« SVEA123 | トップページ | 試運転 »

2009年9月 5日 (土)

道路元標

今朝起きてみると、青空が一面に広がっていた。「よしっ、行くぞ!」ということで、3UPジャージを着込んで出発。

とは言え、午後には用事があるので、長い距離は走れない。そこで、大山燈籠めぐりの季節も終わったので、道路元標(どうろげんぴょう)めぐりをすることにした。まずは道路元標に関する基礎知識として、後ほど登場する梅園村道路元標の解説板の一部を引用する。

「道路元標とは道路行政の基本法として大正8年(1919)に制定された(旧)道路法をうけて、全国の市町村に、道路の基点として建てられた標石である。これらを起点、終点に、近代的な道路網の整備が進められた。(以下略)」

更なる詳細は、当ブログと相互リンクさせていただいている きまぐれ旅写真館 に詳しい。同HPのトップページ(最下部)の「第9回 埼玉県の道路元標」から詳細を閲覧できる。

まずは鶴ヶ島市である。鶴ヶ島市は明治以来合併を経験していない市である。したがって、道路元標は市内に一つである。

旧日光街道(国道407号線の旧道)の才道木歩道橋に到着。日高市側に向かって左側に鶴ヶ島市立第一小学校があるが、その正門の脇、歩道橋の階段下にある。

2009090501

文字が判読しずらいのが残念であるが「鶴ヶ島村道路元標」と刻まれている。しかし、歴史を誇るさすがの道路元標も、散歩中のワンコ先生にとっては、縄張りの境界杭くらいの意味しかないようである。

2009090502

続いて訪れたのが、当方が精査したところではWeb上では一切その存在が知られていない毛呂山町の旧川角村道路元標である。県道川越越生線に入り高麗川を渡り、更に進み、県道川越坂戸毛呂山線に合流すると川角小学校前歩道橋が見えてくる。越生町側に向かって右側に川角小学校があるが、歩道橋の階段近くの小学校敷地内にある。なお、通常、立ち入る際には学校関係者に一声掛ける配慮が必要と思う。

2009090503

下の写真の石の様子や刻まれた字体を見ると、旧鶴ヶ島村のものと似ているように感じた。「川角村道路元標」と刻まれている。ということでWeb上に初登場である。

2009090504

続いて越生町を目指す。稲穂が見事な水田地帯を走る。すでに稲の花の香りは感じられなくなっており、雀よけの糸の間を赤トンボが飛んでいた。今しばらくすれば刈入れだろうか。

2009090505

さて、越生町には道路元標が2つある。越生町は、埼玉県内で「町」としての歴史を誇る町であり、昭和30年に梅園村と合併している。したがって、道路元標は2つである。

下の写真は「越生町道路元標」である。小公園的に整備されており、大切にされていることが伝わってくる。今回登場する道路元標は、これ以外すべて「村」のものである。このことからも、当時、越生町がこの地域の中心であったことが伺える。脱線するが、高篠峠に設置されている「峠の歴史」という環境庁と埼玉県が設置した案内板にも「この地方の経済の中心が越生だった」と記されている。

2009090506

続いて、旧梅園村道路元標である。越生町市街から黒山三滝方面に進み、自然休養村センター手前の、梅園駐在所脇にある。「梅園村道路元標」と刻まれた標石の上に、冒頭に引用させていただいた解説板が見える。

2009090507

さすがに疲れて来たので、自然休養村センターで一休みである。自販機でスポーツドリンクを買って、まったりしていると、「よぉっ~」とか声が聞こえて来た。師匠の登場である。お腹がすいたので2人で、まんじゅう@100円を食べることにした。通常のまんじゅうの他に、「ゆず」と「よもぎ」がある。当方が2個、師匠が1個である。あんこの感じといい何と言い、まさしく「お袋の味」で美味かった。

2009090508

師匠と一緒に出発。猿岩線を登るか、笹郷線を登るか・・・ということで、大して悩むこともなく、安易に笹郷線に決定。師匠は世間話をしながら淡々と県道を登っていくが、当方は、心拍150超のハーハーゼイゼイである。黒山三滝下のT字路で師匠をお見送りし、マイペースで登っていく。林道笹郷線が始まる。

この近くには「一級河川越辺川起点」の標石があるが、黒山三滝下のT字路にも起点標石があるので、どっちがホントなの?とか思ったりもする。

2009090509

あまり無理をせずに登っていく。心拍は150弱程度。その内に師匠が迎えに降りてきてくれた。余裕で、はるか下まで降りて行き、追いかけてくる。やむなく、心拍170のスパルタ状態で登る。苦しかった。権現堂線に合流。辺りでは材木の積み込みをしていたが、何台かのトラックのナンバーが中部地方のナンバーであった。ちょっとビックリ。

ここで師匠は、再び笹郷線を下って行ったので、当方は東吾野に出るべく、阿寺集落を経て阿寺線を下る。コケに気をつけながら阿寺線を下り切る。

2009090510

さらに東吾野を目指して走りやすい道を下る。国道299号線に合流。飯能市民病院の近辺で「東吾野村道路元標」を探し回るが確認できず。次回への宿題である。

ところで、西武線の駅には、東吾野駅、吾野駅、西吾野駅があるので、かつて西吾野村が存在したような気がするが、実際にあったのは吾野村と東吾野村だけとのこと、以前に正丸丼を食べながらおばちゃんから聞いた話である。

話を戻して、国道299号線を車に気を使いながら下る。県道川越日高線に入り、高麗小学校近辺から徐行しながら進む。日高市を構成している旧高萩村、旧高麗川村、旧高麗村のうち旧高麗村の「高麗村道路元標」を探すためである。

巾着田付近で案内をしていた高齢のボランティア?の方に聞いてもヒントはない。

公民館の敷地内に入っていくと、どこかで見かけた方と遭遇。敷地内を一周するが見当たらず。

やむなく県道に戻り、静かに、高麗川方面に走って発見。この道は、何度となく走っている道なのであるが、まったく気づいていなかった。

2009090511

帰路に着く。東吾野村道路元標は惜しいことをしたので、リベンジすることにしたい。

« SVEA123 | トップページ | 試運転 »

コメント

また、かなりマニアックなテーマですね~。
これで、鶴ヶ島から越生経由で高麗に行くわけがわかりましたよ。
例の林道の探訪も楽しみにしていますので、よろしくです。
「ワンコ先生の縄張り争いの跡」笑えます!

コメントありがとうございます。久々の良い刺激でした(^^;
川角村道路元標は、本文中にも記しましたがWebやブログには初登場だと思います。
例のプロジェクトは現在準備中です。どうせなら、引き締まった秋の空気を感じて、真っ青な空のもとで行きたいところです。

ニアミスですね。
僕も土曜日に、あじさい山あたりをうろついた帰り道、
自然休暇村で"田舎"と"よもぎ"のまんじゅうを頬張りましたよ。
発泡スチロールの保温器から、おばーちゃんの手で取り出されたまんじゅう二個は、
まだ温かくて、とてもおいしくいただきました。
止まると暑いけど、走っている間はすがすがしくて、
自転車にはいい季節になりましたね。

確かに流用品?の、キャッチコピー入り?の発泡スチロールの保温容器が秀逸でした。暖かくておいしかったです。子どもの頃、食べるのを楽しみに、母を手伝って「(田舎)まんじゅう」を作りましたけど、それに非常に近い味でした。懐かしかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/46127196

この記事へのトラックバック一覧です: 道路元標:

« SVEA123 | トップページ | 試運転 »