« 白沢峠(嶺方峠) | トップページ | 藤尾山・石保戸山 »

2013年5月12日 (日)

もうひとつの白沢峠

今年のGWは長野県北安曇郡白馬村の白沢峠(嶺方峠)に行ってきましたが、今日はもうひとつの白沢峠、山梨県甲州市(旧塩山市)と山梨市(旧東山梨郡三富村)の境にある白沢峠に行ってきました。

昨日からの雨はやんだものの、まだ路面が濡れるているなかを車で出発し、奥多摩湖に到着です。ガスが山肌を覆っています。

2013051201

国道411号線を西に進みます。徐々に良い天気になってきました。コントラストが効いて陽光に輝く新緑がまぶしいです。ところどころにフジの花が見えます。

2013051202

本日のデポ地、一之瀬高橋への分岐です。まだ桜の花が残っています。青空もいい感じになってきました。

今日のルートは他の選択肢(1)国道140号線の広瀬ダム下流方面から登るルート、(2)一之瀬の作場平からヤブ沢峠経由の往復なども考えたのですが、(1)は廃トラックを見ることができなかったり、(2)は往復距離が長すぎたりの難点があって、苦肉の策で一般的ではない今日のルートに決めたものです。

2013051203

右折して山道を進みます。犬切峠への分岐を直進し国土地理院の地形図にも寺院の記号が表示されている一之瀬高橋の放光山高橋寺(燈籠に刻まれた名称による)を通過します。

2013051204

しばらく悪路を進んデポ地(国土地理院の”標高がわかるWeb地図”によると標高約1,320m)に車をとめ、装備を整え歩き始めます。少し歩くと新しい林道の工事が進んでいてビックリしました。

この辺りの林道には「二輪車進入禁止」系の告知や看板の類がやたらと目立ちます。こちらの林道にも強いトーンの真新しい「バイク進入禁止」の看板がありました。

2013051205

当方は昔からある道を歩き続けます。良い雰囲気ですが、いかにもクマが暮らしていそうな山域ですので、今日は音の大きなノルウェーMOEN社製のベルをつけて歩いています。

2013051206

約1時間で鳥小屋分岐(”標高がわかるWeb地図”による標高約1,680m)に到着です。デポ地との標高差は約360mで、結構登りがいがありました。下の写真ですと、向かって左側の道から登ってきた感じです。

2013051207

一休みです。本日の薄皮シリーズは「ネクターミックスクリームパン」です。ザックの中で少々つぶれてしまいました。

2013051208

御料局三角点はないものかと近くのピークに笹ヤブをこいで登ってみましたが、あるのはシカの糞ばかりで何もなし。諦めて西に進みます。

※ 2013(平成25)年11月18日追記 : 後日、近くにある御料局三角点を探訪しました。その際の記事はこちらです。

少し西に進むと、戦後、木材を運んでいたであろうトラックがありました。もっと白沢峠寄りにあるものと思っていましたので、いきなりの出現に少々驚きました。

2013051209

この辺の位置関係は下の地図のとおりです。赤線は当方が反時計回りに歩いたルートです。

2013051209_4
この地図は国土地理院の地理院地図(電子国土Web)を使用したものである。(2015(平成27)年7月19日地図差し替え)

気分の良い道を歩きます。それにしても静かです。小鳥のさえずりと、時たまチューニングしているかのようなシカの鳴き声しか聞こえません。

2013051210

シラカバと他の木の新芽です。新緑の時期に山が紅葉したかのように見える感じがありますが、この写真を見ていると何となくわかる感じがします。

2013051211

白沢峠への途中、2か所の三角点に寄りましたが、登山道と言えるものはなく、笹ヤブをかき分けてシカの糞を踏まないように進む感じですので、登山道から外れて三角点を目指すのは一般的なハイカー向きではないように思います。加えて、どうしても踏み跡に引きずられてしまいますので地図読み力がないと不安になってしまいそうな感じです。

そんなことをしながら、1時間以上をかけて白沢峠に到着です。峠の名前の由来は広瀬湖側から(へ)の山道がある「白沢」に由来するのだろうと思います。写真は歩いてきた道側を振り返って撮ったものです。

2013051212

この峠には有名なトラックがあります。思わず「かなり苦労したんだよなぁ・・・」とか話しかけたくなるような雰囲気を感じさせたりもするものの、一方では、今でいえば単なる不法投棄なのかもしれません。戦後、旺盛な木材需要に応えるべく、切り出した木材を満載してこのあたりの林道を走っていたのだろうと思います。

以前からこのトラックを見てみたいものだと思っていましたので、やっと来れたという感じです。このトラックがなければ、今日はこの峠に来ていなかったかもしれません。左前のタイヤには「MADE IN GREAT BRITAIN」の文字がありました。

これで笠取山近くの機械を含め、この附近の戦後の”遺物”を見終えました。

2013051213

一休みの後、倉掛山を目指して山道を歩いたり、防火帯を登ったりしながら高度を稼ぎます。白沢峠と倉掛山の標高差は約450mありますので防火帯の登りは結構体力を使います。本日の最大心拍数162はこのあたりで記録しました。振り返って再び一休みです。近くには歩いて来た防火帯、遠くには山らしい形をした木賊山や台形に見える破風山などの奥秩父主脈の山々が見えています。

2013051214

やっとのことで倉掛山に到着です。電波塔のある三窪高原の向こうに富士山が見えます。もう少し早く来れば雲が富士山にかかっていなかったような感じがして残念です。マウスをのせると富士山がアップになります。

振り返ると広瀬湖の湖面が広がり、国道140号線のループ橋も枝の間に見えます。その後ろにそびえる山は甲武信ヶ岳手前の木賊山です。

ここで景色を眺めながら昼食にします。今日のメニューはマルちゃんの「黒い豚カレーうどん」とコーヒーです。いつも代わり映えがしません。

2013051216

のんびりと休んでから防火帯を下ります。尾根筋からは甲斐駒ケ岳なども望むことができました。

しばらく進んで、海岸に打ち上げられたクジラよろしく骨だけになってしまったシラビソです。樹皮は枝にいたるまでシカが食べています。このあたりの樹木はシカに樹皮を食べられる食害がすごいレベルだと思います。特にサクラやシラビソがひどいように感じました。食害については埼玉県のこちらのHPが参考になります。

2013051217

防火帯の終点附近から篠ヤブの中を進んで四等三角点「北沢」に行き、そこから再び始まった防火帯と山道をたどり白沢峠へ。峠から東に向かって沢を下りました。途中登山道に石積みができていたのですが、どう見ても石材は”炭焼き窯変成岩”happy01みたいです。

冗談はともかくこれだけ積むのも大変な労力だろうなぁ・・・と思いました。

2013051218

無事デポ地に戻ってきました。帰路につきます。車の腹をこすらないように慎重に運転します。下の写真は一之瀬高橋の風景です。

2013051219

国道411号線に出て奥多摩方向に走り一之瀬林道の起点に妙なものがありました。この時期だとフセギの一種か何かなのでしょうか。分かりません。

※ 2013(平成25)年6月6日追記:Web検索の結果から一之瀬高橋地区の「道祖神祭」、または「春駒」に関係したもののように思われますが詳細はなおも分かりません。

2013051220

さらに下って道の駅たばやまの「のめこい湯」に寄って入浴(@600円)し、その後、以前から食べてみたかった丹波鹿カレー(辛口)@950円を食べて帰路につきました。

それにしても、今日一日、ほとんど道標がなく、登山者にまったくあわないという珍しい山行でした。シカの姿を見ることもできましたし、以前からの懸案だった笠取小屋への経路も判明し、見てみたかった廃トラック2台も確認することができ、御料局三角点の確認以外は目標達成の天気にも恵まれて暑いぐらいの楽しい1日でした。

※ オマケ
本日探訪した三角点です。左上:四等三角点「鳥小屋」標高1,592.08m 右上:四等三角点「白沢峠」標高1,513.09m 左下:三等三角点「墨川」(倉掛山)標高1,776.53m 右下:四等三角点「北沢」標高1,578.24m

2013051221

本日見かけた植物です。左下はマルバダケブキ、右下はハシリドコロだろうと思います。いずれもシカが食べない植物のようです。マルバダケブキについては当ブログの記事「笠取山」にも記載があります。

2013051222

タイム
デポ地 ⇒ 1時間2分 ⇒ 鳥小屋分岐(9分休憩) ⇒ 10分 ⇒ 廃トラック(3分休憩) ⇒ 23分 ⇒ 鳥小屋三角点(7分休憩) ⇒ 23分 ⇒ 白沢峠三角点 ⇒ 19分 ⇒ 白沢峠(19分休憩) ⇒ 39分 ⇒ 防火帯の急坂(6分休憩) ⇒ 25分 ⇒ 倉掛山(46分休憩・昼食) ⇒ 39分 ⇒ 北沢三角点 ⇒ 10分 ⇒ 白沢峠(6分休憩) ⇒ 37分(デポ地)

※ この記事中の三角点の点名及び標高は国土地理院の基準点成果等閲覧サービスから引用したものです。

« 白沢峠(嶺方峠) | トップページ | 藤尾山・石保戸山 »

コメント

一之瀬高原、妄想していたので、非常に参考になり、ありがたいです。
シカ、駆除する仕組み、何とかならないものでしょうかね。

コメントありがとうございます。
このあたりは水源林ということで種々の配慮が必要なようですが、当方も走り去るシカやカモシカ、クマのふんは見たことがあります。森や生態系の変化への対応は・・・難しいですね。

萩原山御料局三角点をお探しですか
ヒントを教えます
鳥小屋分岐の北方、1760mに御料局三角点が設置されております

>舘沢省吾さん
コメントありがとうございました。
機会をつくってヒントを踏まえてピークハントをしてみたいと思います。
今後ともいろいろと教えていただければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白沢峠(嶺方峠) | トップページ | 藤尾山・石保戸山 »