« Mt.ライナー | トップページ | 直実節・重忠節 »

2010年10月26日 (火)

林道七久保橋倉線

今月(2010年10月)のこと、神流町の林道七久保橋倉線の状況を確認してきた。

林道七久保橋倉線は北から南に考えた場合、下仁田町側で県道172号(小平下仁田)線と八倉峠東側で御荷鉾スーパー林道を結び、神流町側で八倉峠と国道299(462)号線の神ヶ原を結ぶ林道であるが、2町の林道七久保橋倉線を接続する御荷鉾スーパー林道が八倉峠東側で大崩落を起こしており、現在は迂回する新ルートの新設工事中である。

※ 2013(平成25)年5月25日現在、八倉峠東側の御荷鉾スーパー林道の大崩落箇所の通行止は、迂回する新ルートの供用開始により解除されている。

ということで、今日のお話は八倉峠から南に向ってスタートである。

八倉峠には「林道七久保橋倉線周辺案内図」がある。

2010102601

八倉峠から国道299(462)号線側に3.2キロほど下っていくと、林道八倉線終点との分岐に到達する。

2010102602

ここを林道八倉線に入らずに林道七久保橋倉線を走り続けるとどうなるのか・・・それが昨年からの大きな疑問であったので今回確かめることにした。

結果として、林道七久保橋倉線は通行不能である。通行不能の位置はこの辺である。

※ この通行不能箇所は、平成24年5月初旬現在において復旧済みである。

2010102603

なお、林道七久保橋倉線からこの位置で、林道境沢線が分岐するが、率直に言って、進入禁止等の看板の類には気がつかなかったが、林道境沢線は一般車が走る林道ではないように思う。

2010102604

下っていくと、ダートからコンクリート舗装となるが、勾配が半端ではないし、対向車が来たらどうにもならない・・・狭い道が続いている。写真では伝わらないが、激坂のオンパレードで、全長2キロ強ではあるが、勾配は平均でも10%を軽く超えるのでは・・・とか思うくらいである。

2010102605

なおも下ると水道の取水施設等を経て、国道299(462)号線の旧道にでる。合流点は下の写真の位置でこちら

2010102606

上の写真の位置から上り始めると、多分、風張林道並みの激坂ヒルクライムとなりそうである。いつか、熊鈴必須でチャレンジしてみようとかは・・・?

« Mt.ライナー | トップページ | 直実節・重忠節 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Mt.ライナー | トップページ | 直実節・重忠節 »