« 荒川のコスモス | トップページ | 風張峠×2 »

2008年10月18日 (土)

川越まつり

川越まつりを見に行ってきた。

川越市内は、以前には相当歩き回っていたので、細かい路地まで知っている感じもあるのではあるが、川越まつりにはあまり縁がなかった。ブログなどを読ませていただいて、自転車で行くのは無理らしいことが分かっていたので、電車に乗って到着。半袖が丁度良いような良い天気であった。

まずは川越駅附近。脇田町の山車である。山車は歩道橋をくぐる際にはかなり縮んでいたのだが、くぐり抜けると、まずは赤い部分が出てきた。

2008101801

次に人形が出てきて本来の姿を現した。人形は徳川家康である。

2008101802

その後クレアモールを歩く。新富町一丁目の山車が見えてきた。人形は徳川家光である。

2008101803

ふと上をみると何やら飛んでいた。

2008101804

その後、本川越、連雀町、仲町と歩いて行く。とにかく広い道の信号が全て消えていて、バスも運休で車は1台もなし。いわゆる歩行者天国状態で気分が良い。

途中養寿院によってから菓子屋横丁方面へ。元町一丁目の出車が見えた。人形は牛若丸であるが、腰まわりの彫刻に目が行った。四方を見ると物語りになっている感じである。

2008101805

札の辻あたりで、しょっぱい(←形容詞)団子@100円を食べる。30年以上前を彷彿とさせる懐かしい味である。

時の鐘前に山車が止めてあったのでパチリ。

2008101806

その後は蔵造りの街を歩いて駅に向かったが、歩くのが容易でないようなすごい人の数であった。

川越の旧市内がお祭り一色という感じであった。交通規制もすごいし、露天の数もすごいし、警察官やガードマン、そしてボランティアの方も目についた。これで、今年は山車の約半分しか登場していないというのだからすごいなあと思う。さすがに入間の盟主?『川越』である。

« 荒川のコスモス | トップページ | 風張峠×2 »

コメント

絶好の祭り日和に楽しまれたんですね。
全台揃うのは10年に一度だったと思いますが、山車の造りは面白いですね。
夜の曳っかわせも見所なので機会がありましたらまたどうぞ。

伝統の川越まつり、楽しんで来ました。きーじぇいさんがブログに書かれたとおり広域の通行規制もありますし、あまりの人出の多さで自転車は転がすのも大変そうでした。そう言えば、郵便配達のバイクも押しで歩いていましたっけ(^^;
お祭りは提灯に灯が入ってからは別の風情がありますよね。きっと楽しそうです。またの機会に行って見たいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/42829325

この記事へのトラックバック一覧です: 川越まつり:

« 荒川のコスモス | トップページ | 風張峠×2 »