« 駒高への道 | トップページ | 八倉峠の復旧工事 »

2010年10月 5日 (火)

富士山一周

今日は富士山を一周してきた。自転車はロードバイクである。

これからの予定表とニラメッコして、天気予報的にも今日がベストと思われたので、前日に富士山一周の敢行を決定。

朝、暗いうちに起きてみると、満天の星ではなく小雨が降っている。もう一度天気予報を確認して出発。高速を走っていると、雨が降っていないのはトンネルの中だけという有様で、かなりめげるが、談合坂SAあたりでこれは大丈夫と確信を持てるようになった。談合坂SA附近の様子。

2010100501

河口湖ICで降りて、車をデポして出発。今日は勝負ではないのだが、久々にホイールはデュラでタイヤはPRO3である。いつもより全然軽い。しばらく走ると気温12度の表示。指きりグローブでは冷たいので、普通のグローブに替える。

2010100502

鳴沢村に入り溶岩樹型を見学。国道からわずか50mの位置にある。

2010100503

富士緑の休暇村を眺める。

2010100504

青木ヶ原樹海を通過。

2010100505

本栖湖に到着。ここまで肝心の富士山の写真が一枚もないのは、雲に隠れて富士山が見えないからである。千円札裏側の富士山撮影ポイントまで眺望がよければ行こうと思っていたのだがあきらめる。

2010100506

しばらく走って割石峠に到着。静岡県富士宮市に入る。ロードバイクで静岡県を走るのは初めてであろうか。記念写真をパチリ。

2010100507

朝霧高原を走っていると、少しの間だけ、富士山が姿を現わしてくれた。この写真が、当方にとって富士山が最も良く見えた瞬間である。やはり、良いのか悪いのか日ごろの心がけの結果であろうか?

2010100508

こんな感じのカヤトの中を走っていく。静岡県に入ったとたんに歩道?が超広くなった。

この辺で、leccaの「My measure」が頭の中で回りだす。

2010100509

目を富士山と反対側に向けると牧場がきれいである。

2010100510

国道139号線を下りながら、ちょっと恐い思いもしながら、白糸の滝に到着。

2010100511

ここで師匠に写メで報告を入れる。今回の富士山一周は、どうも抜け駆けのそしりは免れそうもない・・・。

「富士宮やきそば@630円」を食べることにする。白糸の滝近くのお店である。美味しかった。

2010100512

幟旗を撮影。いろいろとお話を伺う。結局、やきそばにかける「青のり入りだし粉@150円」を購入してしまった。

2010100513

県道72号線を上り下りを繰り返しながら走る。本日のツーリングでもっとも気分の良い区間であった。

2010100514

続いて国道469号線を走る。遠くに富士川が海にそそぐあたりであろうか、駿河湾が見える。

2010100515

一方、森も超きれいである。この辺りでレーパンに☆がたくさんついた方から挨拶をされてしまった。ちょっとビックリの初体験? 「街道」での練習中といいう感じのようであった。

2010100516

勢子辻のパス停である。

2010100517

富士山こどもの国に到着。石像は「ロックン」というらしい。

2010100518

花と森のコントラストもきれいだった。

2010100519

いよいよ森林地帯が終わって、東富士演習場に到着。コンクリートの杭には「富士学校」の刻印がある。この写真の右側が国道469号線なのだが、大型車が狭い道をバンバン走ってくるので何回か恐い思いをしたが、総じて、埼玉県道30号線を走っているよりは、大型車は自転車との間隔を空けてくれるように感じた。

2010100520

御殿場市内を国道の道なりに走る。お腹がすいたので711でカレーを食べる。国道138号線に入ると、「戦教」「偵教」などと記された普段見られない車両とすれ違う。

しかし、御殿場市内から富士学校に至る国道138号線は、まっすぐな上り坂でスピードも上がらず、その脇を大型車が走り抜けるので超恐い。富士山一周中で最も危険な箇所のように思う。

富士学校に到着。校門に立哨していた女性自衛官に会釈をしたら笑顔で応えてくれた。

2010100521

いよいよ最後の上り。籠坂峠である。そんなに勾配は急ではないし、自動車はほとんどが籠坂トンネルの方へ行ってしまうので、峠上りを楽しめる。

峠の手前で山梨県山中湖村に入る。ここで静岡県小山町とは「さようなら」である。

2010100522

山中湖である。

2010100523

国道138号線を軽快に飛ばして、やっと「FUJIYAMA」の全貌が見えた・・・orz

2010100524

これにて富士山一周は終了である。走行距離は100.7キロ、獲得標高1,485m、所要時間8時間39分46秒であった。白糸の滝には1時間以上いたし、ブログには書いていない場所にもチョコチョコと寄っている。また、富士山周辺は眺めているだけで時間が過ぎ去ってしまう。

今度は、天気の良い日に本栖湖を一周して、千円札裏側の写真を撮りたいものである。

本日のルート

« 駒高への道 | トップページ | 八倉峠の復旧工事 »

コメント

また、突然の計画、うらやましい限り、
天気も晴れ間が見えて、よかったですね。
1周で108kmとは、思ったより少ないですが、
風などは強いのでしょうかね。

コメントありがとうございます。
予定表とニラメッコして、幸か不幸かこうなっちゃいました(^^; 結果として富士山は見えなかったですけど、風もなく良い日和だったのだ思います。
紅葉のきれいな頃で、カヤトを吹き抜ける風をまともに受けたらかなりきつそうですね。

いやー、すごい!です。
良く知るエリアばかり出てきてますけど、これをつなげるとは。。。次はどちらへ行かれるのでしょうか、楽しみです♪

>rikaさん
コメントありがと(^^
かなりマニアックですけど・・・鳴沢村のキャベツ畑とカラマツ林の植生界、そして雪景色。朝霧、天子ヶ岳、村山、丸火、勢子辻・・・確かにすご過ぎ。
作手村サイクリングも楽しかったけど、今回も可能度120%に超ワクワクする感じが良かったです(^^

今頃になってのコメント失礼します。
あちこち見て来られたとはいえ、やはり結構な時間がかかるものですね。
これからの季節ですと、寒いけど朝早いスタートが必要ですね。

>tomochanさん
いえいえ時間がかかったのは鈍足の寄与度も大です。
tomochanさんなら忍野八海などのオプションを付けてサクッと一周可能だと思います。
確かに関東の平地とは高度差もあるので6~7度以上?寒い前提で行ったほうが良いかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 駒高への道 | トップページ | 八倉峠の復旧工事 »