« 満足感? | トップページ | SVEA123 »

2009年8月30日 (日)

燈籠めぐりその4

本日も、慌ただしい1日であった。

情報をいただいたので、細切れの時間をぬって越生方面へ。越生梅林の北側である。

燈籠の存在自体は以前から知っていたが、夏にはこのようになっているとは思わなかった。火口は他の多くの燈籠と同様に日と月。灯明は蝋燭であった。

2009083001

昭和3年に建てられたもののようであるが、由来来歴の詳細は、刻まれた文字が不鮮明で不明である。

越生町内を注意深く走ってみると相当数の石燈籠があるように思う。きっと、郷土史家の方々や行政サイドで調査がなされているに違いない。

※ 本日の移動手段は車である。

« 満足感? | トップページ | SVEA123 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/46072413

この記事へのトラックバック一覧です: 燈籠めぐりその4:

« 満足感? | トップページ | SVEA123 »