« 積雪の中津川林道 | トップページ | 湘南平 »

2013年2月 2日 (土)

連光寺村

承前 2012/12/12 相模野基線

今日は春本番のような暖かい陽気のなか一等三角点「連光寺村」を探訪してきました。この一等三角点は相模野基線を増大して我が国の一等三角点網を構築するために重要な役割を果たした三角点です。

車で出発し、三角点の所在する八坂神社の森に到着です。社前には多摩市指定天然記念物の大きな「すだじい」があります。樹齢は約400年とのことです。

2013020201

八坂神社脇の公園内に三角点があります。多摩市みどりと環境課の設置した「天王森公園 多摩市最高地点 標高161.7m」の看板があります。

2013020202

一等三角点「連光寺村」標高161.71mです。所在地は多摩市連光寺六丁目で、標柱は面取されたもので一等三角点「長津田村」(高尾山)と同様のものと思われます。設置されたのは明治16年で、その当時の見晴らしは後述する明治天皇が行幸された兎狩の関係もあって非常に良かったものと思われますが、現在は横浜市方面以外の見晴らしは良くありません。

2013020203

境内には「明治天皇御野立所」の碑がありました。裏面には「此ノ地ハ明治十五年二月十六日及同十七年三月三十日御兎狩ニ行幸ノ時御野立アラセラレタル處ニシテ天王森御野立所ト稱シ奉ル 昭和十六年四月三日奉建」と刻んであります。

一等三角網の測量が開始されたころ、同じ場所で明治天皇が行幸されて兎狩をされていたということに何とも言えない感慨を覚えます。明治天皇は一等三角点の設置について御説明を受けられたのでしょうか。はたまた、兎が地元の人々に追われて上がってきたであろうかもしれないこのピークからは、その当時どんな景色が広がっていたのでしょうか。

2013020204

※ この記事中の三角点の点名及び標高は国土地理院の基準点成果等閲覧サービスから引用したものです。

« 積雪の中津川林道 | トップページ | 湘南平 »

コメント

行かれましたね!
洞察がぬかりなくて、いつも感心させられます。
来週あたり、(のんびり)基線探訪したいと思っています。

相模野基線は土木学会選奨土木遺産とはいえ、大きな構造物に比べると地味です。でも、昔の景色が見えそうで楽しい探訪かもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 積雪の中津川林道 | トップページ | 湘南平 »