« 晃石山の三角点 | トップページ | 奥武蔵支線 »

2011年4月10日 (日)

大宝線

今日は、桜を見ながら埼玉県秩父郡東秩父村の村営森林管理道大宝(たいほう)線を走ってきた。自転車はロードバイクである。

まずは、石今橋南側の北浅羽桜堤へ向う。寒桜であることを忘れていた・・・orz 堤防上には敷き鉄板の跡がついている。3月末まで工事をしていた感じかな。

2011041101

続いて比企郡鳩山町熊井の願成地蔵尊。

2011041102

続いて同じく鳩山町熊井の東山沼の桜。この季節の写真撮影の名所であり、本格的なカメラを持った方が大勢おられた。

2011041103

続いて比企郡嵐山町の都幾川桜堤。満開には少々早い。中央の建物は国立女性教育会館。

2011041104

続いて比企郡小川町の町立小川小学校下里分校。こちらも、この季節は写真撮影の名所となっており、大勢のカメラマンがおられた。なお、下里分校は、2003(平成15)年4月から休校となっていたが、2011(平成23)年3月31日をもって廃校となっている。よって、正確には「旧下里分校」と呼ぶべきか。

2011041105

続いて同じく小川町の東昌寺。昨年、お寺の名前を間違えて記憶して出かけ、たどり着けなかったお寺である。枝垂桜が少し散り始めていた。

2011041106

続いて秩父郡東秩父村大内沢の花桃の郷である。花桃は満開なのだが、人が非常に少ないので拍子抜け。甘酒無料サービスの声に引き寄せられて甘酒を飲むが、結局饅頭@100円を2個購入。甘酒も饅頭も美味しかった。

2011041107_2

花桃の郷をできるだけ北西方向に上って行くと、森林管理道沢向線起点に到着する。ここを道なりに下った後、高い方へ高い方へと向うと、やがて大宝線に出る。

2011041108

大宝線を途中から上る。終点は最高点である。沢向線起点以降の上りは2.2キロ、獲得標高は223mであった。平均勾配10%というところ。

2011041109

その後は大宝線に続く道を更に進んで(下って)、やがて森林管理道上ノ貝戸線に合流し、上ノ貝戸線を上り切ると県道361号線(茱萸(ぐみ)ノ木峠)である。釜伏峠方面に向かい塞神峠へ。まだ桜はまったく咲いていなかった。

2011041110

大里郡寄居町側の風布に下り、うどんで昼食。ここで仕事がらみの電話対応で30分以上を費やしてから折原の菜の花畑を見に行く。

2011041111

今日の道中で見た花々の写真である。

2011041112

折原から男衾に進み帰路につく。それにしても予想に反して午前中は曇りがちで気温も上がらず、写真も撮りづらかったが、午後からは日差しもあって暖かな日であった。

本日の獲得標高1,484m。

« 晃石山の三角点 | トップページ | 奥武蔵支線 »

コメント

桜巡りをされていたんですね。
本来なら私も塞神峠辺りを経由して向こう側に降りようかと思っていたのですが、
都幾川桜堤までしか行けませんでした(^^;

桜も良いですが、菜の花の黄色があると春感が高まりますね。

今年の桜めぐりは昨年行けなかった東昌寺だけにしようかと思っていたのですが、いざ咲き始めるとグルグル走ってしまいました(^^;
釜伏峠から塞神峠に向う尾根上の道から西側を見ると宝登山が良く見えたり、谷筋にはピンク色の桜が蛇行した流れのように見えました。下りていけば、きっときれいだったと思います。
春の写真は明るい光と彩りでしょうか。表現するのはなかなか難しいですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晃石山の三角点 | トップページ | 奥武蔵支線 »