« 奥武蔵支線 | トップページ | 西秩父線 »

2011年4月29日 (金)

国土地理院

2011042901

GWの初日、今日はお昼前から茨城県つくば市にある国土交通省国土地理院に車で出かけた。関越道は上下線とも大渋滞。一般道を走って渋滞を避ける。PAでは同業他社の方にバッタリ。いつも思うが世の中は狭い。

国土地理院の本館棟である。

2011042902

隣接している地図と測量の科学館の特別展示室で開催されている企画展「今西錦司 三角点を巡る」を見る。

2011042903

常設展示室も見学する。一等三角点の展示である。一等三角点の地面の下の様子が良く分かる展示である。

2011042904

その他にも、アメリカ大陸のない15世紀の地球儀、大日本沿海輿地全図「関東」(中図)(伊能図)、明治10年代に陸軍参謀本部第一軍管が作製した迅速測図原図、立体図化機、航空カメラ等々、そして一番驚いたのが、1935年頃に陸地測量部が作製した「外邦地図印度(二十五万分一圖)」 。もっと時間をかけて見たい内容ばかりであった。

屋外に出てみるとまたまたいろいろな施設や展示がある。まずは高さ45mの測地観測塔である。手前の車は当方とは全く無関係。

2011042905

この塔の下には、下の写真の「筑波基準点」(一等三角点「筑波原点」標高25.6m)が設置されており、案内板によれば、この基準点は実質的に日本の測量の原点であるとのことである。

2011042906

その他、測量用飛行機「くにかぜ」。1960(昭和35)年~83(昭和58)年まで運用され、飛行距離は223,550kmとのこと。現在は、後継機の「くにかぜⅢ」が業務を引き継いでいるとのことであった。

2011042907

標石類も展示されている。写真は1876(明治9)年に外国人遊歩規程測量の際に設置された地下埋石である内務省地理寮の第壹号測点である。

なお、内務省が設置した測量標に関する説明板では、「地理局が全国測量時に設置した標石は、関東・北陸等で発見されています。特に、東京都雲取山、新潟県米山に「内務省地理局 原三角測点」と刻まれて現存する標石はこれらの代表といえます。」と記されていたが、群馬県白髪岩にも・・・とか思った。

2011042908

国土地理院を後にして筑波大学の周辺に向う。つくば公園通りに面した松見公園である。東日本大震災の影響で、こちらも高さ45mの展望塔に上ることはできなかったが、展望塔の下の池には大きな鯉がたくさんいて、売店で売っていた50円の餌を撒くと、ものすごい勢いで集まってきたのが印象的だった。

2011042909

知人の家でお茶をいただき帰路につく。結局帰路の常磐道も12kmの渋滞で、往復とも渋滞に見舞われたが、GWの初日としては大したこともなく、非常に楽しい国土地理院探訪であった。

※ この記事中の三角点の点名は国土地理院の基準点成果等閲覧サービスから、標高は地理院地図から引用したものである。

« 奥武蔵支線 | トップページ | 西秩父線 »

コメント

私も一昨年見学する機会があったのですが、都合がつかず参加できなくて残念な思いをしました。
「筑波基準点」の上には45mもの測地観測塔が建っているとは知りませんでした。
電子基準点みたいになっているのかと思いました。

コメントありがとうございます。
基準点成果等閲覧サービスを見ると、筑波基準点は「筑波原点」となってますね。少し離れた所から撮った写真はこちらです。
http://yomotan.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2011/05/01/2011042906_2.jpg
近くには案内板とともに「つくば3」の電子基準点もありました。また、帰宅後調べてみると少し離れたところに経緯度原点などもあったので寄ってくれば良かったと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥武蔵支線 | トップページ | 西秩父線 »