« 桜 | トップページ | 下里分校の桜 »

2010年4月 6日 (火)

法善寺の桜

今日の午後は時間がとれたので、法善寺に向けてロードバイクで出発。法善寺といっても、もちろん大阪市ではなく秩父の長瀞であるが、何せ時間がないので、加えて非常に暖かい(ポラールの温度計では26度もあった)ので全力疾走である。久々に、骨盤を立てて、ケイデンスを保って、脚を大きく回して、肘を開かずに・・・などと唱えながら走った。非常に疲れた。

まずは、小川町の「長昌寺」を目指す。ある方のブログに紹介されていたので枝垂桜を見るべく進む。事前調査では・・・この辺りと思うが・・・枝垂桜がない・・・orz 散歩していた御同輩に聞いてみたが枝垂桜は知らないという・・・あきらめる。

ウロウロしている途中、埼玉県指定史跡の穴八幡古墳があった。古墳が神社になっているというイメージであろうか。穴八幡というと新宿区の早稲田大学近くのものが有名であるが、説明板を読むと、こちらの穴八幡は新宿区の穴八幡とは関係はなさそうであるが、江戸との関わりはあったようである。古墳自体の八幡様とは別に、古墳の北側には大きな八幡神社があった。
古墳の説明板によると、この古墳は古墳時代後期のもので埼玉県内最大級の方墳とのことである。石室は緑泥片岩で、桜のきれいな分校のある小川町下里の産である。古墳時代に、このような大きな石を、どのようにして運んだのだろうと思う。

埼玉県西部の板碑(青石塔婆)の石材は下里の緑泥片岩が圧倒的に多いとの話を聞いたことを思い出した。

古墳は文化財としてはもちろん、古(いにしえ)の人の墓であるのだから心の面でも大切にしたいと思う。

2010040601

なお、枝垂桜が見つからなかったのは、所在地は同じ小川町なのであるが、お寺の名前が「東昌寺」であったからである・・・・・・うっかりである・・・・・・orz

寄居を目指して進む。林道梨ノ木線を走る。小川町側からは起点からピークまで505m、上り34m、所要時間2分46秒、寄居町側からは起点からピークまで440m、上り27m、所要時間2分52秒であった。(タイムはいずれも上り。)

八高線沿いを走り、折原小学校の脇を抜け西に進む。日清戦争と日露戦争の戦捷紀念之碑があった。乃木希典の書である。「戦捷」という用字は知らなかった。

2010040602

織姫まんじゅうの「ちゃがま」に到着。前から存在は知っていたが初めて立ち寄ってみた。いろいろとあったが、くるみ、みかん、チョコバナナのまんじゅう@各100円を購入。BentoBoxに入れて補給食とする。いずれも美味しかったが、特にくるみが美味しかった。

2010040603

ちゃがま北側の八高線の荒川を渡る橋梁である。良い風情である。

2010040604

ちょっと寄り道。遠景は寄居市街である。菜の花の匂いが非常に強力だった。

2010040605

金尾峠を越えて秩父側を見る。山の斜面に点々と山桜がみえる。

2010040606

道光寺の枝垂桜である。向かいには「長瀞かたくりの郷」があったが、入園料380円に加え、山道を歩くようなのでSPD-SLでは無理と判断しあきらめる。

2010040607

県道82号(長瀞玉淀自然公園)線沿いにあった大手桜である。エドヒガンで樹齢は200年とのこと。ちょっと盛りを過ぎた感じである。

2010040608

目的地である法善寺の枝垂桜である。平日の午後とはいえ観光客と写真撮影の方が多い。また、デイサービス等のお出かけレクなのか、お花見に来ている高齢者の方が多かった。人が写らないように写真を撮るのは不可能な時間帯であった。

樹齢は、案内板の記載から計算すると約80年。奥には110年程度のものがあるようである。

2010040609

走りながら見つけたカタクリである。

2010040610

県道201号(岩田樋口停車場)線で荒川対岸に渡る。

国指定史跡「野上下郷石塔婆」である。説明板によると高さは約5m、幅は約1mで、現存するものでは日本最大の青石塔婆である。建立は南北朝時代の1369(應安2)年である。

2010040611

帰路につく。国道140号線を走るのは道が狭くて、車が多いので恐いが走る。

裏道に入り、再び八高線沿いを走る。真新しい「五穀豊穣 風雨順時 榛名神社御祈祷御札」があった。きっと代参によって頂いてきた御札を地域の方々が要所に立てているのだと思う。

2010040612

八高線竹沢駅付近の県道30号(飯能寄居)線沿いの桜。

2010040613

下の写真の仏様は物理的に近寄りがたい場所にあるので近づけない。文字を読むことができず詳細は分からない。三面六臂で持物は斧などである。要調査である。

2010040614

この後、暗くなってしまい前後に灯りをつける。しかし、久々に探訪モードではあったが、心拍を上げて、脚を大きく回して、まじめに走ったので、非常に疲れた。

« 桜 | トップページ | 下里分校の桜 »

コメント

一瞬。え、誰のブログって思っちゃいました
イメージチエンジですか

そのうち、ちょっとした節目も迎えますんで気分転換っす
外見が変っても、明らかに中身は変らないんで、ちょっと馴染まないかも・・・です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜 | トップページ | 下里分校の桜 »