« 旅立ちの日に | トップページ | 大宝線 »

2011年4月 2日 (土)

晃石山の三角点

今日は、暖かい春の陽の中を、栃木県栃木市にある晃石山(てるいしさん)の三角点を見に行ってきた。現地での移動は歩きである。

晃石山は太平山(おおひらさん)の西方にあり、一等三角点があり、かつては原三角測点も置かれていたようであるが、何で晃石山に行ったのかといえば、標石が極めて珍しいものだからである。

まずは岩船山に向う。岩船山は今回の東北地方太平洋沖地震でV字型に大崩落を起こしていたのだが、帰路に着くときに周辺の農家の方に聞いて初めて知った次第。

写真を撮った岩船山の西側で農家の方にお話を聞いたのであるが、その内容を写真にするとこんな感じである。山の東側にある岩船山高勝寺(天台宗)への道は地震による支障はない。

2011040201

岩船山にある三等三角点「岩舟山」標高172.70mの写真である。三角点を示す陶器標があるが、写真左上の穴の中に三角点の金属標があるのだろうと思う。いずれにしても、岩船山の崩落を状況を見ると近づかないのが無難であろうか。

2011040202

目的地である晃石山を南側から望む。

2011040203

三等三角点「如来堂」標高154.12mである。標石の巾は15センチで規定どおり。

2011040204

四等三角点「平山」標高278.02mである。標石の巾は12センチで規定どおり。この辺りで、今年初めてのヤマカガシを見かけた。

2011040205

晃石山東側のピーク附近にあるパラグライダーの離陸地点から見た景色である。耕地整理された畑に見えるのは「平町ぶどう団地」のビニールハウス群である。

2011040206

晃石山の一等三角点「晃石山」標高419.07mである。標石の巾は21センチで規定より3センチ長い。珍しい。かなりの大きさを感じる標石である。当方がWeb検索したところでは、他にも福島県内に2か所が確認されているようである。上部には、本日訪れた他の三角点でもそうであったが、丸く黄色いICタグが埋め込まれている。国土地理院のHPを読んでみると、建前上、三角点にICタグが埋め込まれたというよりは、新たに「インテリジェント基準点」を設置したということらしい。

2011040207

下の写真は今日の道中で見かけた動植物の写真である。左上はシュンラン、右上はカタクリ。カタクリは日当たりの良い南斜面にあり人為的に移植されたものらしく自然本来の姿ではないようである。左下は椿、右下はメジロである。

2011040208_2

曹洞宗の由緒あるお寺である大中寺(だいちゅうじ)である。

2011040209

下の写真の左上は太平山の謙信平にあった山本有三の文学碑で「路傍の石」の下の一節が刻まれている。

たったひとりしかない自分を たった一度しかない一生を ほんとうに生かさなかったら
人間うまれてきたかいがないじゃないか

右上は太平神社。左下は神社近くの山田家の玉子焼@350円。焼きたての温かさと大根おろしが絶妙で食べて良かったと思える名物である。右下は同じく山田家のきのこそば@650円である。こちらも美味しかった。

2011040210

この辺りを訪れたのは約35年振りであろうか。前回は初夏の暑い日で、ハンガーノックに陥って、山の中腹で難渋していた記憶がある。その当時も、そして今日も印象深い大中寺であったが、それにしても、明日は筋肉痛になりそうである。その昔の東山道も歩いてみたが竹林以外の部分では気持ちの良い道であった。所要時間は5時間1分14秒。最大心拍数156拍であった。

※ この記事中の三角点の点名及び標高は国土地理院の基準点成果等閲覧サービスから引用したものである。

« 旅立ちの日に | トップページ | 大宝線 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅立ちの日に | トップページ | 大宝線 »