« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

芝桜

今日はロードバイクに乗って秩父羊山公園の芝桜を見に行ってきた。そうは言っても時間がないので、午前中で帰宅する予定で早朝にスタートである。

コースは、越生五大尊のツツジ ⇒ 自然休養村 ⇒ 梅本線 ⇒ 飯盛峠 ⇒ 大野峠 ⇒ 横瀬 ⇒ 羊山公園の芝桜 ⇒ 正丸峠 ⇒ 高麗 である。

霧の中をスタートする。越生に到着。五大尊にツツジを見に寄ってみる。ガスっている。例年に比べ明らかに開花が遅く、まだ早い感じである。

2010042901

黒山方面に左折。越生梅林脇に到着。遠くの山が見えない。

2010042902

「梅の里おごせサイクリスト休憩所」の関係で自然休養村センターにも変化があるような情報もあったので寄ってみる。バイクラックが置いてあった。

2010042903

龍穏寺入口を右折する。龍ヶ谷大橋から下流側を見た写真である。越生サイクリングMAPの龍ヶ谷ヒルクライムコースの道である。写っている道を右に進むと激坂が待っている。

2010042904

梅本線を登る。ダートが終わってしばらくした所に「秩父街道」の倒れた古い道標があった。今日は、古の秩父街道に近い道を走って秩父に行こうと考えてルートを選んで来たのである。

2010042905

たんたんと登っていく。墨絵ぼかしの良い風情となってきた。しかし、この季節の外秩父の魅力は、日々変化する山桜と新緑の織り成すパステルカラーの美しさだと思う。

2010042906

奥武蔵グリーンラインに合流する。梅本線起点から4.8キロ、獲得標高427m、所要時間41分25秒であった。飯盛峠(いいもりとうげ)を経て、檥(ぶな:木偏に義)峠に到着。いろいろな書物を確認してみると、この峠は古の外秩父では最も重要な峠の一つだということが分かった。

2010042907

峠にある道標の写真である。この道標は1774年(安永3)年のものであり、四方に「此方 子のごんげん江、此方 志こうしみち、此方 たか山ふとう江、此方 ちゝぶ一ばん目江」と彫られており、この峠が子の権現、慈光寺、高山不動尊に加えて、秩父札所も含めた、信仰の道の交差点であったことが分かる。(参考文献:都幾川村史民俗編171頁)

2010042908

大野峠に到着。大野峠を少し高篠峠側に下った地点に、写真のような「苅場坂峠」を示す案内標識があることを確認した。これで確認した「苅場坂峠」の案内標識は2つ目となった。

2010042909

丸山林道を下る。途中、丸山林道を離れ芦ヶ久保・横瀬方面に左折し、少し進んでから横瀬町方面に右折して下る。横瀬町の図書館脇で国道299号線に合流した。

ガードマンの姿が目立つ中、羊山公園を目指す。「車両進入禁止」との看板があったが自転車は通してくれた。カラーコーンとコーンバーで通常の車道を歩道と車道に分離し、加えて一方通行にして管理している。かなり工夫してあり、かつ強力である。

入園料300円を支払って、少しの時間だけ見学。綺麗である。

2010042910

しかし、当方もその1人なのではあるが開園から1時間も経っていないのに人がかなり多い。加えて、入園料を支払った所から外へ出ようとすると「お土産&食べ物コーナー」の方へ誘導される。自転車のところへ戻り、歩行者と車が共用する部分でガードマンから自転車から降りて押すように指示される。まっ、これだけの人出を事故なく誘導し、気持ちよく見学してもらって、秩父の産物をお土産にしていただくには当然の対応なのだろうと思う。

国道299号線に出たところで3UPの100キロツーリングの皆さんをお見かけする。

正丸峠を目指す。途中で某ブロガーさんとすれ違う。

だんだんに雨を感じるようになる。正丸トンネル横瀬側入口の「入山分校跡」あたりで雨足が強くなる。3UPウインドブレーカーを着る。ちょっと天気予報より降り出しが早い。正丸峠に到着。正丸トンネル入口交差点から5.4キロ、獲得標高203m、所要時間28分11秒であった。

2010042911

一気に下る。雨が強くなってくる。正丸駅前で一休みするが止みそうにないので出発。東吾野附近で雨が止んだが、ヘルメットからシューズまで、かなりイイ男になってしまった。

寒いので、ガシガシ回してお昼前に帰宅する。本日の獲得標高は1,500mを超えた。トレイルランナーの多さが印象的だった。

2010年4月24日 (土)

秩父街道

※ この記事は「刈場坂(苅場坂)峠その3」の一部を元に新たな記事としたものです。(2010(平成22)年7月18日作成。)

今日は「秩父街道」をロードバイクで走ってきた。

秩父街道は、越生町の黒山附近から奥武蔵の稜線に登り、檥(ぶな)峠、刈場坂峠、七曲峠(あるいは大野峠)から秩父を目指す街道である。

まずは越生を目指す。しばらくぶりに越生町役場前を通った気がするが、「越生町観光センター」の様子が随分変わって、自転車シフトになっていた。

手作りではない金をかけた看板には「梅の里おごせサイクリスト休憩所」と書いてあり、写真のように自転車も置けるようなっているし、トイレも使えるようである。そして窓の内側には地図が貼ってあるのだが、これが面白い。「クライマー必見!! サイクリングMAPあります!!」と書いてあって、地図にはヒルクライムコースや周回コースが載っている。(3UPとは書いてはないが)3UPの周回コースまで載っていた。クライマーのサイクリストが関与しなければ、絶対にできない地図だと思う。

2010042401

龍ヶ谷(たつがや)ヒルクライムコース4.1kmというのがあったので走ってみることにした。スタート地点はここ。あじさい街道の水道施設のあるY字路を左に進む。

2010042402

たんたんと前39Tで楽勝に上って行く。さすがにちょっと苦しくなってくる。石燈籠のある地点(Y字路から1.16キロ、上り86m)に到着。ここを左へ進む。少し平坦になるが、やがて道幅も狭まって傾斜も増して・・・「いよいよか」と思うとすぐに終わってしまって「山猫軒」前を通過。コンクリート舗装になって今度は本格的な上りである。ちょっとヒルクラ気分を味わって峠に到着。スタート地点のY字路から1.9キロ、獲得標高138m、所要時間14分13秒であった。初めて走ったルートであったが面白かった。「山猫軒」の看板さえ見ていればコースを外れることはなさそうである。

峠(下の写真)の向こう側はチョビッと激坂である。距離は長くないがコンクリート舗装が続く。それが終わると龍穏寺下の龍ヶ谷大橋左岸側に出る。そこを左折し、残りは下りで県道に出る。スタート地点のY字路から4.1キロである。

2010042403

今度は久々に猿岩線を上る。新緑がキレイであった。花立松峠に出て右折。高山不動尊の入口に到着。本日撮りたいと思っていた1枚である。数少ない「苅場坂峠」の道路標識である。(2010(平成22)年4月29日追記:大野峠から高篠峠方面へ少し下った地点に「苅場坂峠」と記された道路標識がある。)

2010042404

関八州見晴台に登ってみる。春霞ではあるものの気分良い眺望であった。SPD-SLでの本格的山登りは初めてである。とにかく上りはアキレス腱が伸びっぱなしでつらい。下りは滑るの一言である。そして、舗装路に下りてから、棒切れを使ってのクリート大掃除であった。

2010042405

檥(ぶな : 木偏に義)峠に到着。古い道標(茶色の小さいもの)を撮ったものである。

2010042406

奥武蔵支線のグリーンラインへの合流点に到着。グリーンラインは稜線からときがわ町側にかなり下がった位置を走っているため、芦ヶ久保に続く沢の様子を見ることはできなかった。ここで写真を撮ってUターンである。

※ 2010(平成22)年5月27日追記:「芦ガ久保に続く沢の様子」の位置については、このブログの記事 七曲り峠 を参照してください。

新芽の色がきれいなので写真を撮ろうとすると色が薄い感じがした。ガッ~~ンshock今までの写真がすべて露出オーバーであったことに気付く。「にんにくラー油」が原因である。そして、サングラスをかけたまま写真を撮ってはいけない・・・・・・orz

2010042407

「刈場坂峠」に戻り、「苅場坂線」を終点から下り帰路に着く。

途中、以前から眼にとまっていたストーブ屋さん(あさみ鉄工 吾野バイパス沿い 吾野駅徒歩5分)に寄ってみた。イノシシやカエルもいる調理兼用の薪ストーブである。

2010042414

いつか、薪を燃やすスローな生活がしたいなぁなどと思う。

2010年4月18日 (日)

和田峠

今日は、激坂で有名な和田峠に行ってきた。一昨日・昨日の雪でどうしようかと迷ったが、長らく行ってみたかった峠でもあるので、ダメもとで行ってみることにした。

コースは、青梅市内を起点として、 梅ヶ谷峠 ⇒ 武蔵増戸 ⇒ 戸沢峠 ⇒ 川原宿 ⇒ 和田峠 ⇒ 旧甲州裏街道 ⇒ 棡原 ⇒ 甲武トンネル ⇒ 五日市 ⇒ 梅ヶ谷峠 である。

まずは、青梅鉄道公園を目指す。新幹線である。なかなか綺麗に磨かれている。

2010041801

次に梅ヶ谷峠である。以前、多摩川右岸の峠道をすべて走ろうとして、二ツ塚峠、鋸山林道(大ダワ)、風張林道、奥多摩周遊道路、鶴峠、松姫峠、今川峠、犬切峠、そして柳沢峠と走ったが、なぜか存在に気付かずに梅ヶ谷峠だけ走っていなかったのである。ということで挑戦。

梅ヶ谷峠に到着。麓の道の分岐から1.6キロ、上り111m、平均勾配6.9%、所要時間9分30秒であった。ちょっと普通の写真とは違うのであるが、左の標識が都道238号(大久野青梅)線、右が都道251号(青梅日の出)線の標識である。この峠道は重複認定されているのは確かだが、標識の「0」が何を示すのかは不明である。青梅市と日の出町の境界だから「0」なのか・・・? 少なくとも、両路線とも起点はこの梅ヶ谷峠でないのは確かである。

2010041802

日の出町に入る。山の上の建物は平井中学校である。山の麓に写っているのは役場であろうか。その昔、五日市線の駅から歩いて来た経験があるので、非常に懐かしい感じがした。

2010041803

秋川を渡る。山田大橋からの下流方向の眺めである。右側がサマーランドである。

2010041804

網代トンネル、上川トンネルをくぐってから、戸沢峠を越える。

2010041805

今度は美山トンネルをくぐり、右手に圏央道の八王子西ICを見て進み、川原宿交差点に到着。ここを右折する。いよいよ陣馬街道である。

2010041806

圏央道をくぐる。ラーメンが新鮮である。

2010041807

夕やけ小やけふれあいの里に到着。ボンネットバスなども展示されていた。

2010041808

小休止して進む。陣馬街道の標識である。

2010041809

残り3.7キロ(指道標の数値)地点から和田峠に向けヒルクライム開始。開始地点は政治関係のポスターが多いので写真はなし。

「売店まで残り2.5キロ」の看板まではなんのことはないが、その辺りから激坂が始まる。S字カーブの勾配もきつい。絶対に足着きをしないぞっ・・・と思いながら、両脇に雪の残るウエットな路面を上って行く。 もう少し続きそうな気がしていたらあっ気なく到着。3.6キロ(ポラールの実測値)、上り359m、平均勾配10.1%、所要時間32分12秒であった。本日の印象では、当方の激坂番付の東の横綱は風張林道のままである。

2010041810

神奈川県側に下りる。雪がすごい。

2010041811

富士山の絶景ポイントである。わずかに裾野が見えるだけである(下の写真では見えないかも・・・)。当方は富士山の眺めには縁がない・・・orz

2010041812

途中、陣馬自然公園センターの先を右に進み甲州裏街道(「下岩の宿場状通り」に続く集落内の道及び山道)に入る。下の写真は裏街道からの道志村を隔てての丹沢の眺めである。

2010041813

しかし、雪の後に甲州裏街道(距離は3.7キロ)に入ったのは大失敗であった。まずは和田峠以上のコンクリート舗装の激坂である。さすがに押し。続いてはぬかるむ山道。雨や雪の後は特に、くれぐれもロードバイクで行くところではない。途中で蛙であろうか?きれいな声を聞いた。山の中で初めての経験であった。

2010041814

神奈川・山梨県道522号(棡原(ゆずりはら)藤野)線に出る。2か所のゴルフ場の脇を通るのであるが、結構な上り下りがある。きつい。山梨県に入る。本日の最大心拍数は、なんとこの坂で記録している。

2010041815

棡原の交差点に到着。ここを右折する。鶴峠から下りてくる道とは、この写真で言えば左下方向に少し走った位置で交差する。

2010041816

珍しいものを発見。以前は良く三角点に設置してあった対空標識であるが、中央が木杭というのが渋い。

2010041817

甲武トンネルを目指して上る。途中写真を撮ったり、補給食を食べたりして休み休み上る。上の上の写真の地点から4.3キロ、上り298m、平均勾配6.9%、所要時間42分28秒であった。

2010041818

ビュワーンと下って上川乗の交差点。ここで左に曲がって・・・とか一瞬思ったのだが、常識的な線で、加えて腹も減ってきたので五日市方面に下る。

2010041819

山びこで食事。ラーメン@600円と餃子(6個)@450円を食べる。美味しかった。餃子は在庫がなかったのか注文してから餃子の皮で具を包んでいた。

2010041820

こうなるとマッタリモードに突入。五日市の駅前でコーヒーが飲みたくなった。しかし、オーダーストップ中とのこと。またの機会にしようと思う。

2010041821

今度は、こちらに寄ってみる。

2010041822

以上で、本日の探訪は終了である。その存在に気付いていなかった(^^; 梅ヶ谷峠、以前から激坂に挑戦しようと思っていた和田峠、そして何度も通行止めで走るのを見送ってきた甲武トンネルを一気に走ることができ、 加えて、走るのはともかくも甲州裏街道の風情も楽しめて満足な一日であった。

2010年4月10日 (土)

夜叉神峠

今日は、以前から行きたいと思っていた夜叉神(やしゃじん)峠に行ってきた。行く時期は、甲府盆地の桃の花と雪をいただいた白根(白峰)三山を見たいので4月上旬が良いと思っていた。愛車にロードバイクを積み込んで夜明け前に出発。

中央高速を西に進む。一宮御坂ICあたりでは、予想どおり桃の花がきれいだった。境川PAで一休み。白根三山、鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳、茅ヶ岳、奥秩父の山々が霞んではいるものの良く見える。天気予報は曇がベースだったので嬉しい誤算である。写真の雪山は白根三山。

2010041001

中央高速を降りて釜無川に向かう。信玄堤(霞堤)を見るためである。以前、埼玉県比企郡鳩山町の霞堤を調べていたとき、 信玄堤の技術が伝播されてきたと受け取れる資料を図書館で読んだ。それ以来、信玄堤を見てみたいと思っていたのである。

信玄堤(草の生えている部分)に説明板があった。後ろの橋は信玄橋。説明板の左側は甲斐駒ヶ岳である。

2010041002

更に西に進んで、今度は御勅使川(みだいがわ)右岸の将棋頭を訪ねた。立派な説明板である。将棋頭は左右両岸にあるのだが、少し離れた場所にある右岸側の公園で散歩をしていた年配の方に場所を聞いたのであるが左岸側のものしかご存知なかった。ということで、苦労して見つけた右岸側の将棋頭である。

2010041003

説明板によれば、将棋頭は堤防の形が将棋の駒の頭に似ているために、そう呼ばれているもので、その目的は、信玄の時代に御勅使川の激流を二分し、水流を弱めるためのものとのことであった。

2010041004

南アルプス市の旧芦安村に入る。南アルプス林道の起点である。延長は非常に長い林道であるが、公の規制によって自転車では夜叉神峠までしか行くことができない。

2010041005

南アルプス市立南アルプス芦安山岳館である。ここに到着するまでに御勅使川の左岸側を上って来ると激坂が味わえる。

2010041006

この山岳館(入館料@200円)は訪れてみる価値がある。北岳山頂にあった先代の三角点標石の現物が展示されているほか、地形、動植物、山村の生活、山岳案内人紹介など一通りの常設展示、山岳関係・地図関係の豊富な図書などもあり、企画展示も行われていた。

また、敷地内には四等三角点「芦安」標高886.71mが設置されており、展示のためのやぐら(測量標)もあった。

2010041007

今日は、ここを起点としてロードバイクで上り始める。いきなりの激坂である。長さは250m程度であるが勾配は13.3%。心拍数も一気に157まで上がる。これを経験してしまうと相対的に後が楽になる。

山の神ゲートである。

2010041008

行程中唯一のトンネルである。今日の起点から1,586m地点で、ここまでの平均勾配は7.5%である。

2010041009

周囲の景色を見ながら夜叉神ゲートに到着。途中では大きなシカと眼が合ったりもした。夜叉神ゲートは、今日の起点から6,491m、獲得標高497m、平均勾配7.7%である。写真を撮りながら150拍を下らない感じで上った所要時間は48分57秒。写真左奥の小屋の中には管理人さんがいる。自動車はもちろん、自転車、歩行者までもが通行止と表示されていた。

2010041010

少し休憩して夜叉神峠に登る。登山口(標高1,380m)である。

2010041011

歩きやすい道を心拍数が150を超えないように歩いて夜叉神峠に到着である。ポラールでの気温は17度。風もなく暖かい。写真では道標の左側から登ってくるイメージである。峠に到達した途端に前方の視界が一気に開け非常に気分が良かった。ガイドブックでは登り1時間程度と記してある道のりである。

2010041012

夜叉神峠小屋(標高1,792m)からの白根三山の眺望である。どこがピークか分かりづらいが右側のピークが我が国第2の高峰、北岳である。北岳の標高や三角点の設置に関しては国土地理院のHPに詳しい。

北岳には、以前テントを背負って登ったことがあるが、山頂近くの山小屋脇での夜中の強風と雨が良い思い出である。考えてみれば、南アルプス方面に来たのはそれ以来のことである。

2010041013

峠小屋の脇にカメラが設置してあった。このカメラの映像は南アルプスネットで見ることができる。

2010041014

下山する。麓の芦倉にある日帰り温泉金山沢温泉に寄る。市営の温泉で入浴料は市外在住者@550円、タオル@200円である。

2010041015

御勅使川とその支流にあるオートキャンプ場である。御勅使川流域のキーワードは「砂防」以外にはない・・・という感じである。

2010041016

「白根桃源郷」として有名な旧白根町を通って帰路に着く。桃の花と頭を雲の上に出した富士山である。マラソン大会の立て看板がたくさん設置してあった。

2010041017

予想外の天候に恵まれ、非常に暖かく、良い景色を見ることができた心地よい探訪であった。

※ この記事中の三角点の点名及び標高は国土地理院の基準点成果等閲覧サービスから引用したものである。

2010年4月 7日 (水)

下里分校の桜

今日は用務先に向かう途中、埼玉県比企郡小川町下里の小川町立小川小学校下里分校(平成15年4月から休校中)に寄ってみた。

2011(平成23)年4月13日追記:下里分校は、2011(平成23)年3月31日をもって廃校となった。

2010040701

2010040702

2010040703

しかし、写真を撮るのは難しい。

下の写真は、下里地内の槻川沿いの桜である。

2010040704_2

これで、今年見たいと思っていた、寄居町の鉢形城址、坂戸市の慈眼寺、長瀞町の法善寺、小川町の下里分校の桜をすべて見たことになる。

お花見には色々なお花見があるけど、ゆったりした気分で見たいものではある。

2010年4月 6日 (火)

法善寺の桜

今日の午後は時間がとれたので、法善寺に向けてロードバイクで出発。法善寺といっても、もちろん大阪市ではなく秩父の長瀞であるが、何せ時間がないので、加えて非常に暖かい(ポラールの温度計では26度もあった)ので全力疾走である。久々に、骨盤を立てて、ケイデンスを保って、脚を大きく回して、肘を開かずに・・・などと唱えながら走った。非常に疲れた。

まずは、小川町の「長昌寺」を目指す。ある方のブログに紹介されていたので枝垂桜を見るべく進む。事前調査では・・・この辺りと思うが・・・枝垂桜がない・・・orz 散歩していた御同輩に聞いてみたが枝垂桜は知らないという・・・あきらめる。

ウロウロしている途中、埼玉県指定史跡の穴八幡古墳があった。古墳が神社になっているというイメージであろうか。穴八幡というと新宿区の早稲田大学近くのものが有名であるが、説明板を読むと、こちらの穴八幡は新宿区の穴八幡とは関係はなさそうであるが、江戸との関わりはあったようである。古墳自体の八幡様とは別に、古墳の北側には大きな八幡神社があった。
古墳の説明板によると、この古墳は古墳時代後期のもので埼玉県内最大級の方墳とのことである。石室は緑泥片岩で、桜のきれいな分校のある小川町下里の産である。古墳時代に、このような大きな石を、どのようにして運んだのだろうと思う。

埼玉県西部の板碑(青石塔婆)の石材は下里の緑泥片岩が圧倒的に多いとの話を聞いたことを思い出した。

古墳は文化財としてはもちろん、古(いにしえ)の人の墓であるのだから心の面でも大切にしたいと思う。

2010040601

なお、枝垂桜が見つからなかったのは、所在地は同じ小川町なのであるが、お寺の名前が「東昌寺」であったからである・・・・・・うっかりである・・・・・・orz

寄居を目指して進む。林道梨ノ木線を走る。小川町側からは起点からピークまで505m、上り34m、所要時間2分46秒、寄居町側からは起点からピークまで440m、上り27m、所要時間2分52秒であった。(タイムはいずれも上り。)

八高線沿いを走り、折原小学校の脇を抜け西に進む。日清戦争と日露戦争の戦捷紀念之碑があった。乃木希典の書である。「戦捷」という用字は知らなかった。

2010040602

織姫まんじゅうの「ちゃがま」に到着。前から存在は知っていたが初めて立ち寄ってみた。いろいろとあったが、くるみ、みかん、チョコバナナのまんじゅう@各100円を購入。BentoBoxに入れて補給食とする。いずれも美味しかったが、特にくるみが美味しかった。

2010040603

ちゃがま北側の八高線の荒川を渡る橋梁である。良い風情である。

2010040604

ちょっと寄り道。遠景は寄居市街である。菜の花の匂いが非常に強力だった。

2010040605

金尾峠を越えて秩父側を見る。山の斜面に点々と山桜がみえる。

2010040606

道光寺の枝垂桜である。向かいには「長瀞かたくりの郷」があったが、入園料380円に加え、山道を歩くようなのでSPD-SLでは無理と判断しあきらめる。

2010040607

県道82号(長瀞玉淀自然公園)線沿いにあった大手桜である。エドヒガンで樹齢は200年とのこと。ちょっと盛りを過ぎた感じである。

2010040608

目的地である法善寺の枝垂桜である。平日の午後とはいえ観光客と写真撮影の方が多い。また、デイサービス等のお出かけレクなのか、お花見に来ている高齢者の方が多かった。人が写らないように写真を撮るのは不可能な時間帯であった。

樹齢は、案内板の記載から計算すると約80年。奥には110年程度のものがあるようである。

2010040609

走りながら見つけたカタクリである。

2010040610

県道201号(岩田樋口停車場)線で荒川対岸に渡る。

国指定史跡「野上下郷石塔婆」である。説明板によると高さは約5m、幅は約1mで、現存するものでは日本最大の青石塔婆である。建立は南北朝時代の1369(應安2)年である。

2010040611

帰路につく。国道140号線を走るのは道が狭くて、車が多いので恐いが走る。

裏道に入り、再び八高線沿いを走る。真新しい「五穀豊穣 風雨順時 榛名神社御祈祷御札」があった。きっと代参によって頂いてきた御札を地域の方々が要所に立てているのだと思う。

2010040612

八高線竹沢駅付近の県道30号(飯能寄居)線沿いの桜。

2010040613

下の写真の仏様は物理的に近寄りがたい場所にあるので近づけない。文字を読むことができず詳細は分からない。三面六臂で持物は斧などである。要調査である。

2010040614

この後、暗くなってしまい前後に灯りをつける。しかし、久々に探訪モードではあったが、心拍を上げて、脚を大きく回して、まじめに走ったので、非常に疲れた。

2010年4月 4日 (日)

今日は、花冷えというのだろうか肌寒い一日だった。加えて仕事もあって、自転車で出かける時間もなく、夕方近くになって見ておきたい桜を車で見に行ってきた。

まずは、坂戸市の慈眼寺のシダレザクラである。昨年は散った後だったので、今年は最盛期に訪ねてみたいと思っていたのだ。

2010040401

境内近くで地元の方達が出店?のテントを片付ける中を歩く。日中はかなりの人出があったのだろうか。この時間帯でも見物客は途切れることがないので、桜の木の足下部分は撮影せず。

続いて、東坂戸団地内の桜。これはかなりの迫力である。樹齢に加え、桜の枝を剪定することなく伸ばしているので、この勢いとなるのだろうと思う。

2010040402

上谷橋から下流方向を撮影した。近くにあった看板には坂戸、鶴ヶ島下水道組合と記してあったので、通常の河川ではなく都市下水路なのだと思い帰宅後調べてみると、予想どおり「大谷川都市下水路」であった。

あとは、何度も花の盛りをはずしている長瀞の法善寺のシダレザクラを見てみたいものである。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »