« 奥武蔵林道その1 | トップページ | 久地円筒分水 »

2012年1月14日 (土)

奥武蔵林道その2

今回の奥武蔵林道に関する記事は、都幾川村「都幾川村史 通史編」(2001(平成13)年)の「奥武蔵グリーンライン」に関する記述についてである。

「戦後、荒廃した森林を復興し、治山治水のため緑化運動が活発に行われた。反面林業労働力の確保、森林資源の有効な利用のため林道の整備は緊要な問題となった。大野峠や白石峠などを結ぶ奥武蔵高原への本格的な道路建設は、明治期からの念願であった。関係市町村により昭和42年(1967)に奥武蔵林道開設期成同盟会が結成され、奥武蔵林道の早期開設促進が求められた。この林道は広域的な幹線林道であり、(中略)43年5月奥武蔵グリーンラインとして完成し、5月10日刈場坂(かりばさか)峠で栗原埼玉県知事を始め多数の来賓を迎えて盛大な完成式が催された。グリーンラインは定峰峠、白石峠、高篠峠、大野峠、刈場坂峠、飯盛峠を落葉樹やクマザサのなか奥武蔵の稜線を結ぶもので、極めて眺望も良く、浅間、谷川、日光、筑波の山々が遠くに浮び、関東平野を一望に見下ろすことができるものであった。この林道は白石峠で県道大野-東松山線と接続し、第二開拓から刈場坂峠の林道で結ばれている。特に第二開拓からの道路はこのグリーンラインと共に新しく開設された道路である。その後44年には橋倉橋とグリーンラインを高篠峠で結ぶ林道大野峠線が、45年(※)には刈場坂峠から檥(ぶな)峠、高山を経て顔振峠から飯能市を結ぶ工事が着工された。」

「第二開拓から刈場坂峠の林道」とは奥武蔵支線のことである。

2011042406

次に「極めて眺望も良く」と記されていることについては、かつて奥武蔵高原は秣場であり、また引用した本文と一緒に掲載されている飯盛峠からの眺望の写真を見ると、その眺望の良さは、現在の状況からは想像だにできないものである。

なお、現在の大野峠線のうち高篠峠から301mの区間については、埼玉県により昭和41年度に、現在の奥武蔵1号線のうち白石峠から高篠峠の区間と同時に開設され、1982(昭和57)年に都幾川村管理の大野峠線へ編入されたものである。(都幾川村「都幾川村史資料 5-4 近・現代編」(1996(平成8)年))

※ 埼玉県「埼玉県行政史 第4巻」(1988(昭和63)年)では、この区間について昭和44年度から昭和46年度に開設されたと記されている。昭和45年1月から3月の間に着工されたと考えれば矛盾はない。

« 奥武蔵林道その1 | トップページ | 久地円筒分水 »

コメント

30年前に初めて芦ヶ久保から登って顔振峠までGLを走った時の印象も、今とは違いそこそこ見晴らしが良く、気持ち良いものでした。
奥多摩周遊道路もそうですが、全般的に山に木が茂ったと感じます。

数十年経っても過去の景色って部分的に、断片的に思い出しますね。見慣れた景色の変化には気づきにくいですけれど、古い写真などを見ると、ことさら変化を強く感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥武蔵林道その1 | トップページ | 久地円筒分水 »