« 花桃の郷 | トップページ | 道志みち »

2009年4月 4日 (土)

今日は良い天気であった。春を探しに自走で出発。春があちこちにあふれており、何を見ても春・・・・・であった。

田圃である。まだ耕転していないので、ぺんぺん草が一面に生えている。実は、時々耕転だけして休耕している田圃なのかもしれない。ぺんぺん草を見るとある短歌を思い出す。

  乳母車押しつつ歩む野の道は ペンペン草の花盛りなり

という、上手いのか下手なのかわからないが、私にとっては大切な歌である。

2009040401

次は、鶴ヶ島市高倉の菜の花畑。さすがに広い。菜の花の匂いが強烈である。この匂いを嗅いで蜂蜜を思い浮かべている自分に気づき、苦笑してしまった。

2009040402

国道407号線の旧道の桜並木。日光脇往還(「千人同心日光道」等の呼び名あり)である。この道の呼び名や歴史的な詳細については、埼玉県教育委員会発行「日光脇往還」等に詳しい。

2009040403

西に進む。加藤牧場である。営業時間は午前10時から午後5時まで。早く到着しすぎてジェラートを食べそこねてしまった(^^;

2009040404

さらに西に進む、日高市の旧高萩村を出て、旧高麗川村に入る。霊巖寺の枝垂桜である。ちょっと到着しずらい位置ではあるが、近くではコゲラ(野鳥)を見かけたりした。

2009040406

さらに西に進む。高麗家住宅の枝垂桜である。

2009040405

さらに西に進む。聖天院山門の桜である。記憶に残る限りで、この桜を初めて見たのは昭和47年の4月であった。友達4人で見に来たことを思い出した。

2009040407

さらに西に進む。森林管理道清流線への分岐点である。以前にはなかった「関係者以外通行止」の看板がある。清流線を登るのを諦めて、宿谷権現堂線を登ることにする。

2009040408

宿谷権現堂をハーハーゼイゼイしながら登る。TTのゴール地点である清流線分岐に到着。かなり体重が増加しているため登るのがつらかったがどうにかゴール。しばらくするとTTをしている緑色のジャージを来た若い方が到着。タイムを聞いてビックリ。私の半分の時間で登っているのである。世の中、速い人は速い。
さて、清流線の以前と違う通行止の看板であるが、「ゴミの不法投棄が多発するため関係者以外の通行をお断りします 平成21年1月17日から平成21年9月30日まで 埼玉県川越農林振興センター」との内容である。まあ、サイクリストにゴミを捨てる人はいないだろうから、通行可能のような気もするが電話で問い合わせるしかあるまい。

2009040409

林道権現堂線を下り鎌北湖を目指す。林道が終わった辺りの民家の枝垂桜。民家の敷地内のものなので、当然のことながら立入りはせず、遠くから撮影させていただいた。

2009040410

鎌北湖である。桜の見頃には少し早いが綺麗であった。

2009040411

お腹がすいてきたので、県道30号(飯能寄居)線に出て、「はとふら」で野菜カレー(スープ又はサラダ付)@980円を食べる。さすがに味が違う。お客さんも多く、席が空くのを待っている方もおられた。

2009040412_2

一路北進し、林道滝ノ入線を登る。花桃が綺麗であった。

2009040413

越生町側に降りて、梅園地区が見渡せる地点に登る。白い絨毯は来年までお預けである。

2009040414

梅の花が終わった越生梅林である。

2009040415

帰路につく。楽しめた一日であった。 

« 花桃の郷 | トップページ | 道志みち »

コメント

春の色を楽しまれたようですね。
はとふら美味しいのでお気に入りですが、
そういえば、このお店も桜色ですね。

>きーじぇいさん
コメントありがとうございます。確かに、建物は桜色です(^^; 今度は、普通の?服装で出掛けてみようかと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/44563782

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 花桃の郷 | トップページ | 道志みち »