« 中津川林道 | トップページ | 中津川林道実走 »

2009年9月25日 (金)

三国峠の標高

中津川林道の続きである。中津川林道を自転車で実走しようと考え、国土地理院の2.5万図とにらめっこをしていた。

「あれっ、おかしいぞ?」

三国峠の標高は1,730mないし1,740mのように見える。峠の標識の1,828mって何?と思ったのである。切通しの高さは88m以上も・・・ないしなぁ、ということで不思議発見である。

2009092501

正確な根拠は分からないが、Web上の検索では、三国峠の標高は1,828mとするものが最も多く、1,740mとするものもあった。

そして、1,828mを北方にある三国山の標高としているWeb(長野県南佐久郡川上村公式HPの観光マップ等)もある。しかし、現行の国土地理院の2.5万図では、 三国山の標高は1,834mであり、その差は6mある。

なんでだろう?

当方の現時点での、それぞれの標高に関する結論は、三国峠1,740m、三国山1,834mである。

☆ 蛇足その1 ☆
標高がらみのお話である。市町村役場(役所)の中で最も標高が高いのは長野県南佐久郡川上村役場なのだそうである。その標高は1,185m。

☆ 蛇足その2 ☆
「大滝村史」は、現時点では発行されていない。「大滝村誌資料編」は刊行されている。秩父市教育委員会に確認したところ、大滝村史は現在編纂中で、平成22年度に発刊までこぎつけたいとのことであった。「名栗村の歴史(民俗)」を飯能市教育委員会が発刊するのに似ている。

« 中津川林道 | トップページ | 中津川林道実走 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/46312097

この記事へのトラックバック一覧です: 三国峠の標高:

« 中津川林道 | トップページ | 中津川林道実走 »