« 脚がつった | トップページ | 陸軍桶川飛行学校 »

2010年8月14日 (土)

田んぼアート

今日は、行田市古代蓮会館の「田んぼアート」を見に行ってきた。自転車はロードバイクである。前日の天気予報は最高気温35度以上で運動危険を連発していたので、朝早く出かけようと目論んではいたのだが爆睡、起きる時間が遅くなったのだが、天候は小雨がパラついているので暑い感じはない。出発である。

すれ違う車のナンバーを見ていると面白い。三重とか長崎とか普段は見ない車が走ってくる。田圃の中を選んで、稲の花というか若い穂というかの香りを楽しみながら走り続け、吉見浄水場に到着。

浄水場HPによれば比企地区の大部分と入間地区の北部に給水している浄水場のようであり、荒川の水とはいいながら、実は武蔵水路により運ばれた利根川の水を当てにするためにこの地に建設されたようである。

2010081401 

荒川を目指して進む。さくら堤公園の脇に出てきた。

2010081402

荒サイを走り川幅日本一の標柱を見る。

2010081403

吉見ゴルフ場の入口に差しかかる。本日は休場みたいである。

2010081404

大芦橋を渡り吹上へ。中山道の「間の宿(あいのしゅく)」の碑である。

2010081405

たんたんと進み武蔵水路を渡る。この水の一部が先ほどの浄水場に入り給水されているのかと思うと不思議な感じがしなくもない。

2010081406

ついに見えてきた。古代蓮会館の展望室である。高さは50m。入場料@400円である。

2010081407

到着後、さっそく展望室にエレベーターで昇る。お目当ての「田んぼアート」である。テーマは「のぼうの城」で、小説の映画化についての掲示がしてあった。下の写真には一部展望室内の様子がガラスに反射して写り込んでしまっているので悪しからず。

「田んぼアート」は随分と手間がかかっているように思う。稲の品種は3種類とか、過去の作品とかに関する掲示もあった。

2010081408 

出発である。今日は、生まれて初めてのゼリーフライを食べようと思ってやって来たのだが、幟旗があったので早速に寄ってみる。行田ゼリーフライキャラクターは「こぜにちゃん」、行田フライキャラクターは「フラべぇ」のようであるが、こちらは「フラべぇ」である。

2010081409

フライは食べたことがあるので、今回食べたのは焼きそば@300円とゼリーフライ@80円×2個である。この焼きそばは麺が太く、味が超濃かった。2日分の塩分を補給できたような気がした。当方が汗だくだったので濃い味付けで作ってくれたのだろう。ゼリーフライは確かにゼリーがフライになったものではなく、コロッケみたいなイメージで美味しく食べられた。 

2010081410

昼食も終わったので稲荷山古墳を目指して出発。稲荷山古墳である。前方部は昭和初期に土を採るために崩されていたとか・・・初めて知った。国宝の鉄剣を見るために博物館に向う。

2010081411

途中、蓮がキレイに咲いていたのでパチリ。古代蓮会館周辺の蓮はほぼ終了という感じだったがこちらはキレイである。

2010081412

さきたま史跡の博物館前に到着。埼玉県名発祥之碑があった。入館料@200円を支払って国宝「金錯銘鉄剣」を見る。発見から国宝に指定されるまでに、なぜ15年(一部の掲示から判断すると13年)もかかったのか・・・などと、近くにおられた職員の方に質問するとスラスラと答えが返ってきた。ふむふむと納得。

2010081413

お土産として、家族の反応を楽しみに「塩あんびん(餅)」@160円を購入。「いがまんじゅう」は売り切れだった。

帰路に着く。吉見総合運動公園近くでひまわりが満開だったのでパチリ。

2010081414

しかし、天気予報が外れて暑くならずに助かった。小雨がぱらついて、一時は雨宿りを考えたときもあったが、結局は走りきった。楽しい一日であった。

« 脚がつった | トップページ | 陸軍桶川飛行学校 »

コメント

田んぼアート、今年はのぼうさまなんですね。
映画の出来はどうでしょう。楽しみです。
塩あんびんのご家族の反応はいかがでした?

映画はキャストを見ると何となくイメージがわきます。
塩あんびんは・・・・・でしたね(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脚がつった | トップページ | 陸軍桶川飛行学校 »