« お別れポタ | トップページ | 弓立山'10 »

2009年12月31日 (木)

2009走り納め

今日は、走り納めに行って来た。自転車はロードである。午後は風が強いとの予想で風花でも舞いそうなので早めに出発。

まずは宿谷権現堂線を目指して進む。山間の沢に入ると、やっと太陽の光が入ってきた頃で、霜がきれいである。

2009123101

宿谷権現堂線の倒木は、結局、そのまま越年した。

2009123102

なおも進んで、最も傾斜がきつい場所。以前と景色が違う感じがする。冬だから受ける感じが違うだけだろうか・・・。

ここのガードレールはおもしろい。非常に長いスパンで連結されているので、とんでもないところでカラスがとまっても音が伝わってきて分かる。今日もそうだった。

2009123103

ベストタイムの倍近い時間をかけて上りきる。ハッキリ&クッキリの景色を期待して上ってきたのであったが、ガックリ&ポッキリ(より高い所に上ろうとする気持ちの折れる音)である。なんとなく霞んでいる。

2009123104

林道中野線に入って武蔵横手駅方面を目指す。すれ違ったハイカーは単独行の中年男性ばかり3人。この辺りの杉や桧の林は良い感じであるが沢の中なので寒い。ポラールの温度計は7度であったが、もっともっと寒い感じがした。

2009123105

武蔵横手駅前を右折し、国道299号線を東吾野目指して走る。駅手前のガードである。この後、初心者マークをつけた1BOXが来たのであるが、相当にゆっくりと気を使って走っている感じだった。

2009123106

この後は、東峠を上る。峠手前からの定番の景色である。所要時間は、ここもベストタイムの約2倍である。

2009123107

県道に出てきた。普段は何気なく通過してしまうのだが、改めて写真を撮る。新寺(にってら)地蔵尊である。場所は小瀬戸(こせど)T字路脇。垂木の先端にも銅の細工がついていて、結構手がかかっているというか・・・地元で大切にされているお地蔵様という感じがした。

手前の自然石は道標で、右中藤、左名栗と刻んであるが、それ以上は良く読めない。

2009123108

県道を下る。もう一度、少し高度を稼いで日和田山及び高指山方面を眺める。

2009123109

帰路に着く。途中通過した神社やお寺では、掃除や飾りつけも済んで新年を迎えるばかりという風情であった。

2009(平成21)年、過ぎてしまったからこそ言える言葉だが、超々月並みに、アッという間の一年であった。昨年に比べ、自転車に乗る回数は激減した。自転車に費やした時間も、それ以上に激減した。それに反して増えたのが、体重、体脂肪等々、生活習慣病の危険因子である。とにもかくにも来年は、負のスパイラルから抜け出さねば・・・という感じである。

« お別れポタ | トップページ | 弓立山'10 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お別れポタ | トップページ | 弓立山'10 »