« 仕事&仕事 | トップページ | お別れポタ »

2009年12月23日 (水)

幻の餃子

久々にお休みの休日である。ちょっと読み返してみて「お休みの休日」という表現に、自分で笑ってしまった。

忘年会も概ね終了し残りは3回。現在、体重は自己新記録。かなり身体の目に見えない部分にもダメージがあるんだろうなぁ・・・と思う。

ということで、今日は寒気をついてロードバイクで出発、と書きたいところなのだが、寒さに負けて出発はそれなりの時間になってしまったが、日影は霜で真っ白。

2009122301

最初の目的地は埼玉県川島町の越辺川(の白鳥)である。

2009122302

今度は、東松山市を経由して寄居町方面に向かう。箭弓稲荷神社の前を通る。右側の石碑には「縣社」と刻まれている。「村社」は良く見るが「縣社」は初めて見た。

2009122303

更に進む。子牛がいた。そろそろ今年の干支の出番も終わりである。

2009122304

寄居に向かった主な目的は、白鳥を見ることに加え、餃子を食べることである。男衾に入りお店に到着。

ガッッ~ン。水曜日は定休日である。あきらめる。

2009122305

やむなく、飲食店を探しながらポタリング。

2009122306

県道菅谷寄居(296号)線の荒川にかかる花園大橋から西を見る。寄居町役場庁舎や波久礼駅周辺の山、そして遠くに、双耳峰ながら、ひとつにしか見えない御荷鉾山(東)が見える。
※ カシミールで確認すると、東御荷鉾山と赤久縄山の間に白髪岩が見えているようである。

旧川本町の白鳥は、鹿島古墳群近くから河川敷に降りてしばらく歩くようなのでSPD-SLではつらい。対岸の熊谷特別支援学校方面は、堤防が舗装されていないらしいので、ロードではつらい。ということで、玉淀大橋下流のかわせみ荘近くの荒川の白鳥を選んだのである。とりあえず、左岸側から近づくことにするが、道を知らないと近づきずらいが、根性で到達。手前の川面に白鳥がちらほら見える。近づき過ぎないように、この程度でやめておく。

2009122307

いよいよお腹がすいてきた。ということで「餃子」といえばラーメン屋である。国道254号線を南に走り、玉淀大橋を渡ってしばらく走った右側の「札幌ラーメン北海道」に入る。味噌ラーメン@600円と餃子@400円を注文。美味しかった。

南進する。きれいな屋敷林を見たり、「フライ五郎作」の美味しそうな匂いを感じたりしながら進む。小川町・嵐山町・鳩山町の雑木林の中の道を走る。灌漑用の沼には氷が張っていた。確かに、先日、鳩山アメダスは氷点下6.2度だったもんな・・・と思う。

2009122308

帰路に着く。そして、なぜかクリスマスケーキである。まっ、ある意味、販売店に勤めている方への義理で予約購入したものではあるが、見慣れないものがあると嬉しいものである。

2009122309

« 仕事&仕事 | トップページ | お別れポタ »

コメント

今頃コメントさせていただきますが、寄居に来られたんですね。見覚えのある風景やら、店の名前が挙げられて地元としてちょっぴりうれしいです。
ソンちゃんの餃子おいしいですからまた来てください。

コメントありがとうございます。
寄居町商工会のHPは、かなり充実しているように感じています。今度は、HP等で良く確認してからリベンジ?に行きたいと思っています(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/47094798

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の餃子:

« 仕事&仕事 | トップページ | お別れポタ »