« RAPHA RIDES FOR TOHOKU | トップページ | 晃石山の三角点 »

2011年3月26日 (土)

旅立ちの日に

卒業式で歌われる歌といえば、当方の世代では「仰げば尊し」、今は「旅立ちの日に」であるらしい。

「旅立ちの日に」は、埼玉県秩父市立影森中学校で作られた歌なのだと、今年1月に作詞者である同校の元校長先生が亡くなられたことを伝える新聞記事で知った。

ということで、今日は秩父市に行ってみた。自転車はロードバイクである。

玄関を出るとあまりの風の強さに、薄手のウインドブレーカーでは無理と思い、ゴルフ用の薄いダウンジャケットを着る。正解だった。

飯能市郷土館下から名栗方面に向って走る。名栗に入ると非常に風が強い。久々にハンドルを取られる。帰宅後地図を見て気付いたのだが、この辺りでは山伏峠に向う道(谷)は、東西ではなく南北に走っている。途中、名郷往復中の3UPの方と話をする。やはり強風に難渋しているようであった。

鳥居観音が良く見える。

2011032601

名郷でトイレ休憩後山伏峠を目指してゆったりと上る。所要時間28分52秒。山伏峠には峠名の表示板が新設されていた。

2011032602

秩父側に下る。除雪された雪が路肩に残っている。強い風の中、国道299号線を下る。この辺りの国道299号線は好きではない。大型車が非常に多いことと、下の写真のような部分があることによる。

道路中央にポールが設置されているために、大型車は自転車との間隔が取れないし、自転車は左がガードレールなので避けようがない。加えて、轍ができて路側帯附近のアスコンが盛り上がったりしていると最悪である。極めつけは、今日のように風が強いとハンドルさばきも不安定で怖いのなんので・・・好きではないのである。

2011032603

地震被害で閉鎖されている秩父市役所庁舎を横に見て国道140号線を走り、影森中学校に到着。職員の方の許可をいただいて、校地内に入り、「旅立ちの日に」の詞碑の写真を撮らせていただく。

2011032604

西には雪の残る秩父の山々が、北には長尾根丘陵が、東には内秩父と外秩父を分ける山々が見える。巴川橋を渡り振り返るとこんな景色が見える。武甲山の下に見える黄緑の色の屋根が影森中学校、左端の橋が巴川橋である。

2011032605

秩父ミューズパーク内を南口から北口に向けて走る。お腹がすいたのでカツカレー@900円を食べる。

2011032606

北に進み、秩父市が建造した「旅立ちの丘」に到着。この歩道橋のような建造物の南(右)端に「旅立ちの日に」の歌詞が書かれており、人が近づくと?曲が流れる。

2011032607

こんな感じで遠くの山々も見える。

2011032608

続いて、札所23番の音楽寺に向う。なぜ、他所のお寺の燈籠があるのだろう?と思ったのだが、帰宅後Web検索して理解できた。

2011032609

荒川左岸の県道72号(秩父荒川)線を走る。

2011032610

その後、県道44号(秩父児玉)線を走り、和銅大橋入口交差点を右折。

荒川に架かる和銅大橋から横瀬川の合流地点を見る。秩父鉄道の貨車が石灰石を運んでいる。河床には岩が見え、上空にはトビ?が飛んでいる。

2011032611

国道140号線を渡り、和同開珎で有名な埼玉県指定旧跡の一部である「和銅採掘露天掘跡」に行ってみる。国道からしばらくの間の上りがきつい。12%ぐらいはあるだろうか。ロードバイクでは近くにいけないので歩く。数百メートルなのでSPD-SLでもどうにかなる距離ではある。

下の写真の中央部分が「露天掘跡」である。

2011032612

以降、三沢入口から長瀞対岸を目指し、金尾峠を越えて、男衾に出て帰路に着いた。帰りは、風が背中を押してくれて高速巡航であったが、さすがに冷たい風の中で長い距離を走ると疲れる。

それにしても、昨日川越市内で給油待ちのスタンド渋滞をしていたのに、今日は、給油待ちのあるスタンドを1か所も見なかった。日々の変化が激しい。

« RAPHA RIDES FOR TOHOKU | トップページ | 晃石山の三角点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RAPHA RIDES FOR TOHOKU | トップページ | 晃石山の三角点 »