« 東京スカイツリー | トップページ | 川幅うどん »

2011年1月 8日 (土)

城址ポタ

明日は終日仕事である。今日と明後日を比べると、今日の方が暖かいと天気予報が言っていたので、MTBに乗って城址ポタに出発。

足が腫れていたときは、自分の足にネコの肉球がついているような感じだったが、今は各種の痛みは治まっている。

比企丘陵を目指す。今日の道中、今年も紅梅がきれいに咲いていた。

2011010801

長屋門である。個人宅であるので詳細は記さないが、江戸後期の建築である国の登録有形文化財である。御当主といろいろなお話ができて写真を撮らせていただいた。

2011010802

嵐山渓谷下流の槻川の土手を走る。槻川散策回廊という遊歩道ができていた。ニセアカシア回廊とかもあったが、案内板によれば、ニセアカシアは数十年後には他の樹木(サイカチやネムノキ)に取って代わられてしまうようである。

2011010803

北進して、国指定史跡「杉山城跡」に到着。大手口(正面入口)の風景である。入口には案内パフレットが置いてあった。

2011010804

杉山城本郭跡である。

2011010805

「杉山城跡」からの笠山と堂平山の眺め。いつもは笠山に吸収されてしまって影がうすい笹山が、二つの山の間でその存在感を示している。

2011010806

「杉山城跡」をあとにして越畑城址に向う。何かが足りないような気がするが、関越自動車道の工事で遺構の大部分がなくなってしまっているらしい。写真の社は愛宕神社である。

2011010807

お腹がすいたので「のこのこ」に向う。ランチセット@750円を食べる。ジャガイモのスープがサービスでついてきた。どれも美味しくいただいて満腹。下の写真は、「のこのこ」の前から四津山を撮ったもの。

2011010808

途中、MTBらしい道を通りながら四津山(高見)城址に向う。用水池が管理されず徐々に埋まってきているようである。見事に氷っている。

2011010809

四津山(高見)城址は、四津山の山頂にあり、現在は四津山神社がある。

四津山麓の神社参道に到着。長い坂道を登って、最後に100段以上の石段を上り目的地に到着。男体山が良く見えた。階段は結構きつかった。

2011010810

しかし、今日の今日まで、高見城址ってどこにあるんだろうと思っていたのだが、四津山城址と高見城址は同一箇所であったのだ。とは言え、市町村教育委員会の説明板などにも別の城であるかのような記載がなされている場合もあるので早合点は禁物なのかもしれない。

下の写真は四津山神社の手水石。厚い氷がはっていた。

2011010811

四津山を下りて帰路に着く。途中、里山に侵入してしまった竹を伐採していた。ユンボも入って大掛かりなものである。この場所だけではなく周辺を含めると数町歩の規模で伐採がされているように見えた。

2011010812

そして、最後に大きな樹を訪ねた。まったく個人的な話だが30年以上前の決戦の思い出の地である。

2011010813

この辺りから脚の売り切れ感が強まってきたが、どうにか帰宅である。

今朝はポラール君の本体が行方不明。結局、見つからず。どこにあるんだろう (^^;

« 東京スカイツリー | トップページ | 川幅うどん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京スカイツリー | トップページ | 川幅うどん »