« 狭山湖・多摩湖 | トップページ | 雪景色 »

2010年1月31日 (日)

物見山へ山登り

先日は東松山市の物見山周辺のポタリングに行ってきたので、今日は、日高市の物見山に山登りに行くことにした。MTBなどではなく、もちろん徒歩である。こちらの物見山には一等三角点がある。

駐車場もある公園を起点にしてトコトコと歩いて出発。今日の目標は、走らないこと、そして心拍数が160拍を超えないことの2点である。

「宿谷瀑」の石碑である。宿谷権現堂線の起点を過ぎて、車が辿りつける最終地点の広場の脇にある。明治十年が何とかかんとか・・・と書いてあるが漢字が読めない・・・orz ので、いつ頃のものか良く分からない。

2010013101

宿谷の滝である。

2010013102

更に沢を上って行き、左(南)側の尾根に取り付く。これから先のしばらくが急勾配である。上からストックを2本持った年配の方が下りてきたので話をすると、膝を壊さないように使っているとのことで、ストック使用の効用を絶賛していた。

2010013103

物見山の一等三角点「物見山」標高375.30mに到着。所要時間は宿谷の滝入口から27分27秒。最大心拍は149。いわゆる山頂の辺りはハイカーの方達が多く、写真をとりずらいのでパス。

2010013104

高指山へ向かう。大岳や御前山が山容を誇っている。下の写真では御前山の裾が右端に写っている。

2010013105

高指山方面を見て、ちょっとビックリ。電波塔は2つあったはずなのに1つになっている。加えてアンテナも取り外され、あるのは避雷針のみ。久々に来て驚いた。

2010013106

道端に、ロウバイが奥多摩の山々をバックに綺麗に咲いていた。

2010013107

高指山の脇を通過し、更に進んで日和田山に登る。物見山からの所要時間は27分12秒。最大心拍は155。日高市庁舎やセメント工場の景色が良く見える。

2010013108

日和田山山頂に建つ享保年間に建立された宝篋印塔である。300年近い年月が経っていると思うと、すごいなぁと思う。こちらには四等三角点「日和田山」標高304.97mがある。

2010013109

Uターンである。ムタさん発見。

2010013110

物見山頂上通過。日和田山から24分33秒。最大心拍160拍。

きれいな檜林である。もしかすると、そろそろ間伐が必要なのかも・・・とも思う。

2010013111

北向地蔵である。物見山からの所要時間は19分33秒。最大心拍数は159拍である。

2010013112

一直線に並ぶ奥秩父線である。

2010013113

この辺で、遊び心を出して大失敗。尾根を一つ間違って、ヤブコギを繰り返した後、急斜面を降りて鎌北湖へ。久々の失敗であった。

大谷木川沿いを歩いていると、いかにも落石という落石があった。

2010013114

本日の最大心拍数は160拍である。走りもしなかったので、目標達成である。結構、おもしろかった。すれ違い、追い抜き等で挨拶が成立する率は95%ぐらいであったので、気分良く歩けた。

※ この記事中の三角点の点名及び標高は国土地理院の基準点成果等閲覧サービスから引用したものである。         

« 狭山湖・多摩湖 | トップページ | 雪景色 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 狭山湖・多摩湖 | トップページ | 雪景色 »