« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月20日 (日)

堤防探訪

今日は、坂戸市周辺の、高麗川、越辺川、都幾川、そして葛川の堤防探訪に行ってきた。

昨年(もしかすると今年の冬かも)あたりから、坂戸市が堤防の天端舗装を行っているとの情報があり、ロードバイクで走れるのかと思い探訪してきた。

本日走行した、高麗川、越辺川、都幾川堤防の主な舗装区間は下の地図のとおり。(※ 利用に当たっては本記事及びルートラボのコメントを参照してください。)

まずは、坂戸市内の高麗川では最上流部の多和目橋である。冠水橋ではあるが、橋脚はコンクリートパイルみたいである。親柱には、昭和25年5月竣工と記してあった。写真では左側が上流で、左の建物は城西大学である。

2010062001_2

この辺りでは大きな変化はない・・・というか堤防がないので右岸を下流方向に走る。

西上武幹線の鉄塔工事が着々と進んでいた。2基同時進行で建設中である。当たり前の話なのかもしれないが、建ててから赤白塗装をするのではなくて、塗装してある資材を組み立てるみたいである。すでに赤白2基が建設中なので、新所沢変電所近くは赤白が何基も立つことになるのだろうか。

2010062002

東武越生線の西大家駅の脇を県立坂戸西高校方面に進む。それを過ぎると東京国際大学のグラウンドが新設されているがすごい規模であるので、かなりの投資金額だと思う。

そこを通り過ぎ、森戸橋を渡らずに右岸を下流へ。少し走ると吉原地蔵である。なんと、ペンキスプレーを吹きかけた罰(バチ)当たり者がいる。地域の人々が守り伝えた寛政以来の文化財に何てことするんだ!という憤りを感じる。

田圃の中の道を、高麗川に付かず離れず走ると、下の写真(上流方向を撮影)の位置に出た。ここを少し下流方向に走り、県道39号(川越坂戸毛呂山)線にかかる万年橋を、頭上に注意しながらくぐる。

2010062003

ついに新しい舗装路に出た。

2010062004

しばらく走ると葛川放水路の合流点が左岸側に見える。

2010062005

さらに堤防に沿って北東方向に進むと鶴舞団地西側で舗装路は終了し、団地内の道に入る。これから先に新しい舗装路はありそうもないので、若宮橋に向かう。団地のほぼ北西端から200mという感じだろうか。

これで、この周辺の冠水橋全制覇?である。若宮橋を対岸に渡る。

2010062006

下の写真は、若宮橋左岸から高麗川上流を見たところである。この舗装路も走ってみたが、先程の葛川放水路合流点で行き止まり。Uターン。

2010062007

左岸を下流に走る。関越自動車道をくぐる地点で行き止まり。MTBならなんでもない小道があるので、前方に見える間知ブロック積みの堤防の上を進めば関越自動車道の向こう側に出られる。ロードバイクでは押しであろう。また、草が刈ってない場合はNG。

2010062008

関越自動車道をくぐると、以降新しい舗装路が続き、県道39号(川越坂戸毛呂山)線にかかる高麗川大橋に到達する。ここまでの舗装は、国土交通省荒川上流河川事務所が行ったみたいであるが、舗装の不陸がひどかったのだろうか補修が目立つ。多分再生採石の路盤転圧が・・・という感じだろうか。

高麗川大橋を過ぎて、坂戸市サイクリング道路となり北坂戸橋まで舗装路で進むことができる。この区間では右岸側も坂戸市サイクリング道路の舗装路である。

北坂戸橋から先は見てのとおり。この先はダートなので右岸側へ渡る。

2010062009

しばらく走ると、高麗川、葛川の越辺川への合流地点に到着。道路元標みたいな形の石造物発見。「本法河川越邊川起点(正確には点の下側は『灬』ではなく『大』)」である。由来はわからないが、本法とは河川法を指すのだろうとは思う。すなわち、ここから下流は越邊(辺)川の右岸である。

2010062010

島田橋右岸の坂戸市サイクリング道路の起点(or 終点?)である。右側正面に見えるのが新たな舗装である。ここを進むと、県道74号(日高川島)線に架かる天神橋まで舗装路が続く。

2010062011

左岸側に九十九(つくも)川の合流点が見えた。

2010062012

天神橋が見えてきた。カエル君のお出迎えである。当方の知人に「自称カエル君ファン倶楽部の会長」さんがいて、新しいカエル君(及びウサギ君などの亜種)を見つけるとシャメが来るのであるが、これはシャメ対象外の在来種である。

2010062013

お腹がすいたので川島名物「すったて」を食べることにする。今まで食べたことのないお店を適当に走りながら探す。「吉庵(よしあん)」さんに到着。

2010062014

すったて@850円である。

2010062015

腹ごしらえも済んだので越辺川の天神橋に左岸に戻る。右岸も左岸も天神橋の下流はダートであった。なお、右岸には工事予定の看板があった。

ここ(写真は天神橋の上流から左岸下流方向を撮影)から越辺川左岸を上流に進む。

2010062016

左が越辺川に架かる赤尾落合橋、右が都幾川に架かる長楽落合橋である。つまり、ここからは都幾川の左岸を走ることになる。

2010062017

しばらく進んだ辺りに自動車乗入禁止の案内板があって、昭和46年5月12日付けの官報告示によって自動車の乗入が禁止されている旨の「公告」があった。

またまたしばらく進むとテトラポットのストックヤードがあった。堤防に万一の場合があった場合には、ここから資材が出発するのだろうと思う。「木流し」などではどうにも対応できないんだろうなぁと思う。

2010062018

都幾川左岸の舗装路は、国道407号線バイパスを立体交差で下を抜け、旧道の東松山橋左岸で終了である。先に進めないので右岸側に渡る。

2010062019

七転八倒四苦八苦。やっとのことで、国道407号線バイパスの下をボックスカルバートでくぐり、都幾川右岸の新しい舗装路に出た。

2010062020

良い気持ちで走っていくと、早俣橋を過ぎて右手に神社が見える辺りで、舗装路終了。路盤工もほぼ終了みたいだがその先は、草ヤブ状態なのでUターン。2010062021

その後、正代の運動施設周辺をウロウロするものの、ロードバイクでは歯が立たず、結局、九十九川の左岸を遠く離れて走り、国道407号線バイパスにでる。そこから南進し、高坂橋で越辺川左岸堤防に左折。しばらく軽快に走り島田橋のたもとを過ぎ、再びしばらく走ると行き止まり。九十九川の越辺川への合流点の手前である。Uターン。

2010062022

通行量の非常に多い国道407号線を越え上流へ。東武東上線の越辺川橋梁である。これは厳しいが、SPD-SLで担ぎも入れて鉄橋の下をくぐり線路向こうに進む。かなりの無茶である。

2010062023_2

上流に進む、樋の口橋までは順調に進むが、一応堤防の管理道路としては終了の感じである。樋の口橋を右岸側に渡り、北坂戸橋の左岸側から葛川水門を目指す。

樋の口橋の越辺川右岸側からにしても、北坂戸橋の高麗川左岸側からにしても、V字の頂点にある葛川水門へはロードバイクで行くものではないので念のため。ガラス片がチラホラ見える再生採石が相当に入っている道を押しで進んだ。

2010062024

ついに近づけたという感じである。水門1基の重さは20.7トンとのこと。すごい。

2010062025

これにて、坂戸市周辺の堤防探訪は終了である。越辺川右岸の樋の口橋より上流は、前回走ったときは、石今橋を越えて、例の桜の公園を越えた辺りで舗装終了であったので、記事への記載は省略である。

つまるところ、荒川方面から来て、堤防づたいにロードバイクで進んでくることは現状では不可能というか困難。坂戸市周辺においても、河川や橋梁で細切れ状態のため、特殊な目的以外ではちょっと・・・・・・という感じである。まあ、坂戸サイクリング道路の延長的な効果は確かにあると思うけど。

本日最大の収穫は、越辺川右岸堤防上を島田橋から天神橋までロードバイクで走れることが確認できたことだろうか。

2010年6月12日 (土)

今日は今日として

今日の目的地は、森林管理道金山志賀坂線(延長14,429m)の八丁峠である。

早朝起床。出発準備完了。ふとポラールを見ると午前4時44分44秒であった。これだけ同じ数字が並ぶのは吉兆のような気がした。愛車に積み込んだのはロードバイクである。

昨年(2009年)秋に たけきよさんのブログ に、ぜひ行ってみたいとコメントを書き込ませていただいた林道(峠)である。冬場は無理な所なので暖かくなったら行こうと思い続けていたのだが、いつしか梅雨入り目前まで来てしまった。良い天候が期待できるのは、しばらくないかも知れないし、そして都合を考えても今日が行く日である。ルートはたけきよさんと逆周りと決めた。

車をデポして走り出す。小鹿野町役場両神庁舎の広い公共施設群周辺を一回りして道路元標を探すが見つからず。下調べをしてこないと効率が悪いのだが、事前調査なしに道路元標に出会うのも楽しいものである。

2010061201

東京電力新秩父開閉所に到着。十石峠や赤久縄山方面から高圧送電線が集まってくる施設である。

2010061202

後刻、なぜかもう一度訪れてしまうことになるのである。(下の写真は後刻撮影したものである。)

2010061203

おなじみの安曇幹線の鉄塔(第251号)である。

2010061204

特定外来生物のオオキンケイギクである。露地植えは良く見るが鉢植えは初めて見た。花がきれいなので雑草扱いされないことが多いようであるが、繁殖力が強力のようなので数年後にはすごいことになっていそうな気がする。

2010061205

いつもの坂本橋で一休み。志賀坂峠まで5キロである。4分の休憩で「即効元気」を飲む。気温は24度であった。

2010061206

志賀坂峠に向かう途中の定番の撮影ポイントにて。峠(トンネル入口)までの残りの距離は1.5キロぐらいのものである。勾配も最初の頃に比べれば、これ以降かなり緩んでいるはずである。

2010061207

ここを出発してしばらく走っているとリアディレーラーの調子が悪い。うまく変速できず、勝手にギアの位置が落ちたりしてしまう。恐らくワイヤーが伸びたのかなぁと思ってアジャスターを調整をする。それをキッカケに、リアがトップの位置から動かなくなってしまった・・・・orz

とりあえずスタンディング三昧で志賀坂峠(金山志賀坂線の終点)に到着。

2010061208

広くなっている所であれこれ直そうとするが直らない。苦節30分で諦めて出発。ファイナルローが30×12T(ギア比2.5)ということになってしまった。ギア比からいうと、39×15.6T、50×20Tに相当する。かなり重い。

しばらく(約800mくらい)進み、安曇幹線の架線の下で道が広くなっていたので停車。立ちゴケしそうであった。サポートカーでもいれば・・・などいうことはあり得ないので、ということで、下の写真は「Uターンをしようかと考えながら佇むの図」である。

2010061209

帰りにCHMに持ち込んでから分かったことではあったが、単にシフトワイヤーがコントロールレバーから外れただけで、結果的には老眼鏡があればどうにかはなった事柄であった。しかし、シフトワイヤーが外れたということは、目一杯ワイヤーが緩んでいた、いやシフトレバーの操作によって結果として緩ませたところで意図せず外れたということで珍しいケースのようではある。まぁ、その時点では理屈は分からず、諦めてやむなく下ることにした。

しばらく走って道路元標を発見。三田川村道路元標である。当方には事前の知識が全くなかったので嬉しかった。

2010061210

下る途中の国道右側の旧道沿いにあるこちらの建物の雰囲気から、何となく道路元標がありそうな気がしたのである。建物は旧三田川村役場である。良い風情の洋館づくりである。

2010061211

さらに下る。「埼玉の砂防 発祥の地」の碑があった。「あれぇ~っ? 白石峠手前の七重川砂防堰堤群と、どっちが本家なんだぁ~? こっちは元祖か?」とか思う。帰宅後調べてみたが、どちらも仲良く本家のようであった。

2010061212

ということでデポ地に帰着。走行距離は46.2キロ、獲得標高は585mであった。

しかし、いくら何でも達成感がなさ過ぎるし、折角の時間を費やして来たので諦めきれず、車に乗って速攻リベンジである。

道中は30×27Tが欲しいような傾斜であった。特に九十九折の部分がすごい感じである。全体的には落石の多さと路面の凸凹が目立つ道である。30×12Tで上るなどは全く不可能な林道であった。Uターンして正解だったと思った。

八丁峠北側の下をくぐる八丁トンネル(延長は886m)である。入口近くには駐車場があり、17台の車が駐車しており、ほぼ満車という感じだった。八丁峠を通る両神山登山口とその案内板があった。きっと山登りをされている方々の車なのだと思う。

2010061213

八丁トンネルを抜けしばらく走ると、反対側の旧大滝村側の両神山登山口である。こちらの道も八丁峠を経由して両神山に続く道である。初心者は入山しない方が良いと受けとれる注意書きがあった。こちらの登山口にも沢沿いに何台かの車がとまっていた。

2010061214

しばらく走ると、なぜかジャスミン茶のような香りがしてきた。近くの花といえば、これだろうか? クンクンしてみたが・・・良くわからなかった。

2010061215

金山志賀坂線の起点に到着。森林管理道金山志賀坂線を走りきったことにはなったが、ロードバイクを積んだ車なので、どうにも不完全燃焼である。まっ、下見ということで納得しようと思う。

2010061216

株式会社ニッチツの秩父事業所(鉱山)脇を通過する。

2010061217

雁掛トンネルである。ヘッドライトを点けて・・・フラッシュを使って撮影。確かに暗いトンネルである。

2010061218_2

今度は下の写真の林道を走ってみたいと思う。森林管理道上野大滝線である。群馬県上野村側も林道起点までは行ったことがあるのだが、足を踏み入れたことはない。走るならパスハンターかMTBだと思う。

2010061219

中津川出合の氷の滝の位置である。前回来たときは冬の世界の氷の滝であったのだが、自然の復元力と言うか、リズムというか、見えざる力のすごさを思う。

2010061220

国道140号線を走り、滝沢ダムの脇を抜け、ループ橋を下り、大滝、荒川と抜け、秩父市内の豚みそ丼の看板が新しくなったのを横目に見ながら、横瀬町に入る。最後の1枚。横瀬村道路元標である。

2010061221

さすがに振り返ってみると、今日は今日として・・・という日であった。

修理のためCHMに直行する。またまた店長の「魔法の手」が、工具も使わずに・・・あっと言う間に直してしまった・・・orz
確かにそうなのかも知れないが、「僕もこういうの初めて見ました・・・」とかフォローしていただいたんではあるが・・・。

メカのことを知らな過ぎると反省しているの図である ⇒ il||li ○| ̄|_ il||li

※ この記事は、2010(平成22)年6月14日に大幅に手直しさせていただきました。

2010年6月 5日 (土)

天空を彩るポピー 2010

2010060501

今日は久々に自転車に乗れた。とは言え、午後から仕事があるので早朝に出発。目的地は埼玉県営の秩父高原牧場で、自転車はロードバイクである。

この所、日常の生活で明らかに時間が足りない。まぁ、時間が足りないのは誰しも同じで、そんなことを今更ここに書いても始まらないのは、書いている本人も、読まれている皆様も重々承知のこと。ということで、さぁ、探訪記事を書き始めようtaurus

昨年・一昨年と、6月の第1土曜日は、3UPのTDNを早暁にお見送りしていたのだが、諸般の事情により今年はできなかった。きっと順調に日本海に到着したことと思う。

さて本題である。小川町から東秩父村を目指す。朝靄(もや)というか朝霧というかである。矢岸歩道橋のたもとから笠山方面を見た景色である。雨が降っていそうな感じがしなくもない。

2010060502

東秩父村に入る。田植え前の水田に、御堂笠山線の辺りの山々の景色が写っている。西上武幹線の鉄塔の大きさが際立っている。

2010060503

落合を左折し、県道361号(三沢坂本)線に入る。上り始めるが、埼玉方言で言えば、空気がしとっぽく、かつ冷たいので身体が温まらない。

2010060504

右折してしばらく、約550m程の区間は急坂が続く。計測の結果、平均勾配は10.0%であった。ヒーコラ登って、JAの売店前に到着。県道11号(熊谷小川秩父)線との分岐から、4.0キロ、上り365m、平均勾配9.2%、所要時間36分16秒、到着時の気温16度である。東松山市方面の眺望を期待して登ってきたのだが、ガスっていて何も見えない。朝早いので売店も開いていないので即Uターンして牧道に入る。

2010060505

「天空を彩るポピー」に到着である。先日、NHKのニュースでも紹介していたので、朝早くにもかかわらず、車が非常に多い。ナンバーを見ると茨城県以外の関東地方のナンバーは全部あった。蓑山は霞んでいる。

しかし、今年は開花が遅い。ポピーまつりが終わってから満開になったそうで、思いどおりにはならないものである。やむを得ないことではあるが、例年より、咲きそろっていない印象がある。

2010060506

東の方が、どうにか見えてきた。採石場の上に、御堂笠山線の最高標高のあたりがうっすら見える。

2010060507

文部省唱歌に「牧場の朝」という曲がある。懐かしい歌声を、ふと思い出した。

ところで、時節柄、牛たちは大丈夫なのだろうかとか心配になる。駐車場整理をしていた方に話を聞いてみたが、心配はないとのことで、現時点での全国的な応援体制などについてもお話をうかがえた。一刻も早い終息を祈るのみである。

2010060508 

ビュワーンと下る。寒かった。東秩父村立西小学校脇の旧槻川村道路元標である。

2010060509 

東秩父村の前澤屋に寄る。生クリーム大福@120円を購入。「じゃが芋の花」と同様で冷凍されているので、すぐには食べられない。そこで、酒まんじゅう@100円をぱくつく。お茶もいただけて美味しかった。

2010060510

更に下る。大切に育てられているオオキンケイギク(特定外来生物)である。。。

2010060511

アザミ(正確にはノアザミ)である。子どもの頃は、いくらでも生えていたが、この頃、見かける機会が激減しているような気がする。

2010060512

松郷峠を越えて西平交差点から田中方向に走る。西上武幹線の鉄塔工事が着実に進んでいる。鎌北湖の辺りでは、諸般の事情?により完全ストップになっているが、そろそろ工事が再開されるらしい。

それにしても高い鉄塔である。

2010060513

旧明覚村道路元標である。

2010060514

旧玉川村道路元標である。ときがわ町は道路元標を大切にしている。

2010060515

ときがわ町役場近くのショーブ園に寄ってみる。焼きソバ@300円食べる。美味しかった。しかし、見頃はいつなんだろうと思う。気合の入った木道にショーブで勝負している感じが伝わってくる。

2010060516

3UP周回コースに入る。まさに麦秋である。

2010060517

これにて、本日の探訪終了である。

※ 冒頭の写真の、牛を囲む円は、自転車のリムである。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »