« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

第Ⅷ系原点

今日は、平面直角座標系第Ⅷ系原点に行ってきた。

関越から上信越道に入る。佐久平PAからの朝の霧が徐々に消えてゆく景色である。

2011112701

国道141号(佐久甲州街道)を走り目的地である「平面直角座標系第Ⅷ系原点」に到着。大きな松の手前に石碑、その左(西)側のやぐらの下に原点がある。丸い看板には「日本のおへそ」と書いてある。

2011112702

石碑には次のように記されていた。

平面直角座標系第Ⅷ系原点
経度 東経138度30分0秒0000 緯度 北緯36度0分0秒0000
楕円体である地球上の位置は、経度緯度と平均海面からの高さで表示すると測量法に定められていますが、球面上で長さや面積を計算するには少々複雑な計算が必要です。
そこで場合によっては義務教育でも習う、数学のX座標、Y座標、Z座標を用いメートル単位の数値を使って、平らな紙の上で簡単に距離、方向、高低差、面積などが計算できるようにしていますが、これを「平面直角座標法」と言います。
測量法では日本を十九の区域に分けてこの平面直角座標系を定めていますが、この地が、長野県、新潟県、山梨県、静岡県が属する第Ⅷ(八)系の公共測量の原点です。(原文縦書)

やぐら下の様子である。

2011112703

原点の周囲に設置してある保護石である。防衝石と刻んであり、それぞれ長野県千曲川源流の石(西)、新潟県魚野川中流の石(北)、山梨県笛吹川中流の石(東)、静岡県河津海岸の石(南)と刻まれていた。

2011112704

原点である。東日本大震災による地殻変動のため(※コメント参照)、原点が東側に移動してしまい、本来の位置は透明のプレートで表示されていた。

2011112705

そのことの説明板があった。

2011112706

原点を後にして、一度行ってみたかった小海線の佐久広瀬駅に向かう。手前の田んぼには氷が張っている。何ともコンパクトでのどかな駅舎とホームである。

2011112707

ホームと駅名表示。

2011112708

駅を後にして西に向かい南牧村の畑地から八ヶ岳を眺める。

2011112709

せっかくなので少々標高のある地点まで登って富士山を望む。このあたりにはすでに雪があった。

2011112710

帰路につく。711小海豊里店に寄るとレジ脇で「平成24年版長野県民手帳」@500円を販売していた。早速購入。埼玉県民手帳と並べてみる。

2011112711

中身を比較すると大きな差はないともいえるが資料編は読んでいて面白い。埼玉県民手帳と比べると「ここまで書くか?」という印象である。

表紙を開くと県歌「信濃の国」が見開きで掲載されている。また、県花が「りんどう」とは知らなかった。「統計で見る長野県の姿」が面白く全国順位1位として掲載されているものは、就業率、高齢者就業率、総農家数、レタス収穫量、セロリ(セルリー)収穫量、カーネーション出荷量、トルコギキョウ出荷量、アルストロメリア出荷量、水わさび収穫量、林業産出額、寒天の出荷額、味噌の出荷額、小型モーター(3W未満)出荷額、顕微鏡・拡大鏡の製造品出荷額、縫針、ミシン針の製造品出荷額、ギターの製造品出荷額、平均寿命(男)、10万人当たり公民館数、10万人当たり博物館数である。

ちなみに平成24年埼玉県民手帳に全国順位1位として掲載されているものは、快晴日数(熊谷)、防犯ボランティア団体数、こまつな収穫量、ゆり(切り花・出荷量)、アイスクリーム製造品出荷額、中華めん製造品出荷額、節句人形、ひな人形製造品出荷額であった。

さて、今度はどんな所に行ってみようか。計画を立てるのが楽しみである。

2011年11月 5日 (土)

茅ノ坂峠

今月は一日中自転車にかかわれる日は少なそうである。ということで、明け方に起床と言いたいところなのだが爆睡してそれなりの時間になってしまった。

紅葉が見頃と前日の天気予報で紹介されていた中津川林道や御荷鉾スーパー林道の選択肢もなくはなかったのだが、以前から行ってみたかった茅ノ坂峠(かやのざかとうげ)を訪ねてきた。自転車はMTBである。

愛車に愛車を積み込んで出発。寄居町の711で食料を仕入れる。140を走り長瀞から小鹿野を目指す。道中の田んぼ。何らかの理由で稲が取り込めていない雰囲気である。

2011110501

車をデポして出発である。まずは万松山光源院(ばんしょうざんこうげんいん)である。以前にも寄ったことがあるお寺である。

2011110502

落葉松トンネルを抜けて合角(かっかく)ダム(西秩父桃湖)に到着。合角漣(さざなみ)大橋を渡る。小さな祠に合角神社と記してあった。ダムの建設にともなってこの地に移られたのであろうか。道沿いには移転して一か所に集められたと思われる石造物群もあり、また「偲ぶふるさと」という石碑もあった。読んでいて、ふるさへの想いが伝わってきた。

2011110503

馬上(もうえ)バス停脇の建物。かなり古そうな建物である。

2011110504

続いて毘沙門水に到着。放射性物質の検査結果報告が貼ってあり、一口飲んでみたが美味しかった。

2011110505

新旧の要トンネルである。新要トンネルは今年(2011年)の1月竣工のようで、それまでは右側に見えるトンネルが現役だったのだろう。後ろに見える建物は旧倉尾中学校体育館である。

2011110506

いよいよ林道(正式には埼玉県営なので森林管理道)茅ノ坂峠線(延長11,696m)の起点に到着である。倉尾神社脇の赤い屋根の建物にはブリキの雨樋がついていた。ちょっとビックリ。

2011110507

しばらく進むと畑が見えてきた。イノシシ避けであろうか、トタン板や養蚕に使う竹製の棚が並べてある。眺めていて林道が出来る前の景色を想像してしまった。電柱があるので、まだこの先に民家があるようである。

2011110508

かなり荒れた宮の入沢(現地の標柱の表示による)沿い道を上って、九十九折になる。落ち葉が路面を覆い秋の風情である。

2011110509

紅葉である。

2011110510

走っていると色々な植物が目にとまる。リンドウ、松、マムシグサ、ヤクシソウである。

2011110511

ピークを過ぎて少々下ると森林管理道茅ノ坂峠線の案内板があった。

2011110512

茅ノ坂峠(国土地理院の「地形図」に示された茅ノ坂峠と同じ鞍部を林道が横切る地点)に到着。林道上の最高地点よりはかなり下った位置にある。切通しの高さはかなり高い。

2011110513

下の写真は茅ノ坂峠への道と思しき山道。宮ノ入沢(「地形図」上の表示)から登ってくる山道である。鞍部の切通しがかなり深いことから「地形図」上の峠は上の写真の左側の崖の上を、少し東側に行ったところであろうか。

2011110514_2

再び林道に戻る。切通しである。

2011110515

お腹がすいたので遅い昼食にする。今日のメニューは711で仕入れた「おでん」である。コンビニのレジ脇にある「おでん」を眺めたことは何度もあるのだが、ついぞ買ったことはない。ところが、袋詰めで温めるだけのものを@198円で売っていたので購入。1人前としては量が多いようにも感じたが、出汁も含めて美味しく完食。

2011110516

林道茅ノ坂峠線の終点である。

2011110517

299を下る。コンニャク芋の収穫をしている畑があった。お話を伺うと2年目のもので、これから出荷するのだそうである。

2011110518

走っていると、若い人達が巡礼と分かる杖をついて歩いていたので、何となく三十一番札所観音院へ。国道から2.7kmの緩やかな上りである。さすがに、急な階段を登る気になれず仁王門前で遥拝。

下る途中、笠などの巡礼スタイルでMTBに乗った方々とすれ違う。皆さん気持ちよく挨拶されて通り過ぎていく。

2011110519

最後に以前から看板だけ見て気になっていた場所を訪問。今年のブドウで作ったワインの大部分は2年後以降に味わえるとのことであった。

2011110520

両神温泉薬師の湯@600円、タオル@200円に入る。時間帯によるのかもしれないが登山やトレランの方も多いように感じた。お風呂から上がって車に乗ったときはライトを点灯する暗さ。日が短くなったものである。

帰路は、皆野寄居バイパス(有料)を走り、昼間は見えないパチンコ店のサーチライトなどを見ながら寄居経由で帰路につく。最後に本屋さんによって自転車人(2011年秋号)を購入。

これにて久々の林道MTBツーリングは終了である。

※ カメラのレンズに小さな汚れがあってすべての写真中央上部にボケた点ができてしまた・・・orz

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »