« 陸軍桶川飛行学校 | トップページ | 田口峠・大上峠 »

2010年9月 4日 (土)

シュウカイドウ

今日は、午後から用事があるので夜明けとともにロードバイクで出発。当初の目論見は、ときがわ町田中交差点から、経路は別にしても松郷峠を経て定峰峠からグリーンラインを走ろうと思っていたのだが、田中交差点に「シュウカイドウ」の看板があったのでそちらに寄って見ることにした。

田中交差点から西平交差点を直進し宿に到着。道路左側の電柱に看板があり、ここを左折で「シュウカイドウ4.3キロ」だそうである。だんだん空が青くなってきたような気がする。

2010090401

いつの間にか、都幾川橋の架け替え工事が終わっていた。昭和32年の古い親柱が銘板を集めて残されている。

2010090402

淡々と走っていくと、年配の女性から声を掛けられた。

「どっから来たんだか。ずいぶん早いねぇ。」「若いからって、無理しねぇ方がいいよ~ぉ。暑いから。」とのこと。まっ、確かに相対的には若いけど・・・(^^;

閑話休題。更に進む。「椚平郷土絵地図」である。「刈場坂峠」に「Karibasaka Pass」と、「飯盛」は峠も山も「Iimori」と表示されていた。地元の人が作った絵地図ではないのだろうか?

2010090403

少し進むと椚平バス停のちょっとした広場があり、そこを左折。さすがに傾斜がきつくなってきた。赤黒塗装になっている。ココからもシュウカイドウがちらちら見えるが傾斜は12%程度であり、あまり余裕はない。残りの距離は200メートルというところか。

2010090404

シュウカイドウの群落に到着である。

2010090405

良く見ると花はベゴニアに似ている感じがしたが、葉っぱはアカメガシワか何か・・・という感じ。帰宅後調べてみると、江戸初期に中国から持ち込まれたベゴニアの仲間の園芸品種が野生化したもののようである。シャガも中国原産みたいだし、比企地方の山の中にも、昔からの外来種って結構あるんだろうなぁと改めて思う。

2010090406

下っていくと、朝日に光る電線に架けられた蜘蛛の巣団地が面白かったのでパチリ。

2010090407

更に下るとトラス橋がある。上っている時点で気付いていたのだが、帰りに寄ってみようと思ったのであるが、草がひどくて近寄れない。昭和橋という昭和初期に架けられた橋のようであるが、詳細については相互リンクさせていただいている きまぐれ旅写真館 に詳しい説明があるので、そちら参照していただだきたい。

2010090408

県道まで下って来たが、強まった日差しにお山に上る気力が減退。いさぎよく帰路に着く。

※ この記事の写真はオリンパス μ 750で撮影。

« 陸軍桶川飛行学校 | トップページ | 田口峠・大上峠 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陸軍桶川飛行学校 | トップページ | 田口峠・大上峠 »