« 燈籠めぐり | トップページ | 山梨県のダムカード »

2009年8月 1日 (土)

Attack!299 2009

埼玉県飯能市のサイクルクラブ3UPのAttack!299にサポートとして参加してきた。

Attack!299は、国道299号線を、自転車で、1日で走破するイベントである。

国道299号線の起点は、長野県茅野市の国道20号線との交点、終点は埼玉県入間市の国道16号線との交点である。一方、Attack!299のスタート地点は、国道の起点・終点とは逆で、入間市の国道終点近くの入間川河川敷、ゴール地点は、北八ヶ岳と南八ヶ岳のどちらにも行ける麦草峠である。麦草峠から飯能市を目指して帰ろうとする場合、一般的には茅野駅から輪行で中央線で八王子を目指す。結果として、茅野駅までは自転車で走ることになるため、国道299号線を走破することとなるのである。くわしい実施要項はこちら。

なお、飯能市街から秩父市街へのルートは、正丸トンネルを通過する危険性からか、高麗を経て吾野を通過する国道299号線を走らず、名栗経由で山伏峠を越え、正丸トンネルの秩父側入口で国道299号線に合流して秩父に出るルートを辿る。したがって、この区間では、国道299号線を走らない。

今回のサポートでの当方の主な役割は、ゴールの設営・撤収、ゴール地点でのカップラーメンの供給である。

午前2時30分。サイクルハウス三上前に行く。さすがに真っ暗。人通りも超々まばらである。ここからT_BOOKさんの車に乗せていただいて、スタート地点へ向かう。

2009080101

入間川河川敷のスタート地点、豊水橋上流地点に到着。3時スタート組から5時スタート組までの参加者全員を見送り、一路、T_BOOKさんの車で麦草峠に向け出発。

原市場附近で5時スタート組を追い抜く。すでに千切れかけている人もいる恐ろしいスピードである。ゴール後の参加者の言では、「いつもとギアが2~3枚違う。」とのことであった。

山伏峠を下っているとフロントホイールを曲げ、走行不能となってしまった参加者を発見。ケガはされていないようであったが、車に乗っていただいて進む。

秩父市街の国道140号線との交点附近で4時30分スタート組を追い抜き、更に進んで、志賀坂峠への登りで4時スタート組を追い抜く。この辺りでは、3時スタート組の方も、相当数おられた。

上野村ふれあい館の補給ポイントに到着。この時点で、3時スタート組の4人~5人程度を除いた全参加者を追い抜いている。なにしろ、最初のゴール者より先に、カップラーメンのお湯を沸かしておく必要があるのだ。ここでカップラーメン用の水を補給。

休憩もそこそこに十石峠に向かう。今年は、国道299号線が工事通行止のため、矢弓沢林道を登ることとなる。距離は短いが、傾斜は半端ではない。峠一つで登るのなら「激坂」とは言えないだろうが、100キロ走ってきた後では、やはり「激坂」だと思う。かなりの霧の中を、参加者を抜きながら進んでいく。全員を抜き終える。

2009080102

十石峠をスルーして、八千穂ローソンへ下る。お日様が出てきた。とは言え、昨年の暑さに比べれば、はるかに走りやすい気温である。ちなみに、お日様が見えたのはこの辺りだけであった。

2009080103

麦草峠を目指す。国道299号線を離れて別の道へ。これはこれで走りやすい道であった。再び、 国道299号線に合流して麦草峠に到着。設営開始。

2009080104

続いて、本業であるカップラーメン用のお湯沸かしに入る。使用用具はCADさん提供のものである。ゴール時間帯が11時から15時までの4時間程度の長時間に渡るため、ポットは必需品であるが、効率を追求して取り組むと、単純な仕事ながらも工夫のし甲斐もあって、おもしろい仕事であった。

今回は、参加者から「こんなにうまいカップラーメンは食べたことがない。」との言葉をいただいて、非常に嬉しかった。当方も、昨年、Attack!299を走り終えた後のカップラーメンを味わっているので、誠に単純ではあるが、記憶が重なって嬉しかったのである。

2009080105

やがて、14時20分頃から本格的な雷雨。雨によってテントの中もビショビショ状態になってしまう。そして何より恐ろしく感じていたのは雷様であった。手も足も出ないので、おいでにならないことを祈るのみ。ファラデーゲージでもあれば、安全性は車には及ばないものの逃げ込んでいたと思う。茅野市側へ下って行った方たちから土砂降りとの連絡が入り、この雷雨で皆さん苦労している様子であった。

2009080106

雨が少し小降りになった中、撤収を行う。テントも機材もダンボールも、すべてグショグショである。そして、寒い。車に荷物を詰め込んで、一路「縄文の湯」を目指す。温まった。この間も、T-BOOKさんは荷物の積み替え。頭が下がる。下の写真のように、一時、雨はやんだものの、再び降り出した。

2009080107

帰りの八ヶ岳南麓の高速道路では、ものすごい雨。2度目のような気もするが、すごい雨であった。その後は、渋滞にも遭わず、飯能河原で花火の上がる飯能市へ帰着。T-BOOKさん、運転その他、大変お世話になりましたm(_ _)m

今は、体力的に、とてもAttack!299を走り切れないけれど、サポートと言う形で参加できて良かったと思う。久々に、派手に雨に濡れて、非日常を感じて楽しかった。

« 燈籠めぐり | トップページ | 山梨県のダムカード »

コメント

サポートお疲れ様でした!&ありがとうございました!
今年も無事に完走出来ました。
下りではヒルクライム以上の地獄を見ましたが^^;
写真、頂きました。
やっぱ嬉しいですね^^
ありがとうございます!

サポートお疲れさまでした
去年の麦草を思い出して熱い思い駆られてます

カップラーメン、最高でしたよ。
ありがとうございました。
来年は一緒に走りましょうね。

そんな青空があったんだ!と思えるほどのAttack299でしたけど、綺麗な青空ですね。
写真がとても綺麗でびっくりしています。
今度、写真の撮り方を教えて下さい。
サポート有り難うございました。
写真頂きます。

お疲れ様でした
やってみるとサポートの楽しさ、大変さがわかりました・・・
来年は一緒に走りましょうね!!

>yasuさん
あの雷雨の中を下るのは、確かに二重、三重の意味で恐いですね。

>3Kさん
コメントありがとうございます。
今年もやるんですか? できれば仲間と一緒が安全で楽しいかも・・・
気をつけてください。

>たけきよさん
お疲れ様でした。ニューウェポンの効果はいかがでしたでしょうか。

>ロビオさん
写真、恐縮してます。なかなか上手く撮れなくて、ボツになるケースも多いです。

>S山さん
事前のシュミュレーションというか、経験がある方といると突発的な事態には対応しやすいような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/45814824

この記事へのトラックバック一覧です: Attack!299 2009:

« 燈籠めぐり | トップページ | 山梨県のダムカード »