« 八丁峠 | トップページ | 秋の気配 »

2010年9月25日 (土)

八坂神社

今日は、朝からの仕事を済ませてからロードバイクで出発。

その前に・・・。先日ポチッとしておいた本が届いた。「富士山一周絶景自転車旅マップ」である。

2010092501

パラパラと読んでみて、そして他の情報も総合して判断すると、富士山一周は最短距離で100kmちょっとで獲得標高が1,500mくらい、紅葉を見るなら11月初旬がベストということがわかった。

ということで、今日は100km以上ライドに出発。獲得標高は1,200mくらいを予定。

道すがらの家にいる犬。何度か通過時に見かけたことがあるのだが、かなりの高齢犬のようである。立ち上がっているときの方が愛嬌があるのだが今日は寝ていた。

2010092502

飯能市街から名栗を目指す。雲がどんどん晴れて来た。飯能第二小学校では運動会。途中、電動アシスト自転車の方と併走したりしながら進む。鳥居観音の白さが際立つ。

2010092503

山々もコントラストが効いてきれいである。

2010092504

山伏峠を上る。名郷からのタイムは22分54秒。到着時の気温は19度。横瀬を目指して下る。結構半そでジャージでは寒い。途中大きな鹿が道端に倒れていた。車にはねられたのだろう。国道299号に出て羊山公園の入口の坂氷の交差点まで一気に下り右折、県道11号線に入る。

お腹がすいたので、「食堂ましお」で昼食。味噌ラーメン@580円+餃子@350円を食べる。美味しかった。

2010092505

北進して定峰峠方面へ。少し走って左折して県道82号線に入り札所一番四萬部寺隣の八坂神社へ。「高篠村道路元標」の探索である。頭の中には「八坂神社」附近にあるという情報しか入っていない。

2010092506

探してみるがない。第1村人さん発見。農家のおじいさんである。「聞いたことねぇなあ。お寺の坊さんに聞けば分かるよ。博識(ものしり)だからよぉ。」とのこと。更に辺りをウロウロ。第2村人さん発見。農家のおばあちゃんである。他の石碑を話をいっぱいしてくれるのだが、肝心の道路元標は知らないとのこと。

携帯でインターネットを見ると、道路元標の近くにバス停があるとのこと。第3村人さんが通りかかかる。「八坂神社近くにあるという『高篠村道路元標』を探してるんですけど、この辺にバス停ありませんかぁ?」。この方はケイデンスの高い方で、当方の不十分な状況説明の質問にも間髪をいれず「定峰饅頭の店の前にも八坂神社があるよ。」とのこと。ガッッ~~ン。

もう一つの八坂神社に移動。

2010092507

難なく発見。「髙篠村道路元標」である。先ほどすぐ側を通過していた・・・・orz

探索時間40分50秒、移動距離3.2km。出発が遅くて時間がないのに時間を使いすぎ。

2010092508

しかし、この間の思考や行動は振り返ると面白い。現在地や自分の考えを正当化しようとし続けている・・・orz

定峰峠をケイデンス80前後、心拍数150前後を意識して淡々と上る。峠を素通りして下る。七重峠や堂平山がきれいである。

2010092509

順調に東秩父村を下る。小川町に入り槻川沿いに曼珠沙華の群落があった。この程度が自然な範囲だろうか。

2010092510

松郷峠を越えときがわへ。西上武幹線の鉄塔が完成していた。現在、最上部の光ファイバー複合架空地線の工事中。

2010092511

帰路につく。当初の予定を達成。富士山一周の予行演習は終了。まったく問題なさそう。あとは、情報の事前インプットと寒さ対策、休める日に天気が良い強運。

しかし、八坂神社が二つあったとは・・・。気付かなかった。情報の事前インプットが足りなかった。反省である。

※ 上記の道路元標の探訪にあたっては きまぐれ旅写真館 を参考にさせていただきました。御礼申し上げます。

« 八丁峠 | トップページ | 秋の気配 »

コメント

え、またロングライドですか。
このところ、気合い入ってますね。
また、楽しい報告待ってます。

ところで、本当に初歩的な質問なんですが、
道標って、どのような目的で、どのような場所に
立てられるものなんでしょうか?

秩父側から定峰峠を越えられたのですね。私も今日たまたま定峰峠に行ったのですが、東秩父から上がって白石峠に抜けました。

鳥居観音は一度写真撮りに行ったことがありますが、天気が良くて綺麗ですね。

東秩父の曼珠沙華も焦ります。こんなに咲いてちゃどうしようかなというところです。

それにしても、道路その他についての興味の持ち方に感心します。

>モッチーさん
道路元標等の詳細については、記事の最後の部分で(右帯のリンクでも)紹介している「きまぐれ旅写真館」を御覧ください。
道路や土木工作物全般に対する深い見識と広範な調査、加えてキレイな写真の数々には驚かされるはずです。

>はるさん
今日は出発が遅くなってしまったのですが、天気予報から青空が広がることを期待してでかけたのでした。名栗方面は良かったのですが、秩父盆地はイマイチ、スキッとしてまんせんでしたが皆野より北は別みたいでしたね・・・(^^;
曼珠沙華(彼岸花)は巾着田あたりでは例年より遅いようですが、本当に澄んだキレイな色の期間は意外と短いですよね。
それから、はるさんのブログにリンクさせていただきました。ヨロシクご了承のほどお願いします。

富士山一周を計画されていたのですね。
私もルートラボで調べたことはありますが、私の足では結構時間がかかりそうなので、躊躇していたところです。天気が良ければ、一日富士山とつきあえるのですね。晴天をお祈りします。
私も「気まぐれ旅写真館」さんはいろいろ参考にさせていただいてます。
身近なところが多くておもしろいですね。

>tomochanさん
いやぁ脚も時間もない当方ですが計画だけは人一倍あるんです(^^; かなり欲張り過ぎなんですが、ということで、ちょっと前に考えていた計画はまだ未実施です。
「気まぐれ旅写真館」の内容と比べると、当方の興味本位の知識などは比較にもなりません。ときどき勉強させてもらってます(^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八丁峠 | トップページ | 秋の気配 »