« 天測点・子午線標 | トップページ | 天空を彩るポピー 2010 »

2010年5月22日 (土)

七曲り峠

今日は朝からの仕事を済ませてお昼近くにロードバイクで出発。まずは高坂を目指す。

都幾川に架かる高野橋からピオニウォーク東松山を見る。遠景は物見山方面。埼玉平和資料館や大東文化大学の建物がうっすら見える。

2010052201

吉見町役場に到着。どこに行っても役場を見かけると道路元標はないかと一回りしてみるようにしているが、やはり新しそうな庁舎でもあり見つからなかった。

経緯度標(吉見町公共測量基準点)があった。後ろの建物は吉見町役場であるが、建物の表示は「吉見庁舎」であった。珍しい。

2010052202

さらに北進。きーじぇいさんの「散策風土記」を参考にm(__)mさせていただいた「名代四方吉(よもきち)うどん」で昼食にする。「フレサよしみ」という大きな建物を目標にすれば否応なく到着できる場所にある。

2010052203

中に入ると非常に混んでいたが座れた。店員さんの元気な声が響いている。肉玉うどん@700円を注文。

2010052204

うどん自体の見た目は鬼のうどんか?という程太い。固そうなイメージがあるが柔らかいので良かった。盛の量が伝わらないのが残念であるが、通常ではとても並盛とは思えない量である。当方の感覚では6割くらい食べた時点で満腹感が訪れ始める。その後は、別腹を探しながらゆっくり食べる感じである。サイドメニューとして、きんぴら@250円などがある。これも食べてみたが美味しかった。味、量、価格から考えればお客さんが大勢いるのがうなづけるお店であった。

自転車のレストア工房の辺りを走って吉見百穴を目指す。入場料@300円は支払わず外から見学。まっ・・・何度となく見学させていただいた経験があるので・・・(^^

2010052205

お山を目指す。東松山市と嵐山町境の都幾川に架かる月田橋から上流方面を見る。バーベキューなどの車がいっぱいである。

2010052206

ときがわ町に入り高篠峠を目指して進む。今年は当方のブログに初登場のシャガである。

2010052207

白石峠TTスタート地点を直進し3.3キロ、上り184m、所要時間28分3秒で森林管理道大野峠線の起点に到着。

2010052208

ヒーコラ登る。3.9キロ、上り304m、所要時間33分45秒で高篠峠に到着。「高篠峠」は高篠・定峰集落側から見れば「大野峠」であり、林道大野峠線の竣工記念碑の存在もうなづける。

2010052209

案内板は、以前に来たときはホコリやコケなどで汚れていたのだがキレイに掃除されていた。良く見るとグリーンライン上に「七曲り峠」の表示があった。以前から、書物の上では七曲り峠の存在には気付いていたので、今日は、その場所を特定するために上って来たのである。

高校生15人ぐらいのMTBやクロスバイクの集団を抜く。まじめにかつ楽しそうに走っていた。

七曲り峠に到着である。

2010052210

位置は、以前の予測どおりで奥武蔵支線のグリーンラインへの合流点から大野峠側に315mの地点である。この峠については記事末の参考文献を参照していただきたい。

刈場坂峠、高山不動と進み、猿岩線を下る。フジがキレイだった。

2010052211

しかし、今日は昨日ほどではないにしろ暑かった。水分は1.5リットルぐらい飲んでいる。

---------- 参考文献の引用開始

「都幾川村史民俗編」 秩父への道(169頁)
秩父や横瀬に通ずる道もまた峠越えだった。秩父の町はこのあたりでは一番大きかったが、買い物に行くには遠すぎる距離にあり、秩父に行くといえば十二月の夜祭りのことが多かった。大野と椚平が秩父郡に属していたころには、役場職員やいろいろな役員が会議などで秩父に出る用事もあり、そのときにも近道である峠越えの道が使われていた。(中略)椚平から秩父に行くには、ぶな峠から尾根づたいに西に向かい、大野峠の手前から七曲りという道を下って赤谷に出たのち、横瀬川沿いに秩父に行くのが一般的だった。(後略)

----------

「増補ものがたり奥武蔵 伝説探訪二人旅」(神山弘・新井良輔共著・1984年・金曜堂出版部)

刈場坂峠を過ぎて、右手に舟ガ沢の都幾川源流を見下ろす地点から反対側の芦ガ久保の谷に下りるのが、越生から秩父を結ぶ秩父街道でした。

----------(2010(平成22)年8月6日追記)

「奥武蔵山と渓のハイキング」(小林玻璃三等・1939年・博山房)

(刈場坂峠の)ヒュッテを辞して、左に虚空蔵峠・正丸峠への径を分ち、暫らく行くと、今度は七曲りを経て仲井(ママ)への径が同じく左手に現はれる。俚称アガリッキリである。この辺から地図(秩父)では尾根の東側を捲く径が、事実は西側を通ってゐる。刈場岳(日蔭ハグレ、八八〇米)を過ぎれば、前面は陣場ヶ平(でら)の旧牧場で(以下略)

---------- 参考文献の引用終了

以上3つの文献から、この位置が秩父街道上の七曲り峠であることが分かる。ぶな峠から来た稜線上のメインルートが秩父の谷に下り始める地点であったということである。なお、花立松ノ峠の附近にも「七曲」があるようであるが、こちらの探訪は後日。

※ この記事の写真は、都合により、すべてオリンパスμ750で撮影しました。

« 天測点・子午線標 | トップページ | 天空を彩るポピー 2010 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天測点・子午線標 | トップページ | 天空を彩るポピー 2010 »