« もうひとつの白沢峠 | トップページ | 八倉峠の”開通” »

2013年5月18日 (土)

藤尾山・石保戸山

2013051803_2

今日は、前日になって予報による天気の崩れが翌日以降にずれたので、もしかすると眺望も期待できそうな土曜日ということで、御料局三角点の探訪に行ってきました。調べてみると御料局三角点は甲州市の一之瀬の附近では、奥秩父主脈の唐松尾山の西方の尾根上、犬切峠から藤尾山に続く尾根上、そして同じく犬切峠から石保戸山に続く尾根上にあることが分かりましたので、犬切峠からピストンで藤尾山と石保戸山を目指すことにしました。

とは言え、今年に入ってから三窪高原からも、倉掛山からも富士山の雄姿を見ることができていませんので、リベンジということで早朝に家を出て三窪高原から富士山を眺めようという目論見で車で自宅を出発しました。

例によって奥多摩湖です。堰堤附近の写真ばかりでは面白くないので熱海附近からみた”ひょうたん島”です。このところ水位がかなり落ちていて普段見られないものが見えています。

2013051801

こちらは以前から撮りたかった写真で保之瀬第一洞門脇のカーブミラーです。この辺りの山フジは色も褪せて盛りはすぎたかなぁ・・・という感じでした。

2013051802

一之瀬附近できれいな山ツツジを眺めながら柳沢峠に近づくと甲府盆地側からガスが湧き上がっています。これでは富士山は無理かなと思いながら・・・着いてビックリです。林道笠取線分岐附近に車がビッシリとまっていて、あたりには高級な一眼レフに500ミリくらいの望遠がついた重い三脚を担いだ写真家の皆さんが大勢います。こんなに三窪高原に写真を撮りに行くのだろうか・・・と思ったのですが、後になって分かったことですが、結果は”鳥撮り”の皆様でした。

ということで市営駐車場に車をとめ、笠取林道経由でハンゼノ頭を目指します。

このときはハンゼノ頭にカメラマンが大勢いるものと思って登っていましたのでついつい早足になってしまいました。31分で登り、最大心拍数は169でした。頂上に着いてみる富士山が雲海の向こうに見えています。登ってきた甲斐がありました。第一目標達成です。手前の山は大芝山、三ツ峠山等は雲海の中です。ハンゼノ頭におられた方に、写真家の皆さんのお目当てが鳥であることを教えていただきました。

2013051803

場所を移して車で犬切峠に向かいます。到着です。

2013051804

準備を整えて藤尾山を目指して防火帯を登り始めます。直登一気が効いて非常に苦しいです。西の方を見ると先日登った倉掛山が見えました。いよいよ防火帯の最上部です。

2013051805

ここで一休みにします。今日の薄皮シリーズはコーヒークリームパンです。ふと足元を見ると草刈用ナイロンコード”トリマーキング”風が落ちていました。防火帯の草刈の様子が目に浮かびました。

2013051806

犬切峠の向こう側に藤尾山を下りてから登る石保戸山(左端寄りのピーク)が見えています。右手には登りの経路である直登一気の防火帯、手前には1996(平成8)年度から犬切峠側からの開設工事が始まった林道大ダル線がうっすらと左横方向に続いています。

2013051807

話を戻して、防火帯の西側から篠ヤブに突入です。踏み跡がありますので問題はありませんが普通のハイキングの範疇は明らかに超えています。尾根上に出て頂上を目指してしばらく進むと・・・・ありました。御料局三角点です。裏面には「二三」と彫ってあるように読めます。初めて見ました。これで本日の第二目標達成です。

2013051808

山道を進み藤尾山に到着です。三等三角点「天狗棚」標高1,606.25mがありました。

2013051809

来た道をUターンです。振り返ると抜けてきた笹ヤブが見えます。すごいところを歩いています。雨でも降っていたら最悪です。

2013051810

防火帯まで戻ってきました。新緑の上に一之瀬の集落、その後ろの沢をつめた位置に唐松尾山のピークがポコッと見えています。御料局三角点間の見通しはバッチリだったようです。

2013051811

軽快に下って、今度は先ほどの藤尾山の防火帯から見えた直登一気の石保戸山の防火帯に挑みます。暑くてこれはきつかったです。思わず西寄りの樹林側の日影を選んで歩きました。

2013051812

防火帯をヒーコラ登り続けて本日の第三目標の御料局三角点に到着です。裏面には「二四」と彫ってあるように読めます。この位置からは藤尾山の尾根上にあった御料局三角点の位置が見通せました。

2013051814

防火帯の登りで脚がつりそうになりましたが、だましだまし歩いて進みます。本日初導入のゲータレードランを飲み始めるのが遅かったのかもしれません。石保戸山が見渡せる激坂の上部で昼食にします。この辺りからは乾徳山や南アルプスも見えました・・・・・・ガッッ~~ン・・・箸がない、フォークもスプーンもない!ではないですか。せっかく持ってきたレトルトのご飯と牛丼を諦めます・・・。非常用に持っているものを食べました。まっ、いざとなれば温めなくても食べられそうですが・・・徒歩歩です。

2013051815

下り始めて間もなく・・・ギョエッ、これってクマのふん

一気に下って指入峠です。左側のこんもりとした丘状の部分がノロカワ頭でしょうか。手前左側の平らな広い部分は林道大ダル線の工事で発生したズリ等を転圧して埋め立てた場所かもしれません。峠の名前からすると、昔この近くに焼畑があったのでしょうか。

2013051816

再び急坂の防火帯を登って最後の鞍部から石保戸山への激坂です。ここは難渋しました。下を向いて一歩一歩登りました。

2013051817

石保戸山の三等三角点「石保戸」標高1,672.85mがある西側頂上です。ご覧のとおりの状況で眺望はありません。東側頂上のある防火帯から笹ヤブが伐開してありますので、それを辿れば思ったより容易にたどり着けます。南側から迂回した方が逆にヤブこぎは大変でした。

2013051818

眺望の良い場所まで戻って一休みです。手前の激坂防火帯上部にはマルバダケブキなどが、これでもかという程生えています。写真中央上部が熊のふん?があった急坂防火帯。その右上が藤尾山です。この辺りには草刈用ナイロンコード”鮫牙”風が落ちていました。藤尾山より草が手ごわそうです。

2013051819

指入峠まで戻って今度は林道大ダル線を犬切峠を目指して歩きます。距離は3キロ弱。時間にして40分程でしょうか。気持ちの良い林道が続きます。途中、柳沢峠の上に富士山の見える場所がありました。

林道には施工年度毎の起点標があり1年度に300mないし500mずつ工事を進めてきた経緯が分かりました。

2013051820

犬切峠に到着し帰路につきます。高橋側に降りて鶏冠神社に寄ってみました。鳥居近くのサワラの大木についての説明板があります。社殿は登ってみましたが荒廃が進んでしまいそうな気配です。社殿の中には、1925(大正14)年5月20日に東京市水源林事務所の東京市技師から奉納された金御幣の奉納額(リンク写真の住所と氏名は消してあります)がありました。

2013051821

一気に下って丹波山温泉のめこい湯で入浴。先週より空いていました。今日は道の駅の食堂で「丹波鹿そば」@600円を食べ帰路に着きました。

※ この地域の御料林に関しては多くの資料がWeb上に公開されていますが、中でも目を引いたのは、泉桂子「東京市水源林における戦前・戦後の経営展開」(東京大学農学部演習林報告第104号・2000年)でした。その資料161頁には地図が、172頁には一之瀬周辺の御料林編入に対する気持ちが、194頁には東京市の造林事業が一之瀬周辺に多くの雇用をもたらしたことなどが記されています。造林事業における雇用の最盛期と東京市技師の鶏冠神社への金御幣の奉納時期が重なるところが面白いと思いました。

参考URL:http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/22512/1/esrh104004.pdf

オマケ
道中で見かけたフデリンドウです。かわいらしく、凛としてきれいな花です。

2013051813

タイム
(1)柳沢峠市営駐車場 ⇒ 31分 ⇒ ハンゼノ頭(18分撮影) ⇒ 33分 ⇒ 柳沢峠市営駐車場
(2)犬切峠 ⇒ 28分 ⇒ 防火帯上部(7分休憩) ⇒ 7分 ⇒ 御料局三角点(4分撮影) ⇒ 9分 ⇒ 藤尾山(4分休憩) ⇒ 36分 ⇒ 犬切峠
(3)犬切峠 ⇒ 37分 ⇒ 防火帯中腹(10分休憩) ⇒ 3分 ⇒ 御料局三角点(10分撮影) ⇒ 17分 ⇒ 急坂上部(昼食休憩18分) ⇒ 9分 ⇒ 指入峠(4分休憩) ⇒ 37分 ⇒ 石保戸山(東) ⇒ 5分 ⇒ 石保戸山(西) ⇒ 6分 ⇒ 激坂上部(12分休憩) ⇒ 23分 ⇒ 指入峠 ⇒ 43分(林道経由) ⇒ 犬切峠

※ この記事中の三角点の点名及び標高は国土地理院の基準点成果等閲覧サービスから引用したものです。

« もうひとつの白沢峠 | トップページ | 八倉峠の”開通” »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もうひとつの白沢峠 | トップページ | 八倉峠の”開通” »