« 秩父4ダム | トップページ | 御堂笠山線 »

2008年12月 7日 (日)

寄居中間平

寄居町の中間平(ちゅうげんだいら)に行ってきた。

ルートは、越生町市街⇒武蔵の杜ゴルフ場⇒温泉スタンド⇒西平711⇒松郷峠⇒オヤノタ(かやの湯)⇒中間平⇒森林管理道梨子ノ木線⇒小川町市街である。

のんびり、まったりで走り出す。武蔵の杜ゴルフ場の池にカモが何羽もいた。

2008120701

温泉スタンドを越えて、西平711で一休み。松郷峠を登る。所要時間11分丁度。気温8度。TTをする気は毛頭ないが初めてタイムを計ってみた。

東秩父村を進む。紅葉は終わってしまったが、まだ木々の葉は落ちていない。落合を過ぎて、オヤノタの峠にたどり着く。峠からは雪をかぶった男体山が良く見える。寄居方面に下っていく。途中で左折し中間平を目指す。

中間平に到着。野武士の物見櫓みたいな展望台ができていたので登ってみた。北方向の眺めは立木にさえぎられて良くないものの、東側の眺めは圧巻である。東京の都心は山に隠れて見えないが、さいたま新都心あたりまでは見える。展望台を降りて、中間平の中の別の場所へ移動。この場所は、位置的な記憶からすると、最初に整備された部分のような気がする。寄居町の市街や荒川が良く見える。

2008120702

つづいて筑波山方面を望む。手前には寄居町立城南中学校などが見える。この景色の中に何人の人が暮らしているのだろう?などと思う。筑波山は左上の方にうっすらと見える。この写真の右側には自動車工場の造成地なども見えたが、今の経済情勢を考えると複雑な心境になる。

2008120703

中間平から北斜面の道を下る。寒い。落葉とコケと水の三重奏である。氷も見える。ゆっくりと下る。森の中も寒いが、畑地に出ても寒い。北側に下りてしまったので、3UPのTDN練習走行会のときに走った道を使って登り返して鉢形城跡にでる。以降、南に進んで森林管理道梨子ノ木線を目指す。起点に到着。

2008120704

登り始める。非常にあっけない林道である。登りのすべてが下の写真一枚に収まっていると言っても過言ではない。

2008120705

小川町側におりて小川名物などを食べようかとも思ったが、結局、定食屋さんの味噌ラーメンを食べて温まる。

本日の獲得標高915m

« 秩父4ダム | トップページ | 御堂笠山線 »

コメント

ニアミスですね。
梨子ノ木線を、小川町から寄居方面に、10時過ぎに通過しました。

たけきよさんの軌跡を参考に中間平に行ってきました。自転車では初めての場所で、前に訪れてから30年近くたっていますが、砂利敷の狭い駐車場に当時の面影を感じました。梨子ノ木線はアプローチが良い風情です。八高線の線路の存在が、返って良い感じをかもし出してますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/43347245

この記事へのトラックバック一覧です: 寄居中間平:

« 秩父4ダム | トップページ | 御堂笠山線 »