« 写真を拡大すると | トップページ | 嵐山でランチ »

2010年2月 7日 (日)

内側と外側

今日も寒い日であった。埼玉県熊谷市の日中の気温は6度から8度で昨日より高かったが、北西の風は8mないし10mで吹き続け、瞬間的には相当な強風であったよう思う。

ところで、堤内地と堤外地という言葉がある。自転車で堤防の上を走っていて「内側はどっち?」と聞かれると、思わず河川側を指差してしまいそうであるが、言葉的には河川側は堤外地である。

輪中などのように集落を堤防が取り囲んで、その堤防によって集落への周囲の洪水の浸入を阻むという図式では、内側は集落側であり、外側は河川側である。

その考え方の延長として、荒川などの直線的な堤防でも、河川側が堤外地で集落側が堤内地となったようである。

さて本題。越生町 ⇔ ときがわ町間の見覚えのある景色。網の中は道路であるが、どっちが内側で、どっちが外側なのだろう?

2010020701

そして最後に冒頭の言葉の繰り返し。今日も寒い日であった。

« 写真を拡大すると | トップページ | 嵐山でランチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真を拡大すると | トップページ | 嵐山でランチ »