« 富士山一周 | トップページ | 御荷鉾スーパー林道その4 »

2010年10月12日 (火)

八倉峠の復旧工事

先日、御荷鉾スーパー林道が大崩落により通行止となっている八倉峠に、久々に行って来た。

※ 2013(平成25)年5月25日現在、八倉峠附近の大崩落による通行止は迂回する新ルートの供用開始により解除されています。当方の解除後の八倉峠~杖植峠附近のMTBによる走行記事はこちらです。----------追記終了

行ってみると、かなり御荷鉾スーパー林道の復旧工事が進捗しており、大崩落の現場を迂回する新しい林道の路床ができていた。法面や路盤はこれからのようであるが、来年の春には通行できそうである。

現場での情報と農林水産省のHPから得た情報をいくつか。

工事名は老厳久保災害関連緊急治山工事、請負金額は227,850,000円(税込)、工期は平成23年1月20日である。下の写真は当方が法人名・個人名等を黒(白)塗りしたもの。

※ この工事は平成24年12月20日まで別件工事(平成23年度三次補正繰越工事)として工期延長されています。

2010101201_3

工事着手前に石仏や祠があった場所は、

2009111009

現在は、こうなっている。

2010101202

石仏や祠は道路北側の大トチのところに工事移転である。写真左側の石造物はどこにあったものだろうか? 当方の記憶にはない。

これについてWeb検索していたところ「ggg-papaと小径車」のHPに石仏と祠のみで工事移転が行われている写真があった。ということで、写真左側の石造物は後から工事移転してきたものと思われる。

※ ggg-papaさん、貴重な情報とリンク承諾をいただきありがとうございます。

2010101203

崩落現場(下の写真は八倉峠と反対側から撮影)に近づくことはできないが、こうなっていた場所が、

2009111016

現在(八倉峠側から撮影)は、吹付工まで進んでいる。

2010101204

新しい林道の合流地点の着工前は下の写真の位置、

2009111015

現在、その地点を下から見上げるとこんな感じになっている。

2010101205

地図上で見ると、が崩落方向であり、A地点からB地点に向って、二つのコブがあるピークの南側を巻いて、迂回のための新しい林道をつくっているイメージである。

2009110102
この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである。

しかし、復旧工事が終わったとしても八倉峠から藤岡市境までの区間についても少しは手を入れないと安全な走行は無理だろうなぁと思う。

« 富士山一周 | トップページ | 御荷鉾スーパー林道その4 »

コメント

こんばんは!
昨年、八倉峠に行きました。
ランドナーで押しまくってヨレヨレでやっと到達しました(笑
紅葉の雰囲気、展望、それにスケールの大きな大崩落に
圧倒されて帰ってきました。
ここが復旧すると楽しめるルートが増えそうですね(^^)

あ、リンクに加えさせて頂きました。
今後ともよろしくお願いします。

コメントありがとうございます。
昨年紅葉のきれいな時期に行かれた記事を読ませていただいた記憶があります。今年の西上州方面は今月下旬あたりでしょうか(^^ でもちょっと遅れるかもですね。
御荷鉾スーパー林道は結構ランドナーの出番がありそうです。
当方からもトップにリンクさせていただきます。よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士山一周 | トップページ | 御荷鉾スーパー林道その4 »