« 春 | トップページ | Who are you ? »

2009年4月12日 (日)

道志みち

以前にCADさんから「道志みちは気持ちいい」という話を聞いていたので、道志みち(国道413号線)を走ってきた。自走では無理なので工夫して出発。

相模湖畔から 神奈川県道520号(吉野上ノ原停車場)線を走る。勝瀬橋を渡って振り返る。

2009041201

全身で春を感じながら走っていると、やがて県道76号(山北藤野)線とのT字路になる。ここを左折し、結構なアップダウンを繰り返しながら一路道志村を目指す。

2009041202

この辺りでも、山は芽吹きの季節を迎えている。何色といえば良いのであろう? 萌黄色よりは青磁色にも近いような気もするが、綺麗である。走っていて感じるのは沢の埋め立ての多さである。その昔「平成狸合戦ぽんぽこ」で、藤野の山に捨てられる土砂がどこからくるのか調べに来た狸がいたが・・・などと思い出した。

2009041203

うりうりと走っていると、炭焼き釜を発見。声をかけて写真を撮らせていただいた。

2009041204

道志ダムに到着。

2009041205

相模原市津久井青根(旧津久井町)の青根上原からの景色である。茅葺はさすがに珍しい。

2009041206

やがて道志みち(国道413号線)に入る。勝瀬橋からの走行距離は13.0キロ、積算標高は608mであった。しばらく走ると、見事な橋があった。遠景の山(丹沢の大室山)も見事である。この辺りから、道志村トレイルレース(標高差1081m、全行程43.3km)のポスターを良く見かけた。

2009041207

両国橋を渡り、更に登っていく。道志村役場に到着。この写真は役場の駐車場から撮影したものであるが、駐車場の公用車が面白かった。御当地ナンバーの富士山ナンバーなのであるが、同じ番号のものが多いのである。最初は「良い水」の語呂読みかと思ったが、いずれにしても面白い発想だと思った。

2009041208

国道からちょっとはずれた道志中学校から見た富士山。桜が見頃である。

2009041209

登り続けて、最後の直登一気である。ちょっとキツイ。これを過ぎれば、チャチャッという感じである。

2009041210_1

山伏トンネルに到着。国道合流地点から26.9キロ、積算標高836m、平均勾配3.1%であった。この辺りには、春はまだ来ていない

2009041211

ゴールデンウイークを控えてのテニスコート整備を横目で見ながら、ビュワーンと下って山中湖に到着。富士山がクッキリと見えないのが残念である。勢いあまって湖を1周半してしまった。

2009041212

その後、高速巡航で富士吉田に出て、肉玉吉田うどんを食べて帰路に着いた。久々に、自転車もうどんも、ごちそう様という感じである。今日は、何人かのローディーと話をする機会もあって、道志みちの雰囲気を楽しむことができた。   

« 春 | トップページ | Who are you ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/44652349

この記事へのトラックバック一覧です: 道志みち:

« 春 | トップページ | Who are you ? »