« 田口峠・大上峠 | トップページ | 八坂神社 »

2010年9月19日 (日)

八丁峠

昨日は一日中仕事。そして、明日の朝も仕事なので、この3連休で遠出できるのは今日だけである。ということで、八丁峠にリベンジに行ってきた。自転車はロードバイクである。

八丁峠は、本年(2010年)6月12日にチャレンジしたのであるがメカトラで撤退。その時の経緯は当ブログの記事「今日は今日として」に記してある。ということで、今回の装備品には老眼鏡を加えた。

夜明け前、愛車に愛車を積み込んで出発。299を走り一路秩父路へ。小鹿野町から旧両神村(りょうかみむら)に入る。車をデポして出発である。

まずはリベンジその1。両神村道路元標である。見つからなかった直後に下調べしてあったので難なく発見。「兩神村道路元標」である。

2010091901

旧両神村から299に出て志賀坂峠を目指す。途中、田んぼの中に妙なものを発見。プロパンガスで爆音を発生して鳥を追い払う機械とはちょっと違う。

帰宅後調べてみると「ロケットバング」という機械で、音とともに「脅しボール」が飛び出すという優れものであったが、当方の予想よりは高価なものもようである。

2010091902

つり橋が見えてきた。小鹿野町内には似たようなつり橋があるようだが、古いものなのだろうと思う。

2010091903

急ぐ行程でもないので、旧道を走ったり枝道に入ったりしながら進むと「オクラ」の花が咲いていた。超々昔、製紙会社に納めていた「トロ?」に似ている。農家のオヤジさんは「トロ」は知らないとのことであった。

2010091904

例によって坂本で休憩し、志賀坂峠を上る。今回はメカトラも発生せず無事に到着。これから進む「金山志賀坂線」である。

2010091905

うりうりと上って行く。暇そうに遠くを見ているカーブミラーである。

2010091906

九十九折である。

2010091907

八丁トンネルに到着。安曇幹線の走る二子山の向こうに東西御荷鉾山が見える。

2010091908

上り坂のトンネルを抜ける。目が慣れないこともあって真っ暗。ライトの明かりが感じられるまでに随分時間がかかった。すごい閉塞感というか圧迫感というか・・・を感じる。試しに声を出してみると、ものすごく響く。886mは長かった。

2010091909

一気に金山志賀坂線を下り、中津川林道の起点に到着。起点標識君は健在であった。

2010091910

どんどん下る。滝沢ダムが見えてきた。

2010091911

秩父滝沢サイクルパークBMXコースをのぞいてみることにしたが、うねうねを上るのが大変。今日一の急勾配?

2010091912

BMXのコースである。思っていたより広くない。管理人さんと話して面白かった。

2010091913

下から見たループ橋である。橋脚の縞模様が高さを感じさせない工夫だとか。

2010091914

140号を下って贄川(にえがわ)歩道橋の下で旧白川村道路元標をパチリ。秩父甲州往還の宿場であった贄川宿にも何となく、その昔の風情が残っている。

2010091915

旧両神村を目指して進む。お腹がすいたので昼食にする。そば福である。

2010091916

くるみ天ざる@1,300円+アサヒダブルゼロ@350円を注文。

思わず顔がほころんでしまうほど、蕎麦も天ぷらも非常に美味しかった。本当にうまかった。ボリュームのあるかき揚げもすごい。

10畳間に4卓でマックス16人。待つための番号札があるのもうなづける。

2010091917

両神山麓花の郷ダリア園に向う。旧両神村役場から6キロぐらいなのだが、最後の2キロあたりに結構な坂がある。距離は長くないので少しの我慢。

想像よりはるかに広く、花々も良く丹精されている。たまたまのことか、ゆでたジャガイモのサービスがあって、お腹がいっぱいなのだが断りきれずに食べる。美味しかった。

その後、茗荷@100円を購入し帰ろうとすると、「たらし焼き(@200円)に寄ってってくんなあ」との声。さすがに無理。腹がいっぱいで入らない。今度は食べるので・・・ご勘弁。

2010091918

両神温泉薬師の湯(入浴@600円・タオル@200円)に入浴して帰路につく。

途中140や299で「第13回雁坂峠越え秩父往還143km走」に参加している3UPの方2人を見かけたので停車して声援を送る。しかし、すごいレースである。

あしがくぼの道の駅でたらし焼き@100円を食べる。美味しかった。

今日のルートはこちら。

※ 理由は不明なのですが、ダリア園でポラールのデータがすべて消えてしまいました。初めての経験です。そのために、距離、獲得標高、所要時間等のデータの記載ができませんでした。悪しからずm(_ _)m

« 田口峠・大上峠 | トップページ | 八坂神社 »

コメント

今回のコースも秋の紅葉の頃にでも行きたいなと考えていたコースでした。
毎度、貴重な情報ありがとうございます。

コメントありがとうございます。
3か月ぶりのリベンジで気が済みました。軽井沢や野反湖とか行ってみたい気持ちになったのですが、積み残しのルートがいっぱいあって、一つづつです。
次回の遠征はダブらないと思います。たぶん・・・(^^;

応援ありがとうございました。
あの地点で約90km、かなりへろへろだったところでの応援で元気になりました(^^)

激走お疲れ様でした。
写真送ったんですけど返ってきちゃいました(^^;
メールいただければ再送します。

再びコメントを書かせて頂きます。
10枚目の写真の中津川林道の「基点標識」の写真を拝見して思わず
「アッ、シッカリ立っている(^o^)。」
と嬉しく思いまして、書かせて頂きました。
実はこの「基点標識」は私が折れて下に落ちていた物を
先日行った時に拾ってソコに立てかけた物なんです(^o^)。
→ http://blogs.yahoo.co.jp/east_bred/59799421.html
の写真4,5枚目に載せてあります。

ただそれだけの話なんですが、つい嬉しくなりまして(^o^)。

失礼しました。

>east_bredさん
当ブログの記事「中津川林道実走」
⇒ http://yomotan.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-7430.html
に続いての再びのコメントありがとうございます。
以前、当方が起点標識君に出会ったときは道路下に横たわっておりました。路面に立てると不安定で事故の原因になっても何だし、誘拐にでもあったら更に可哀想と思い、そのままにしておきました。
その後、east_bredさんの記事を拝読したところ、起点標識君が路面に立ち上がったとのことでしたので、どうなっているのかと当方も気になっていました。
以上の経緯から「起点標識君は健在であった。」との表現を使わせていただきました。
元気そうでしたので何よりです(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 田口峠・大上峠 | トップページ | 八坂神社 »