« 弓立山’09 | トップページ | 春の気配 »

2009年1月10日 (土)

何かと用事があって自転車に乗れない日々が続いている。今日は、埼玉県西部を車で走る機会があり、昨日降った雪のお陰で雪景色を楽しむことができた。

飯能市では、見える部分がすべて雪化粧した富士山、白くなっている大岳はじめ奥多摩の山々、そして、これも白くなっている奥武蔵の山々を見ることができた。蕨山がどれか特定できなかったが、いつか登って東京湾と房総半島を眺めてみたいものである。いずれにしても、これからしばらくの間は、奥多摩・奥武蔵にロードバイクでは近づけまい・・・と思う。

北に目を向けると青梅・名栗方面に比べれば雪は少なかったような気がするが、奥武蔵の後ろに見えた武甲山なども真っ白であった。

さて、話の場所を移動して、下の写真は夕日に映える嵐山町内の杉林。花粉症の方々にとっては、何ともいえない景観なのかもしれないが、この色合いは好きである。

2009011001

西に目を向けると堂平山、笹山、笠山峠、笠山である。この位置から見ると笹山の存在が良く分かる。そして、笠山が笠っぽくない。そして手前にどうにか?見えるのは関越自動車道の嵐山小川ICである。

2009011002

次の写真は鳩山町内から見た堂平山、七重峠、笹山、笠山である。 この位置から見ると笹山の存在感がうすくなる。笠山はやはり笠っぽくない。笠山が最も笠っぽいのは、笠山と越生町辺りを結んだ延長線上のような気がする。話を写真に戻して、七重峠の附近及び笠山の山頂附近などは白く見え、雪が積もっているのが分かる。白石峠、定峰峠、七重峠、いずれもロードバイクでは走れそうにない。でも定峰峠などは県道なので、そのレベルは別にして除雪はされることと思う。

2009011003

暖かくなったらロードバイクで走りに行きたいものである。

« 弓立山’09 | トップページ | 春の気配 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/43697749

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 弓立山’09 | トップページ | 春の気配 »