« 双体道祖神 | トップページ | 縄竹橋 »

2011年9月11日 (日)

狭山湖

※ この記事は2011(平成23)年9月16日に、「村山砦」の記事を併せ加筆修正したものです。

今日は日中に仕事があって、夕方近くになって車で狭山湖(山口貯水池)に行ってきた。近くの有料駐車場に車を停めて歩き出す。

まずは東京都水道局「村山山口貯水池管理事務所」である。正門近くも立入禁止なので遊歩道から生垣越しに撮影。

2011091101

堰堤まで行くと湖面には雲が映っている。風がなければ鏡のように水面が静まるのかもしれない。歩いていると立入禁止区域への立入者を注意する放送が聞こえてきた。

2011091102

ところで、狭山湖の水の大部分は多摩川から導水されている。下の写真は案内板の一部を写したもの。(写真をクリックすると拡大)

2011091103_2

下の写真は狭山湖の大きく二つに分かれた北側の沢(北入)をズームで撮影したもの。逆光で霞んでいるが、湖面上部の中央には多摩川からの導水路の流入口が見える。上の写真の一般平面図によれば小作堰(最大取水量5立米/秒)で多摩川から取水された水は、小作・山口線(φ3,800mm・延長8,455m)を通り狭山湖に到達している。下の写真の丘陵上部の中央には送電線の鉄塔が見えるが、おそらく「さいたま緑の森博物館」内の豊昭(ほうしょう)線の19号鉄塔であろうか。

この沢を遡ると縄竹橋で金堀沢と大沢に分岐するようであるが、何分立入禁止区域のようなので詳細は分からないが、さいたま緑の森博物館から狭山湖右岸側の「御判立(ごはんだて)」までなら歩くことができるとしているHPもある。

当ブログの縄竹橋探訪記事:縄竹橋⇒
http://yomotan.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-2188.html

2011091104

一方、大きく二つに分かれた南側の沢(南入)には、多摩川の羽村堰(最大取水量17.2立米/秒)で取水された水が、羽村線(φ2,900mm・延長8,329m)及び山口引入水路(φ2,900mm・延長523m)で流入しているようであるが、当方は先日まで羽村線は多摩湖にのみ導水しているものと思い込んでいた。

当ブログの従前記事:狭山湖・多摩湖 ⇒
http://yomotan.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-f3dc.html

東京都水道局が作成した日本水道協会の 参考資料 を読んでみると、山口引入水路は1932(昭和7)年5月に完成し、以後50年を越える年月を経て大規模改修工事に着手され、1987(昭和62)年4月にφ2,900mmのU型ダクタイル鋳鉄管(公称管厚30mm)を既存隧道の中に布設して隙間をモルタルで埋めるというパイプ・イン・トンネル工法の工事が完成したようである。その資料によれば延長は460.0mとなっており、案内板と距離が異なるが暗渠部分だけの延長なのだろうと思う。ちなみに羽村線の完成は1923(大正12)年7月である。

さて、狭山湖周辺の丘陵地は35年くらい前には何度も訪れたことがあるのだが、調べてみると現在は「さいたま緑の森博物館」と「都立野山北・六道山公園」が地続きになっていること、その昔、忘年会などでお世話になった「村山砦」の跡地が野山北・六道山公園の管理所のあたりであることなどが分かった。

この記事にいただいたコメントをきっかけにガソゴソと地図の山を調べてみた。

1969(昭和44)年測量の地図を発見。現在の武蔵村山市。当時は東京都北多摩郡村山町である。村山町が市制施行により武蔵村山市となるのは1970(昭和45)年11月3日のことなので理屈にあっている。

地図の東中央には「村山砦」(跡地は都立野山北・六道山公園インフォメーションセンター(管理所)・実際の表記は誤植で「村上砦」)があり、また西中央には「安宅総合グラウンド」(現在は武蔵村山市総合運動場第一運動場)がある。加えて西端には豊昭線の送電線や鉄塔が見える。

2011091401

もう一つ、地図上で面白かったのは、東京都水道局猟場である。狭山湖(山口貯水池)の南側の大きな沢(南入)の奥に、建物や池があって「東京都水道局猟場」と表示されている。

2011091402

この場所については、国土地理院の地図・空中写真閲覧サービスで1974年撮影の空中写真を見ると様子が良く分かる。多摩湖(上)への導水路(羽村線)から分岐し狭山湖に向う「山口引入水路」の普段は見られない狭山湖水面下の様子も分かる。
参考URL:http://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=1011971&isDetail=true

この空中写真と同時に撮影されたと思われる数葉の写真を見ると、狭山湖の北側の大きな沢(北入)で導水路の工事をしている様子が写っているし、湖底に沈んだ田畑や畦道がうっすらと見える・・・。

車に戻って、狭山湖の北岸を通って、さいたま緑の森博物館方面に向うが午後4時から自動車通行止めとのことで通行をあきらめ狭山丘陵北側に下りる。

2011091105

早稲田大学所沢キャンパスの脇を下り県道に出て、さいたま緑の森博物館に行ってみた。

さいたま緑の森博物館は、どんな施設なのか分からなかったのだが、行ってみて埼玉県営の施設で、丘陵地の自然そのものを展示内容とする博物館であって、指定管理者が管理していることがわかった。

2011091106

ヤブカ、スズメバチ、マムシの類は遠慮したいので、もう少し涼しく(寒く?)なったら、立入が許される範囲で、狭山湖の周辺を探訪してみようと思うのだが・・・。

※ 2011(平成23)年9月19日追記
狭山湖(山口貯水池)の工事に関しては、「土木学会附属土木図書館>デジタルアーカイブス>戦前図書・雑誌コレクション>土木建築工事画報>第8巻(1932(昭和7)年)10月号>山口貯水池工事に就て(東京市水道局拡張課長 小野基樹著)」に詳しい。 http://library.jsce.or.jp/Image_DB/mag/gaho/kenchikukouji/08-10/08-10-1700.pdf

« 双体道祖神 | トップページ | 縄竹橋 »

コメント

初めまして、いつも興味深い記事で勉強させていただいております。
狭山湖にはよく行きますが、この平面図今まで見過ごしておりました。
多摩湖にあるやつはイラストになっていますが、羽村線は村山貯水池へ流入しているように描かれています。
完成は村山貯水池が先なので、当初は村山貯水池へ行っていたものが山口貯水池完成と共に変わったのかな?
等々興味深い調査対象が出来て喜んでいます。

>igaさん
初めまして。コメントありがとうございます。

当方の新たに調べた内容を含め記事を書き換えましたので御了承ください。今後ともよろしくお願いします。(2011/09/16 19:18記)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 双体道祖神 | トップページ | 縄竹橋 »