« 七曲り峠 | トップページ | 今日は今日として »

2010年6月 5日 (土)

天空を彩るポピー 2010

2010060501

今日は久々に自転車に乗れた。とは言え、午後から仕事があるので早朝に出発。目的地は埼玉県営の秩父高原牧場で、自転車はロードバイクである。

この所、日常の生活で明らかに時間が足りない。まぁ、時間が足りないのは誰しも同じで、そんなことを今更ここに書いても始まらないのは、書いている本人も、読まれている皆様も重々承知のこと。ということで、さぁ、探訪記事を書き始めようtaurus

昨年・一昨年と、6月の第1土曜日は、3UPのTDNを早暁にお見送りしていたのだが、諸般の事情により今年はできなかった。きっと順調に日本海に到着したことと思う。

さて本題である。小川町から東秩父村を目指す。朝靄(もや)というか朝霧というかである。矢岸歩道橋のたもとから笠山方面を見た景色である。雨が降っていそうな感じがしなくもない。

2010060502

東秩父村に入る。田植え前の水田に、御堂笠山線の辺りの山々の景色が写っている。西上武幹線の鉄塔の大きさが際立っている。

2010060503

落合を左折し、県道361号(三沢坂本)線に入る。上り始めるが、埼玉方言で言えば、空気がしとっぽく、かつ冷たいので身体が温まらない。

2010060504

右折してしばらく、約550m程の区間は急坂が続く。計測の結果、平均勾配は10.0%であった。ヒーコラ登って、JAの売店前に到着。県道11号(熊谷小川秩父)線との分岐から、4.0キロ、上り365m、平均勾配9.2%、所要時間36分16秒、到着時の気温16度である。東松山市方面の眺望を期待して登ってきたのだが、ガスっていて何も見えない。朝早いので売店も開いていないので即Uターンして牧道に入る。

2010060505

「天空を彩るポピー」に到着である。先日、NHKのニュースでも紹介していたので、朝早くにもかかわらず、車が非常に多い。ナンバーを見ると茨城県以外の関東地方のナンバーは全部あった。蓑山は霞んでいる。

しかし、今年は開花が遅い。ポピーまつりが終わってから満開になったそうで、思いどおりにはならないものである。やむを得ないことではあるが、例年より、咲きそろっていない印象がある。

2010060506

東の方が、どうにか見えてきた。採石場の上に、御堂笠山線の最高標高のあたりがうっすら見える。

2010060507

文部省唱歌に「牧場の朝」という曲がある。懐かしい歌声を、ふと思い出した。

ところで、時節柄、牛たちは大丈夫なのだろうかとか心配になる。駐車場整理をしていた方に話を聞いてみたが、心配はないとのことで、現時点での全国的な応援体制などについてもお話をうかがえた。一刻も早い終息を祈るのみである。

2010060508 

ビュワーンと下る。寒かった。東秩父村立西小学校脇の旧槻川村道路元標である。

2010060509 

東秩父村の前澤屋に寄る。生クリーム大福@120円を購入。「じゃが芋の花」と同様で冷凍されているので、すぐには食べられない。そこで、酒まんじゅう@100円をぱくつく。お茶もいただけて美味しかった。

2010060510

更に下る。大切に育てられているオオキンケイギク(特定外来生物)である。。。

2010060511

アザミ(正確にはノアザミ)である。子どもの頃は、いくらでも生えていたが、この頃、見かける機会が激減しているような気がする。

2010060512

松郷峠を越えて西平交差点から田中方向に走る。西上武幹線の鉄塔工事が着実に進んでいる。鎌北湖の辺りでは、諸般の事情?により完全ストップになっているが、そろそろ工事が再開されるらしい。

それにしても高い鉄塔である。

2010060513

旧明覚村道路元標である。

2010060514

旧玉川村道路元標である。ときがわ町は道路元標を大切にしている。

2010060515

ときがわ町役場近くのショーブ園に寄ってみる。焼きソバ@300円食べる。美味しかった。しかし、見頃はいつなんだろうと思う。気合の入った木道にショーブで勝負している感じが伝わってくる。

2010060516

3UP周回コースに入る。まさに麦秋である。

2010060517

これにて、本日の探訪終了である。

※ 冒頭の写真の、牛を囲む円は、自転車のリムである。

« 七曲り峠 | トップページ | 今日は今日として »

コメント

今日、ポピー畑に行ってみました。
ポピーの写真はやはりこうでなくてはいけませんね。
私は疲れるので畑まで降りませんでした。coldsweats01
道路元標ですが、私は道路元標の実物を先日、小川町役場の入り口で初めて見ましたが、そこも大切にされてるようでした。


早起きして行っても、すごい車と人出みたいですね。確かに上から眺めると、激坂に加え人の多さが目に入ってしまい下りるのを躊躇しました。
小川町の道路元標は移転保存のようです。お住まいの街ではいかがでしょう?

今日の帰り道、ショーブ園の見頃は今頃だったはずと寄り道も考えたのですが、
お写真の状態は寂しいですね。
今年の花関係は春先の気候に影響されている場所が多いですし、こちらもそうなんでしょうかねぇ・・・

木道の塗装も新しく雑草も見えませんし・・・地元の熱意は伝わるのですが・・・確かに天候の影響が大きいのかもです。
ときがわの皆さ~~ん、来年も見にいきますよぉ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 七曲り峠 | トップページ | 今日は今日として »