« 八倉峠の復旧工事 | トップページ | Mt.ライナー »

2010年10月18日 (月)

御荷鉾スーパー林道その4

今日は御荷鉾スーパー林道のうち、当方が未だ走破していない残りの部分を走ってきた。これにより約1年がかりで全体を走破したこととなった。

過去の記録は、左帯のカテゴリー「240御荷鉾スーパー林道」をクリックして、記事をお読みいただければ分かるが、
 09/10/12 その1 (起点)旧鬼石町夜沢~みかぼ森林公園管理棟
 09/10/24 その2 みかぼ森林公園管理棟~杖植峠西方
 09/11/10 その3 杖植峠西方~住居附線分岐(一部区間は徒歩)
 10/10/18 その4 住居附線分岐~南牧村羽沢(終点) である。

このところ仕事の疲れもあるし、そして紅葉を見るには時期的に早いことも承知のうえだが、時間がとれたので愛車にMTBを積み込んで出発。

まずはプロローグである。

2010101801

スタート地点に到着。熊鈴(必須?)をセット。ここで群馬県道93号線から分岐してスタートである。「御荷鉾スーパー林道」は現在では公式の呼称ではなく、本日走った大部分の区間は正式には「南牧村道羽沢桧沢線」である。

2010101802

最初のピークに到着。東側(進行方向左側)の森の中に非常に大きな岩があるので分かりやすい。スタート地点から2.4キロ、獲得標高164m、所要時間20分16秒であった。

2010101803

上の写真のピークから下りであるが、部分的に路面がかなり悪い。舗装ではあるもののロードではきついと思われる部分もある。

やがて道の分岐があるので右折すると橋を渡る。ここから路面状況は改善する。

2010101804

しばらく走ると大黒岩隧道に到着。

2010101805

またまたしばらく走ると、冠水橋の要領の「冠水舗装?」が現れる。増水した沢の水が林道の上を横切って流れる設計のようである。ここを過ぎると切り出した木材の積み込みを行った場所があって、しばらくの期間のこととは思うが太いワイヤーなどが路面に横たわっているので注意が必要である。

その場所を過ぎて右に尾根を回り込めば、第2のピークである。先ほどの橋の地点から、5.7キロ、獲得標高319m、所要時間48分6秒であった。

2010101806

第2のピークから下り、大仁田ダム手前で上りになる。ダムの下側で工事をしており、その工事看板にバックホウに乗った「ぐんまちゃん」がいた。この図柄は初めて見た。つるはしを担いでいたりするのは良く見るのではあるが・・・。

2010101807

大仁田ダムにヒーコラ上って寄ってみる。管理事務所の脇に地元の中学生が書いた「大仁田湖」の名称が石に刻んであった。ちょっとビックリ。中学生の筆になるものは珍しいと思う。御荷鉾スーパー林道から、この石碑の地点までの往復距離は1.3キロ程度のものである。

2010101808

少し走ると看板があった。この看板、転落する車から人が投げ出されており、非常にリアルである。

2010101809

上り上りである。大仁田ダム下の休憩スペースから1.6キロ程上るとダートが始まる。以降このダートは6.5キロほど続く。

2010101810

良い雰囲気のダートである。このような所ばかりではないというか、このような所の方が少ないので念のため。

2010101811

少し早いが紅葉も見えた。

2010101812

屋敷山隧道である。

2010101813

ついに上野村との境界に到着である。ここでダートも上りも終了。大仁田ダム下の休憩スペースからダム管理所までの往復を含めて距離は9.4キロ、獲得標高514m、所要時間2時間7分29秒であった。

2010101814

最後に上南トンネルをくぐる。銘板に御荷鉾スーパー林道の歴史が感じられる。

2010101815

当方にとっての今日のゴールである。場所は住居附線の終点である。ポラールの記録によると群馬県道93号線との分岐から、大仁田ダム管理事務所往復を含め、28.4キロ、獲得標高1,155m、所要時間3時間46分29秒であった。

2010101816 

これで、御荷鉾スーパー林道の全行程を走ることができた。感謝々々である。

今日のコースはこちらである。

« 八倉峠の復旧工事 | トップページ | Mt.ライナー »

コメント

御荷鉾スーパー林道は塩之沢峠より東側しか走ったことがなく(それも7~8年前の話ですが)、興味を持って読ませて頂きました。
山本来の雰囲気を味わうならダート林道も良いですね。

>きーじぇいさん
確かにダートの方が、山道を歩く感覚に近いかもしれませんね。

いくつか、リベンジを考えているコースの一つに、この御荷鉾山があります。
以前、初心者を連れ、下仁田に車をデポして、尾根づたいをマウンテンで走るつもりが、上野村方面へ・・・
帰りに相棒はもう走れず、車は山向こう。相当まいった覚えがあります。
Kacさんの報告で様子がよくわかりました。紅葉の時期もよさそうですね。そのうち、また行ってみたいと思います。

>モッチーさん
コメントありがとうございます。
昼食は「峠のうどん屋藤屋」で・・・と言っても昼時にあの場所にいるのは、ちょっと一気に走ろうとするとコース設定が難しいですね。
ロードで行く場合、南牧村羽沢~大仁田ダム間の舗装路でも、当方の判断であれば距離はともかくも必ずパンク防止のための押しが入りますね。ぜひ紅葉の時期に・・・きっと超キレイだと思います。

うわ~藤屋、そのとき行きました。
お腹がすいてて大盛りを注文したら、女将さんに注意されたのを覚えてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八倉峠の復旧工事 | トップページ | Mt.ライナー »