« 雪 | トップページ | シクロクロス »

2009年2月11日 (水)

春の気配

久々にロードバイクに乗った。天候は予想どおり曇天の冬寒であるが、午前中の早い時間帯では薄日もあって、少し暖かく感じられるときもあったのだが、トータルすれば、やっぱり寒かった。ちなみに帰宅時の気温が7度だったので、山の中ではもっと寒かったと思う。

まずは越生梅林を目指す。しばらく前に、「彩の国小唄」という曲を聞いたのだが「梅なら越生 彼岸花なら巾着田」などとの歌詞があり、彩の国(=埼玉県)では梅と言えば越生が定番である。越生梅林に到着。何本かの梅は5分咲き程度に咲いているが、全体を見ると、まったく咲いていない梅が多いので、結局、どこかのブログで読ませていただいた表現なのだが、全体では0.5分咲きというところであろうか。

写真は越生梅林近くの梅林(うめばやし?)。当然のことながら針葉樹林の手前の木は、すべて梅である。

2009021101

越生梅林から上谷グラウンド、大附分岐、温泉スタンドと進む。県道172号(大野東松山)線に出て左折し、西平方面に行こうと考えていたのだが、県道に出たところで気が変わり、直進して四季彩館の脇を通って横松郷に向かう。単独走のローディーに次々と抜かれる。

石碑を過ぎて、林道の終点近くで一休み。ソイジョイを食べていたら、ちょっとした警戒感をただよわせながら白猫が近付いてきた。後から2匹が現れ、合計3匹の白猫が来た。結果として、猫の目当てはソイジョイではなかったが、マタタビ味でもあれば・・・分けてあげる意思は十分にあるのだが・・・。

2009021102

しばらく進むと、畑の中に妙なものを発見。何だろう? まったく見当がつかないが、豊作祈願、もぐら封じ・・・可能性はいろいろありそうで、考えていると面白い。まあ、わからないので調べてみようと思う。

※ 2009(平成21)年2月14日追記 博識の方に伺ったところ「粟穂稗穂(あわぼひえぼ)」というのだそうである。豊作祈願のための小正月行事とのことであった。

2009021103

松郷峠を下り、ラジュモハンの脇から東秩父へ。安戸宿を抜けて進む。落合で悩んでしまった。直進して寄居方面に進み、茶の間、五郎作、うさぎや、のこのこなどが思い浮かぶが、予定どおり左折して定峰方面へ走り出す。

しばらく進むと、寒いし、脚は重いし、ということで、気合が入らない。白石車庫にたどり着く前にUターンを決める。当方の状況とは何の関係もなく、紅梅がきれいに咲いていた。

2009021104

とにかく寒いので、JA東秩父直売所でうどんを食べることにした。天ぷらうどん@450円+生たまごのトッピング@50円を注文。注文を聞き直されるのを期待していたのだが、そのようなことはなく、すぐに出てきた。七味唐辛子を入れようとしたら、ゴムひもが結んであり、挙句に鈴までついている。これにはビックリ。店が混んでいて、後ろに人が立って待っているのでハイスピードで食べた。でも温まった。

東秩父を後にして春の気配を探しながらまったりと帰路についたのだが、なぜか裏松郷がつらかった。ちょっと不摂生がたたっている感じがする。今日は寒い思いをしたので、風邪をひかないように気をつけようと思う。以下の写真は身近に見つけた春の気配である。

2009021105

2009021106

2009021107

« 雪 | トップページ | シクロクロス »

コメント

いやー、やっと走れましたね。
時間がとれて、距離を伸ばせるようになればよいですね。
また、峠探訪楽しみにしてます。
それにしても、畑の竹ん棒は気になりますね。モグラ除けのまじないかな?何でしょう?

いやー、やっと走れましたよ。
今日(きょうび)、もぐら除けはグルグルと畑で回っているペットボトル細工が主流ですけど、竹の棒の先についているものが地面をたたく道具みたいなイメージもあるし、全体を見ると、作物が実って垂れ下がっているイメージもあるし・・・実は、まったく違うものとか・・・しばらくは楽しめそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/44026226

この記事へのトラックバック一覧です: 春の気配:

« 雪 | トップページ | シクロクロス »