« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月27日 (木)

入間第二用水

今を去ること約80年前。現在の飯能市東部での農家の会話。

農家A:「毛呂の方じゃぁ、でっかい溜池つくって、いっぺぇ田んぼに水が引けるようになるんだってよぉ。」
農家B:「そりゃぁいいなぁ。おらぁ方でもやってんべえじゃぁねぇかぁ。」
農家A:「そんなに水が溜まる沢があんべぇか。」
農家B:「精明村の宮澤に、高麗峠のしたぁ通して、名栗川の水を引くっちゅうなぁどうだんべぇ。」
農家A:「それじゃぁ銭がかかってしょうがなかんべぇ。」
農家B:「豊岡や川越の方まで話しぃすりゃぁ、出来なかなかんべぇ。」

演劇の台本風に現在の宮沢湖の誕生に至る経緯を表現するとこんな感じだろうか。

飯能市立図書館「飯能の水とくらし-宮沢湖・上水道のはなし-」(1994(平成6)年)には、(毛呂における現在の鎌北湖の計画を受けて)「飯能でも同じように溜池はできないか、そういう意見があちこちで聞こえるようになりました。そうした声が高まり、昭和3年(1928年)関係のある町や村の代表があつまってはじめての相談が行われました。」との記載がある。相談とは入間郡市の1市27町村をもって組織された「入間郡北部地方改良期成会」の協議会を指している。

ということで、今日は時間ができたので入間第二用水の探訪に行ってきた。自転車はMTBである。実際に走った経路は複雑なのだが、話を分かりやすくするために上流から下流への流れで話を進めたいと思う。

まずは、小瀬戸(こせど)の名栗川に設けられた取水堰。

2011012701

小瀬戸の取水堰で取水された水は、総延長4,889.0mの「宮澤溜池隧道(みやざわためいけずいどう)」を通って、まずは久須美(くすみ)の沈砂池(ちんさち)に向う。隧道は人力掘削で、巾1.2m、高さ1.7mである。久須美沈砂池までの距離は直線で1.2km(マピオンのキョリ測による)である。沈砂池では入間川の流れから流れ込んだ砂や小石が除去される。下の写真左側の水たまりが沈砂池である。

2011012702 

県道70号(飯能下名栗)線を飯能方面に走り、大里屋本店の飯能名物「四里餅(しりもち・つぶし餡)」とゆず饅頭(計195円)を食べる。四里餅にはつぶし餡とこし餡があるようである。お店の方にお茶まで出していただいて恐縮である。

2011012703

さて、水は久須美沈砂池から再び隧道に入り宮沢湖を目指す。日高市大字台(だい)の不動様の近くでは、伏越(ふせこし・逆サイホン)で西武池袋線と国道299号線をくぐる。写真はくぐった後の部分。自転車が寄りかかっている石垣の工作物の中に水路があり、右に写っている道は国道299号線である。

2011012704

日高市大字台にある瀧不動である。不動様の真言を唱えて参拝。

2011012705

山の中に入り水路を追う。瀧不動東側の沢の中では、約220m(マピオンのキョリ測による)の間、水は表面に姿を現わし、高麗峠の地下に向う。(流路は左上⇒右上⇒左下⇒右下の順である。以下同じ。) 実は、この辺りは30年以上前に訪れたことがあるのだが、その当時は現場打ちの水路であった。現在は二次製品になっているので大規模な改修工事があったのだろうと思う。

2011012706_2

飯能市内で昼食である。古くや(こくや)で肉つゆうどん(大)@730円を食べる。かなりの量である。この上に(特)があるのだがどんな盛りなんだろうか。四里餅を食べたこともあってか、時間をかけてどうにか完食。その後、よせばいいのに5分もしないうちに新島田屋で団子@80円×2本を食べる。別腹で美味しかった。

2011012707

宮沢湖に向う。宮澤溜池隧道の宮沢湖への出口である。瀧不動東側の沢の中の水路東端から約1km(マピオンのキョリ測による)、小瀬戸取水口からの導水路の延長は5,439.0mである。周囲にはゴルフ場のフェンスがあり近づくことはできない。

2011012708

宮沢湖である。遠くには奥多摩の大岳山がわずかに見える。

2011012709

宮沢湖の堰堤下を走る1号幹線水路である。下流の堰は2号幹線水路(小久保隧道)への分岐。

2011012710

2号幹線水路(小久保隧道)の入口(中央)である。

2011012711

2号幹線水路は南東方向へ向い、約1キロ(マピオンのキョリ測による)の小久保隧道を経て地上に姿を現わす。左下はゴルフ場の地下に入るところ、右下はゴルフ場から出てきたところ。右下の地点で鯉ヶ久保用水路を分岐する。

2011012712

鯉ヶ久保用水路はゴルフ場の中を流れて鯉ヶ久保池に入る。

2011012712_2

元に戻って。2号幹線水路は住宅団地の中を抜け、更に南東に進む。一部は素掘りの部分もある。圏央道をくぐって入間川へと向う。

2011012714

狭山特別支援学校附近で流路の方向を東に変え、入間川にそそぐ。

2011012715

入間川への合流地点である。

2011012716

附近の入間川から上流を眺めたところ。右下のコンクリートの下側をくぐって、名栗川から取水された水が、約11kmの長い旅を終えて入間川に帰るのである。

2011012717

しかし、時間のかかる探訪であった。点である目的地をつなぐよりも、用水路などの線に沿おうとすることの方が余程努力を必要とする。

※ 2011年1月28日追記
以下に飯能市立図書館「飯能の水とくらし-宮沢湖・上水道のはなし-」(1994(平成6)年)を読んで得た情報を元に、入間第二用水について記しておく。
宮沢湖を溜池とする入間第二用水については、歴史的には鎌北湖を溜池とする入間第一用水とほぼ同様の流れの中で事業や管理がなされてきたと言える。
入間第二用水の工期は1932(昭和7)年から1941(昭和16)年の10年間であり、事業費は現在の金額に換算すると百数十億円(と本には書いてあるが足りないかな?)の規模であったようである。
工事の概要は小瀬戸取水堰で名栗川の水を取水し、導水路で宮沢湖に水を送り、その水を大きく2系統の水路で用水として利用するものである。
宮沢湖は貯水量851,750立米、満水面積132,237平米、満水位(深さ)16.2m、管理用道路(溜池周囲2,204m)である。また堰堤の高さは18.5m、長さは240mである。なお1958(昭和33)年~1960(昭和35)年にかけて堰堤の水漏れに対応するための大修理が行われている。
用水路については全体の長さが56,973m、灌漑面積40,166アールであり、主な系統は、小畦川に並行する1号幹線水路、本記事で探訪した2号幹線水路である。2号幹線水路については支線である用水路が数多くある。主なものを列挙すると、平松線用水路、精明線用水路、鯉ヶ久保用水路、4号幹線水路、日高特別支援学校附近で4号幹線水路から分岐して智光山公園内を流れる5号幹線水路、野田線用水路などがある。
また、豊水橋上流にある笹井の堰で取水された水は、入間川の左右両岸の水路を利用して使われている。
別の資料に当たったり、入間第二用水土地改良区等への問い合わせをするなどしないとこれ以上の情報を得ることは難しい。また、現地を調査しないと4号幹線水路の詳細がわからないし、名前が出てこない3号幹線水路の謎など探訪すべき材料は数多い。

※ 宮沢湖ができる前の現在の飯能市附近の地図(大正元年陸地測量部発行)を掲載した当ブログの記事はこちら

2011年1月10日 (月)

川幅うどん

今日は、「川幅うどん」を食べるべく鴻巣市に向けMTBで出発。

道中、富士山がくっきりと良く見えた。かなり風もあって、さすがに寒い。

2011011001

途中、市ノ川にかかる冠水橋、江綱橋に寄る。さすがMTB。乗ったままで到着。

2011011002

近くのゴルフ場。かなりの数のウォーターハザード(池やクリーク)があって、当方が行ったら、ボールがいくつあっても足りなそうな感じ(^^;

2011011003

御成橋を渡り、鴻巣市側の川幅日本一の標(しるべ)に到着。荒川の河川名表示板の左側に富士山がうっすら見える。

2011011004

なおも進むと、歩車道と分離された本格的な自転車道があった。安全安心、そして快調。良い気分である。

2011011005

鴻巣市内に入る。歩道のすぐ脇だったので、ちょっとビックリ。

2011011006

目的地である「めん工房久良一(くらいち)」に到着。駐車場の脇にミノウラ製の自転車スタンドが置いてある。お店は非常に盛況であったが、当方は一人なので運よく待たずに入店。

「川幅うどん」は、一昨年(2009年)8月に鴻巣市からの提案を受けて、このお店が開発したものとのこと。食べたメニューは、川幅ズームインうどん@790円である。美味しかった。食感は、うどんの領域を超えてワンタンの領域に一歩踏み込んでいる・・・・?と感じる人がいるかもしれない。メニュー名の由来については、今年(2011年)の元日にテレビ放映されたことによっているみたいである。

2011011007

お土産に別のお店(株式会社鷲屋製麺所)で乾麺を購入。2人前500円であった。市内をポタポタしていると、確かに製麺所や粉屋さんが多いような気がした。まっ、以前だったら人形屋さんに目が行っていたのだと思う。でも、久良一も鷲屋製麺所も、住所の町名が「人形」である。さすが鴻巣市である。

2011011008

帰路につく。御成橋を渡るのをやめて、御成橋上流の荒川にかかる冠水橋、滝馬室橋を渡る。占用許可標識を見ると鴻巣市の管理している橋のようである。幅は1.6mで、渡っていると、川に落ちるはずはないのだが、落ちそうな気がして恐い。

2011011009

ついでに、川幅日本一の河川敷をポタポタと走る。麦畑が印象的である。麦が育った頃に爽やかな風を受けて、あるいは麦秋の頃に金色にうねる麦の穂を見ながら走ったら気持ちいいだろうなぁと思う。

ちなみに、この畑あたりにも占用許可標識があった。農家の方が組合を作って占用しているようである。

2011011010

走っていると、大きな池みたいな荒川の旧河道にたどりついた。Web上で航空写真を見ても地図を見ても、過去の流路が良く分かる。当ブログからリンクさせていただいている「きまぐれ旅写真館」によれば、滝馬室橋附近の現在の河道は昭和初期に開削された人工水路なのだそうである。

2011011011

県道27号(東松山鴻巣)線に復帰。西南西方向に進んでいるのであるが、折からの北風に加え、高速度で通り抜けるトラックの巻き起こす風、極め付けは歩道の土留めがはらんでいるのか、あるいは切削しないで舗装を積み重ねた結果か、歩道に左傾斜の勾配がついていて、これらの相乗効果で恐いのなんの (^^; 冷汗

もともとは荒川の横堤の上に作られた道なのだろうし、水位の上昇を考えると堤防の下に県道は通せないだろうし、難しいお話である。

2011011012

最後にちょっと寄り道して越辺川左岸堤防が舗装されていたので走ってきた。霞堤が良くみえる。

2011011013

しかし、上天気ではあったものの、北風が強く気温も低く寒い日であった。

2011年1月 8日 (土)

城址ポタ

明日は終日仕事である。今日と明後日を比べると、今日の方が暖かいと天気予報が言っていたので、MTBに乗って城址ポタに出発。

足が腫れていたときは、自分の足にネコの肉球がついているような感じだったが、今は各種の痛みは治まっている。

比企丘陵を目指す。今日の道中、今年も紅梅がきれいに咲いていた。

2011010801

長屋門である。個人宅であるので詳細は記さないが、江戸後期の建築である国の登録有形文化財である。御当主といろいろなお話ができて写真を撮らせていただいた。

2011010802

嵐山渓谷下流の槻川の土手を走る。槻川散策回廊という遊歩道ができていた。ニセアカシア回廊とかもあったが、案内板によれば、ニセアカシアは数十年後には他の樹木(サイカチやネムノキ)に取って代わられてしまうようである。

2011010803

北進して、国指定史跡「杉山城跡」に到着。大手口(正面入口)の風景である。入口には案内パフレットが置いてあった。

2011010804

杉山城本郭跡である。

2011010805

「杉山城跡」からの笠山と堂平山の眺め。いつもは笠山に吸収されてしまって影がうすい笹山が、二つの山の間でその存在感を示している。

2011010806

「杉山城跡」をあとにして越畑城址に向う。何かが足りないような気がするが、関越自動車道の工事で遺構の大部分がなくなってしまっているらしい。写真の社は愛宕神社である。

2011010807

お腹がすいたので「のこのこ」に向う。ランチセット@750円を食べる。ジャガイモのスープがサービスでついてきた。どれも美味しくいただいて満腹。下の写真は、「のこのこ」の前から四津山を撮ったもの。

2011010808

途中、MTBらしい道を通りながら四津山(高見)城址に向う。用水池が管理されず徐々に埋まってきているようである。見事に氷っている。

2011010809

四津山(高見)城址は、四津山の山頂にあり、現在は四津山神社がある。

四津山麓の神社参道に到着。長い坂道を登って、最後に100段以上の石段を上り目的地に到着。男体山が良く見えた。階段は結構きつかった。

2011010810

しかし、今日の今日まで、高見城址ってどこにあるんだろうと思っていたのだが、四津山城址と高見城址は同一箇所であったのだ。とは言え、市町村教育委員会の説明板などにも別の城であるかのような記載がなされている場合もあるので早合点は禁物なのかもしれない。

下の写真は四津山神社の手水石。厚い氷がはっていた。

2011010811

四津山を下りて帰路に着く。途中、里山に侵入してしまった竹を伐採していた。ユンボも入って大掛かりなものである。この場所だけではなく周辺を含めると数町歩の規模で伐採がされているように見えた。

2011010812

そして、最後に大きな樹を訪ねた。まったく個人的な話だが30年以上前の決戦の思い出の地である。

2011010813

この辺りから脚の売り切れ感が強まってきたが、どうにか帰宅である。

今朝はポラール君の本体が行方不明。結局、見つからず。どこにあるんだろう (^^;

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »