« Who are you ? | トップページ | 二本木峠 »

2009年4月26日 (日)

比企丘陵探訪

昨日は終日冷たい雨であった。ブルベに参加された方の、寒さと戦う速報ブログを読んでいると、昨年参加したAttack!299が夏の暑い盛りに開催される理由が良く分かる。

今日は、打って変わって暑いくらいの、そして日焼け止めクリームが必要のような良い天気である。体力低下を実感しつつも、時間を作ってポタリングに出発。今日は比企丘陵探訪である。

まずは鳩山町。道の傍に「阿夫利神社燈臺」を発見。相州大山阿夫利神社の御神燈を燈すための燈籠の台と思われる。憶測すれば、夏になって地域の各戸が輪番で燈籠に火をともすのかもしれない。講自体があるのかどうかもわからないが、比企地方にも大山阿夫利神社の御神燈は結構あるのだろうか?

2009042601

北に進む。耕地整理がなされた田圃(現在の作物は裏作の小麦)の向こうに堂平山と笠山が見える。以前、ある方のブログでも取り上げられていたが、手前の送電線の鉄塔はJR東日本のものである。看板には往年の新幹線ひかり号が描いてあったりする。「岡-前##」などと番号が付してあり、岡部変電所と前久保開閉所の間の鉄塔であることを意味しているらしい。

2009042602

更に北進。嵐山町を抜け滑川町へ。ふせぎ?の大草鞋(おおわらじ)発見。柊(ひいらぎ)の葉まで刺してある立派なものである。これなら、いかにも疫病神も退散しそうな万全の構えである。

2009042603

今度は西へ進み嵐山町へ。こちらには3柱の神様が記された御札があった。

2009042604

別の場所へ。こちらには新編武蔵風土記稿にも登場するお寺の御札があったが、原形をとどめておらず残念。

2009042605

北に進む。この辺まで来ると笠山の見え方が変わってくる。あんまり笠っぽくなくなって、また、七重峠が見えずに笠山峠が見える・・・という表現が妥当だろうか。

2009042606

お腹がすいたので、一路「のこのこ」を目指す。ランチ@750円を注文。ピザもスパゲティも美味しい。本日は開店3周年で、なぜか手打ちうどん(おわん1杯)サービスであった。こちらも美味しかった。

その後、小川町市街を抜けて東秩父村方面へ神送りの大草鞋を見に・・・と書きたいところなのだが、元気なく踵を返すことに・・・。下の写真は仙元山の麓の瑞龍山西光寺である。あまりにツツジが綺麗だったので吸い寄せられてしまった。お賽銭を入れて本堂にお参り。

2009042607

最後に、休校中の分校に到着。良い風情である。校舎の中からオルガンの伴奏で唱歌の歌声が聞こえてきそうな雰囲気である。

2009042608

新緑を感じながら、適当に寄り道しながら帰路についた。

今日は、杉山城址、越畑城址、四津山城址、小倉城址なども遠望し、さながら比企丘陵民俗・歴史散歩という感じだった。

« Who are you ? | トップページ | 二本木峠 »

コメント

のこのこは入れ違いですね
私もうどん食べました

久しぶりに行きました。たどり着くまでの時計の廻り方が逆だったみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/44800327

この記事へのトラックバック一覧です: 比企丘陵探訪:

« Who are you ? | トップページ | 二本木峠 »