覧サービスから引用したものです。なお、標石等の写真は2010(平成22)年1月から2015(平成27)年3月までの間にブログ「四方山探訪(Yomotan)」が撮影したものであり国土地理院とは関係ありません。

※ 三角点は公有地・私有地を問わず、また、耕作地・山林あるいは建物・ゴルフ場・墓地等の敷地内、加えて屋上などいろいろな場所に設置されています。したがって三角点を見学する場合には必要に応じて許可を得る等の適切な対応と、関係する方々に御迷惑をかけない配慮が必要と思います。

2015年3月 5日 (木)

越生町の三角点

埼玉県入間郡越生町内(隣接市町の境界附近を含みます。)の三角点を探訪してみました。

地理院地図(電子国土Web)に記載されている越生町内の三角点を一覧にすると次の表のようになります。この表は三角点を西から東の順に並べたものです。

2015030501

1 三等三角点「羽加山」標高566.40mです。羽賀山の山頂(大平尾根上のピークの一つ)にあります。現地では4方向に保護石のあるコン柱に笠付きの測量鋲が打ってあるものがあります。これが三角点の標石に代わるものなのかどうかわかりませんが、近くには三角点の盤石が丁度埋まりそうな窪みもあります。とにもかくにも大平尾根が派生する飯盛峠北西の二等三角点「北川」も標石が見当たらないといわれていることと併せて謎です。

2015030502

2 四等三角点「黒山」標高368.86mです。現地には越生駒ヶ岳の表示があります。ガイドマップに横吹峠と書いてある地点の西で四寸道の北側のピークにあります。

2015030503

3 三等三角点「越上」標高566.32mです。越上山の山頂にあります。100年以上の歴史があると思われる標石があります。

2015030504

4 四等三角点「芹ヶ沢」標高285.62mです。東京電力の送電線西上武幹線214号鉄塔の下にあります。三角点があるであろうコンクリート製の保護桝の蓋に「三角点国土地理院」の陶器製表示があります。

2015030505

5 四等三角点「山ノ入」標高340.03mです。雨乞山の山頂にあります。西側から山頂近くへ通じる山道があるようなのですが当方には見つかりませんでした。

2015030506

6 四等三角点「中在家」標高368.14mです。鼻曲山と天望峠の間の山道の真ん中にあります。なお、点名の中在家は越生町に隣接する毛呂山町大字滝ノ入地内の地名です。

2015030507

7 四等三角点「大畑」標高125.83mです。タイヤの下に現場打ちのコンクリート枠で守られた標石があります。

2015030508

8 四等三角点「堂山」標高109.35mです。堂山公会堂の敷地の角にあります。

2015030509

9 四等三角点「上谷」標高185.31mです。武蔵の杜CCの8番ホールティーグランドの西側の山中にあるようです。下の写真は、当方が同ゴルフ場にかつてゴルフに行った際、たまたま8番ホールのティーグランドから北方向にある弓立山を撮ったものです。写真を撮った地点から西(左)方向数十メートルの地点に三角点が所在するものと思われます。地図からは三角点は隣接するときがわ町大字大附地内に所在しているように見えます。

2015030510

10 三等三角点「大満」標高376.19mです。大高取山の山頂にあります。越生町内にある4つの三等三角点のうちの一つです。

2015030511

11 四等三角点「田代」標高152.22mです。傾斜が緩やかな北側の尾根は歩きやすそうです。三角点はヒサカキなどの生い茂ったピークにあり、標石には良い風情が感じられます。

2015030512

12 四等三角点「古池」標高129.12mです。地産霊園内の東屋脇にあります。

2015030513

13 四等三角点「上野」187.68mです。旧西山国有林(現在は埼玉県有林)の中にあります。三角点から東に派生する尾根が東側の舗装道路に消える地点から尾根を西に辿って三角点附近に通じる越生町道の山道があります。

2015030514

14 四等三角点「無名」176.36mです。世界無名戦士の墓の北にあります。

2015030515

15 四等三角点「大谷」標高134.07mです。小さな古墳のようなピークの上にあります。近くに写真の祠があります。

2015030516

16 四等三角点「成瀬」76.85mです。町道の路肩を注意深く見ないと三角点を見落とすかもしれません。実際の所在地は大字大谷です。

2015030517

17 四等三角点「越生」77.43mです。越生郵便局の屋上にあるようです。

2015030518

18 四等三角点「山吹山」119.86mです。如意(ねおい)団地の北西角から山道を少し進んだ所にあります。山吹の里歴史公園の遊歩道からは公園のフェンスがあるため行けません。

2015030519

19 三等三角点「西和田」136.65mです。大谷の六地蔵から南に向かう山道の脇にあります。越生町最東端の三角点です。

2015030520

これにて越生町内19か所の三角点の探訪は終了です。実際にを訪れてみて、設置時はともかくも現在は見通しや眺望のある地点が少ないことに驚きました。

※ この記事中の地図は国土地理院(電子国土Web)の地理院地図を使用し、三角点の点名及び標高は国土地理院の基準点成果等閲覧サービスから引用したものです。なお、標石等の写真は2012(平成24)年11月から2015(平成27)年2月までの間にブログ「四方山探訪(Yomotan)」が撮影したものであり国土地理院とは関係ありません。

※ 三角点は公有地・私有地を問わず、また、耕作地・山林あるいは建物・ゴルフ場・墓地等の敷地内、加えて屋上などいろいろな場所に設置されています。したがって三角点を見学する場合には必要に応じて許可を得る等の適切な対応と、関係する方々に御迷惑をかけない配慮が必要と思います。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年5月 »