« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月23日 (火)

100キロツーリング

今日は3UPの100キロツーリングの日である。このところの状況から、それより先に自分の実力から、このイベントに参加することは体力的に不可能と思われ、当初から参加するつもりはなかったが、何となく皆さんが走っている姿を見たくなったので、また、走っている様子の写真でも撮れればと思い、コースを逆走することにした。

越生梅林まで来ると、グリーンライン方面の山々が雪で白くなっているのが見える。この状況では、山伏峠や定峰峠を越えるツーリングコースが変更されたかな・・・などと思ったが杞憂であった。

越生梅林から上谷(かみやつ)グラウンド、大附分岐と進み、温泉スタンドを越えて西平711へ。ここで一休み。偶然に、ときがわ町で喫茶店を営んでいる方にお会いして声をかけられた。

松郷峠をたんたんと登る。9分57秒。そろそろ集団が来る頃かなと思いながら、しばらく待ってみるが来ないので小川町側に下る。槻川の橋の手前で5人の集団とすれ違う。Uターンして追い抜いて、しばらく先行してから写真を撮らせていただく。全体の参加人数や構成が分からないので、松郷峠を登り返して西平711へ。ここで缶コーヒーを飲む。しばらくして店長をはじめとする10人以上の本隊?の方々が到着。皆さん当初の予定どおりに自転車から降りることもなく出発して行く。この時点で、この後方にもう一つの小集団があることは把握できたが、当方は本隊を追走する。しかし、速すぎてあっと言う間に見えなくなってしまった。

温泉スタンド経由のツーリングのコースを離れ、田中交差点を東に進み、丘の上のパン工房の脇を抜け、八高線の踏切を渡り、越生の丘陵地を抜けて県立越生高校脇の交差点に出る。ここで本隊の方々を発見。追走するが、当然のことながら差が縮まらない。しばらく走って、信号待ちの皆さんに追いついた。最後尾に着かせていただいて、2キロ程度走る。私の普段走っているスピードよりは10キロ以上速い。心拍数は170超。付いていくのが精一杯であった。次の信号待ちでハーハーゼイゼイのお犬様状態。しばらく走って離脱させていただいた。

しかし、いつものマイペースで、まったり、ウリウリと走っているのとは勝手が違う。

他の予定から今年最後のツーリングも多分参加できそうにないし、3UP大忘年会も参加できそうにない。ということで、ブログ上では失礼ながら、3UPの皆様、今年一年お世話になりました m(_ _)m

2008年12月21日 (日)

御堂笠山線

今日は御堂笠山線に行ってきた。前回走ろうとしたときは東京電力の西上武幹線の工事のために通行止となっており、やむなく迂回したのであったが、その再チャレンジである。したがって、今日が初めての自転車での走行である。

天気予報では東京の最高気温が19度との予想。気温が上がれば、沢筋や北斜面の林道路面の氷は融けているのでは・・・との目算のもとに出発。

越生町の市街地を抜け越生梅林方面へ。上谷(かみやつ)グラウンドの脇を通って、大附の分岐へ。久々に弓立山に登ってみようと思い左折。うりうりと登って行く。

夜中になれば猪でも突進して来そうな道ではあるが、道の両脇を鼻でほじった跡がないので、あまり出没していないのかも・・・と思う。もしかするとゴルフ場にでも遠征しているのであろうか。

弓立山に到着。大附分岐から2.7キロ、獲得標高259m、平均勾配9.5%、所要時間20分46秒であった。無理せずに登ったので最大心拍は147である。近くには仙元山、遠くには日光連山が見える。

2008122101

弓立山を降りて、西平711を目指す。途中、笠山や堂平山が非常にキレイに見えた。眺めていると、何となく七重峠に行ってみたい雰囲気になってくる。

2008122102

とりあえずは、宿の交差点を目指して下る。途中の萩日吉神社で写真を撮る。大きな杉の木である。

2008122103

西平711に到着。小休止して補給。

松郷峠を登る。今日は良い天気で、気温も高いのでローディーも多い。とは言え、ネームバリューのあるチームジャージの方が多い気がする。少しだけマジメに登る。9分11秒。

小川町側に下りて、館川沿いを進んでいく。さすがに暖かい日とは言え、霜が融けずに白く残っている。路面は濡れているが凍ってはいない。まあ、寒い日だったら走行不能だろうと思うので、今日は目論見どおりである。

栗山線を登る。栗山支線分岐まで約2キロ、勾配は10%程度である。栗山支線に入る。小川町と東秩父村の境界で萩帯線になり東秩父村内へ。御堂笠山線に到着。桜が咲いている。

2008122104

いよいよ御堂笠山線である。勾配はあまりキツクなく走りやすい。しばらく走ると最高点と思しき場所に到着。秩父高原牧場方面が良く見える。ここからは下りである。

2008122105 

下っていくと、西上武幹線の真新しい鉄塔があった。下から見るとかなり高い感じがする。前回は、この鉄塔のために通行止だったのかぁ・・・などと思う。

2008122106

更に下って福祉施設の脇に出て、御堂笠山線はおしまい。急坂を下って採石場の事務所脇にでて、ふれあい広場を左手に見ながら下る。

しばらく走って、お腹が空いたので、カツ丼@900円を食べる。これは残念ながらハズレであった。小鉢に入っている柚子の香りのする漬物と、切干大根の煮付け、そしてなめこの味噌汁は、とっても美味しいのであるが、肝心のカツが・・・。仮りに「スポンジ・ボブ」がカツ丼を作ったとしても、こうはならないに違いない。まあ、スポンジとは言わないが、高野豆腐がカツになったとでも言えば、イメージしやすいだろうか・・・。

その後、裏松郷を登り帰路に着く。本日の獲得標高1,100m。

今日は、「あの時、この歌」という、由紀さおり・安田祥子の6枚組の童謡のCDを聞き始めたが、2枚目が終わったところである。

2008年12月 7日 (日)

寄居中間平

寄居町の中間平(ちゅうげんだいら)に行ってきた。

ルートは、越生町市街⇒武蔵の杜ゴルフ場⇒温泉スタンド⇒西平711⇒松郷峠⇒オヤノタ(かやの湯)⇒中間平⇒森林管理道梨子ノ木線⇒小川町市街である。

のんびり、まったりで走り出す。武蔵の杜ゴルフ場の池にカモが何羽もいた。

2008120701

温泉スタンドを越えて、西平711で一休み。松郷峠を登る。所要時間11分丁度。気温8度。TTをする気は毛頭ないが初めてタイムを計ってみた。

東秩父村を進む。紅葉は終わってしまったが、まだ木々の葉は落ちていない。落合を過ぎて、オヤノタの峠にたどり着く。峠からは雪をかぶった男体山が良く見える。寄居方面に下っていく。途中で左折し中間平を目指す。

中間平に到着。野武士の物見櫓みたいな展望台ができていたので登ってみた。北方向の眺めは立木にさえぎられて良くないものの、東側の眺めは圧巻である。東京の都心は山に隠れて見えないが、さいたま新都心あたりまでは見える。展望台を降りて、中間平の中の別の場所へ移動。この場所は、位置的な記憶からすると、最初に整備された部分のような気がする。寄居町の市街や荒川が良く見える。

2008120702

つづいて筑波山方面を望む。手前には寄居町立城南中学校などが見える。この景色の中に何人の人が暮らしているのだろう?などと思う。筑波山は左上の方にうっすらと見える。この写真の右側には自動車工場の造成地なども見えたが、今の経済情勢を考えると複雑な心境になる。

2008120703

中間平から北斜面の道を下る。寒い。落葉とコケと水の三重奏である。氷も見える。ゆっくりと下る。森の中も寒いが、畑地に出ても寒い。北側に下りてしまったので、3UPのTDN練習走行会のときに走った道を使って登り返して鉢形城跡にでる。以降、南に進んで森林管理道梨子ノ木線を目指す。起点に到着。

2008120704

登り始める。非常にあっけない林道である。登りのすべてが下の写真一枚に収まっていると言っても過言ではない。

2008120705

小川町側におりて小川名物などを食べようかとも思ったが、結局、定食屋さんの味噌ラーメンを食べて温まる。

本日の獲得標高915m

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »