« 嵐山でランチ | トップページ | 中津川林道を歩く »

2010年2月13日 (土)

氷雨

今日は氷雨である。

関東地方西部のアメダスの気温を見ると、ほとんど全てが日中でも0度前後。奥多摩や西上州、そして佐久地方では氷点下。山の上では雪が降っているはずであるが、今日のところは、部屋の中で暖かいコーヒーでも飲みながら外を眺めていることにする。

ところで、改めて氷雨ってどんなものなんだろう・・・などと思った。小さい頃に母から聞いた氷雨は、小さな氷の粒が降ってくることであったような気がするが、歌謡曲の「氷雨」を聞いた頃から、氷雨は冷たい雨という認識に変ってしまったような気もする。ということで色々と調べてみると面白い。

『氷雨(ひさめ)
北国の冬。一人ぼっちの部屋。曇った窓の外は冷たい雨。氷雨は霙や霙混じりの冷たい雨をいいますが、本来は雹や霙の古い呼び名です。(以下略)』

似たように窓の外を眺めている状況に思わずニヤッとしてしまったが、これは「空の名前」(高橋健司 写真・文 光琳社出版 1992年)からの引用である。更に氷雨についてWebで調べてみると、氷雨が気象用語でないことや、色々な解釈が存在することが分かった。先ほどの歌謡曲の中では、氷雨は冬の雨だし、ある辞書では秋の冷たい雨である。ということで、むしろ、解釈がいろいろあるのが良い言葉・・・という感じであろうか。

「空の名前」は「宙の名前」(林完次著 光琳社出版 1997年)とともに、読んで、眺めて楽しい本である。

« 嵐山でランチ | トップページ | 中津川林道を歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐山でランチ | トップページ | 中津川林道を歩く »