« 爽快ポタ | トップページ | 狭山湖 »

2011年7月24日 (日)

双体道祖神

今日は、仕事の予定もない日なのでロードバイクで走りに出かけた。一時の猛暑に比べれば涼しいが、さすがに昨日よりは暑い。

まずはヤマユリが群生している場所を通過。草の丈がヤマユリといい勝負である。続いて都幾川の玉川橋下流の堰に立ち寄る。勢いよく水が流れている。大きなカワウがいたので堰の下には魚がいるんだろうなぁ・・・と思う。

堰を後にして、バーベキューでにぎわう嵐山の槻川橋を渡って北上し、杉山城址や越畑城址を右手に見ながら進む。どちらの城址も夏草が生い茂っているのだろうか。しばらく進むと田んぼの中の用水池に黄色い蓮が咲いていた。珍しい色だと思う。

2011072401

耕地整理がされた田んぼの中に「⇒旧鎌倉街道跡」の標柱があったが通過。旧道を訪ねるのは、場所にもよるが冬場が良いような気がする。

2011072402

里山の谷(やつ)を走る。休耕田の草刈りをしていた農家のオヤジさんと話をする。大規模な道路工事の計画があるとか・・・、渦巻状に草を刈っていくと最後に刈り残した部分にヘビや虫が集まるとか・・・。

閑話休題。寄居町大字牟礼(むれい)の双体道祖神に到着。到着といってもココを目的地として来たわけではなく、たまたま目に入ったのである。地名については「むれ」と読むのだと思っていた。今までの記憶では、というか行ったことがある、三鷹市の牟礼は「むれ」、長野県の旧牟礼村も「むれ」だったので、寄居町の地名も「むれ」だと思い込んでいたのであったが、今日調べてみて驚いた次第。

寄居町教育委員会の設置した案内板によれば、「この道祖神は、高さ54センチ、幅28センチの男女2体の石像であり、明和2酉年(1765)9月吉日と彫られている。彫られているのは、男女が肩を組み、手をつないでいる、ほほえましいもので、埼玉県内では珍しいものである。(中略) この道祖神は、病気回復、子孫繁栄、良縁縁結、旅行安全などの信仰の対象となっていたと考えられ、長く地元の人達に大切に守られてきた石仏である。(原文縦書)」とのことである。

2011072403

先に進む。お腹がすいてきたので、久々に五郎作に寄る。前回はフライだけで物足りなかったので、焼きそばとフライ(各300円)の両方を食べることにした。今回は満腹である。

2011072404

ところが、お店を出たところで事件発生。Forerunner310XTが突如、何かのエラーメッセージを出して(実は老眼で読めなかったのだが)、液晶表示が消えてしまった。電池切れか? 通常ならスイッチをいじったりするのだが、データが消えてしまいそうな気がしたので、今回は分からないのでそのままにして諦める。

あたりをウロウロしながら、陣見山に行こうか、釜伏山に行こうか・・・などとは思ってもおらず、実は東秩父経由で帰ろうと思っていたのだが、ちょびっと戦意喪失気味なので小川町方面に進むことにする。

小川町に近づくと迂回指示の標識が目立つようになり、七夕であったことに気付く。街中(まちなか)に近づくと車両進入禁止となっており、警察官に聞くと、自転車から降りて押して歩くように指示される。素直に従うというか、中心部では自転車を押しているだけでも迷惑をかけそうな感じのする人出であった。

実は、小川町の七夕を見たのは生まれて初めてである。というか、いわゆる「お祭り」としての「七夕祭り」はテゴマスの歌が記憶にあるだけで、見た記憶がないのである。のんびりした風情で歩いていれば楽しいのかもしれないが、SPD-SLにレーパン姿では、少々浮いている自分を感じてしまい、早々に通過させていただいた。

2011072405

下里方面に向かう。「国指定重要文化財 六角石塔婆」の文字が目に入ったので、初めて大聖寺に行ってみる。少々激坂であったが到着。六角石塔婆は写真の建物(法華院)の中にあるようなのだが、あたりにお寺の方もおられなかったので別の機会に譲ることとして諦めて下山。

2011072406

下里内を走る。新たに石の燈籠を2箇所で発見。一つは確実に大山燈籠である。旧下里分校は分校が正式に廃校になってしまい管理方法が変わったらしく、大きな看板が設置されていた。アイガモ君はバチャバチャと音はすれども姿は見えずであった。

2011072407

結構、暑くなってきたがゆっくり走って帰宅。そして再びForerunner310XTがらみの事件発生である。マウントからはずすときに、リストバンドの末端が切れてしまったのである。

どうしたものか。

2011072408

なお、Forerunner310XTのデータは、走り始めから五郎作を出たところまでの分は、ちゃんと残っていた。電池は半分以上残っていたし、何だったんだろう。

« 爽快ポタ | トップページ | 狭山湖 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 爽快ポタ | トップページ | 狭山湖 »