« 利根川の渡し船 | トップページ | 秩父4ダム »

2008年11月15日 (土)

多摩川源流

先日、山登りを趣味としている年配の方と話をする機会があった。話はいろいろと展開し、その内に「百名山」の話になった。その方がおっしゃるには「百名山は登ろうとして登るべきものではなく、気がついたら登っていたというのが良い。」とのことだった。

師匠からも「そんなに奥多摩の峠道を続けて登ると、行く所がなくなっちゃうぞ・・・」とも言われている。

まあ、確かに、それもそうなのだが、心境的には、三波春夫の歌の台詞ではないが「♪ 止めて下さるな師匠殿。行かねばならぬ。行かねばならぬのだ。」みたいな所かもしれない。

前置きはこれくらいにして・・・今日は、多摩川源流を訪ねてみた。峠的には今川峠と犬切峠を登ってきた。

午前5時30分起床。空を見ると見事に期待を裏切られ、まったくの曇天。しかし、寒くはない。もう一度天気予報を確認して、愛車に愛車を積み込んで、いつもの奥多摩湖の駐車場に向かう。

軍畑のあたりまで来ると、西に青空が見える。御岳山あたりを境として、東側は曇天、西側は快晴である。来た甲斐がある。

午前8時45分駐車場出発。奥多摩湖を左に見ながら走る。山々が良く見える。

2008111501

深山橋を渡り国道139号線に入り小菅村を目指す。湖面に映る紅葉がきれいである。

2008111502

国道を登り続け小菅村が見えてきた。さすがに山間の村である。段々畑がすごい。

2008111503

山梨県道18号(上野原丹波山)線に入り、登り続ける。今川峠の登り口が見えてきた。ここを右折する。

2008111504

今川峠を目指して登り始める。最初から結構きつい感じのする坂である。ウリウリと登って行く。途中で、爆音を響かせた2台のバイクに抜かれる。音の感じは、「伊勢崎」か「川口」かという感じの音で、あまりイヤな感じはしなかった。峠道の終盤は勾配も緩んで楽になるが、最後の最後でまたきつくなる。今川峠に到着。上の写真のところから距離3.0キロ、獲得標高283m、平均勾配9.5%、所要時間25分5秒であった。

2008111505

今川峠を後にして丹波山村側に下る。途中、見晴らしの良いところがあったのでパチリ。小学校、のめこい湯、ローラーすべり台の辺りが見える。

2008111506

丹波山村役場の前を通り、国道411号線に出る。左折。20キロ以下のスピードでゆったりと登って行く。段々、両脇の山が迫ってきた。紅葉が美しい。羽根戸隧道手前で写真を撮る。紅葉はピークをちょっとすぎたかなという感じである。

2008111507

淡々と登り続け、林道一之瀬線の起点に到着。右折して林道に入る。

2008111508

この林道は面白い。山梨県甲州市にありながら管理者が東京都(水道局)なのである。まあ、自治体の山の家などと同じで、他の自治体にある公共施設というところだろうか。でも、使うのは・・・間接的には東京都民ということか。

1車線の道をウリウリと登って行く。勾配はきつくない。しかし、紅葉シーズンだからだろうか車が想像以上に多い。登山客を乗せた中型観光バス2台も登っていった。ちょっとビックリ。林道の開けたところの風景は下の写真のような風情である。

2008111509

登り続けて石楠花(しゃくなげ)橋に到着。ここで一之瀬川の右岸側から左岸側に林道の位置が変わる。また、この橋を過ぎると九十九折の登りが始まる。写真は、橋の上から上流の渓流を見たところ。キレイである。

2008111510

ニ之瀬、三之瀬の集落を過ぎ、なおも登り続ける。下の写真の位置まで辿りつけば、さほど登りはきつくなくなる。

2008111511

尾根や谷を横目に見ながら進んでいく。「夏にきたら、きっと爽やかだろうな。結構、上が開けてるので背中ジリジリで熱いかな・・・」などと思いながら走る。

作場平橋に到着。この橋は「ロードバイクで行ける、多摩川水系本流の最も上流にある橋」である。辺りには駐車場があって、登山者の車がたくさん止まっていた。

2008111512

橋を後にして走り続ける。ほとんど登りはない。途中、左側(沢側)に広場があって、飛龍山などが良く見えた。しばらく走ると林道一之瀬線の終点である。起点から12.5キロ、獲得標高547mであった。しかし、標柱も看板も何もないところである。調べてみると、厳密には犬切峠は、ここではないらしい。国土地理院の2.5万図を確認すると犬切峠に行くには、ちょびっと南東に走る必要がある。写真のイメージで言うと左折である。

2008111513

犬切峠に到着。当然にというか標柱も看板もない所である。登ってくる山道と若干の切通し的凹みがいかにも峠っぽい。まあ、自転車で来たのなら、上の写真の位置が犬切峠ということで・・・良いのだと思う。

2008111514

もとの分岐(林道一之瀬線終点)に戻って、いよいよ下りである。徹底的に着込む。と言っても1枚しかないが・・・。

路面の状況はあまり良くない。しばらく下って分岐に到着。初めて『犬切峠』という文字を見た。道なりに下っていく。

2008111515

国道411号線の落合橋に出て、後はひたすら下るのみである。丹波山村の市街地?を過ぎて若干の登りはあるが、寒いながらもスピーディーに進む。

奥多摩湖の峰谷橋まで帰って来た。以前、このブログに面白い地形が見えると書いたことがあるが、下の写真の中央部分の地形である。水位が上がるとどうなるのかに興味がある。

2008111516

お腹が空いた。何度か奥多摩湖畔を走っているが、おいしそうな匂いのするお店があるのである。今度来たときは、ここで食べようと思っていたお店に入る。「のんきや」さんである。ピロティー式の建物であるが、2階に上がると、国道をまったく見ずに、奥多摩湖と山々の景色が楽しめる。

2008111517

手打ち中華そば(味噌)@750円と手作り餃子@350円を注文。 美味しかった。

2008111518

お店を出て、しばらく走って奥多摩湖の駐車場に到着。本日の走行距離は76.8キロ、獲得標高は1,450mである。

楽しい1日であった。

« 利根川の渡し船 | トップページ | 秩父4ダム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/43123353

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川源流:

« 利根川の渡し船 | トップページ | 秩父4ダム »