« 利根大堰 | トップページ | 荒川のコスモス »

2008年10月12日 (日)

木賊峠・信州峠

木賊峠(とくさとうげ)と信州峠に行ってきた。

先週の落車から背中と膝が本調子ではなく、身体的にはポタリング程度が限界ではあるが、北杜市の公式ホームページを見ると「みずがき山自然公園附近の紅葉が見頃である」と掲載してあるし、天気予報も秋晴れだと言っているので出かけることにした。

午前4時45分起床。5時15分に愛車に愛車を積み込んで出発。圏央道の狭山日高ICから高速に乗る。本線に入ると、富士山が大きく見える。そして、これから多くのランナーが走ることになるであろう大岳や三頭山方面の山々もキレイに見える。

快調に高速を走り、須玉ICから一般道に降り、みずがき湖(塩川ダム)を目指す。午前8時、湖畔に到着。やおら準備をして走りだす。

2008101201

まずは、増富温泉を目指す。途中、道端に炭焼き釜があった。現役なのだろうか?

2008101202

増富温泉はなぜか通過したことしかない。前回はいつだったろう。かなり前である。瑞牆山から奥秩父を縦走して雲取山へ、石尾根を下って奥多摩駅まで1泊2日で歩いた(走った)ことがあったが、それ以来である。温泉街の中に本谷釜瀬林道の起点があった。林道を登って行く。

走っているとカーブミラーがユニークであった。普通はオレンジ色の鉄柱に取り付けられているものであるが、ここでは木の柱に取り付けられ、加えて木の屋根も付いていて、カーブミラーの家?みたいな感じがしなくもない。そして、鏡面もキレイである。

2008101203

林道沿いの渓谷が綺麗である。さすがにパンフレットに「渓谷美」と記されているだけのことはある。

2008101204

みずがき湖の湖畔から8.1キロ、獲得標高406mで、木賊峠に通じる観音峠大野山林道との分岐に到着。分岐点の辺りは広く、大きな案内板などもあり、非常に分かり易い分岐である。ここを右折して木賊峠を目指す。

最初のうちはアスファルト舗装であるが、約1.1キロ程走るとコンクリート舗装に変わる。勾配10%で落石注意の標識がある。(※ この辺りの林道は、みずがき山荘附近も含めて、この標識だらけ?(笑)である。) ヒーコラ登って行くと約1.4キロでコンクリート舗装も終わりに近付く。

2008101205

この辺りまで登ってくると紅葉がキレイに見えてくる。

2008101206

今度はアスファルト舗装が約2キロ続く。勾配もきつくなく、奥秩父の森の匂いもして気分が良い。振り返れば金峰山が見える。

2008101207

その後は、再びコンクリート舗装の道が続くが、先ほどの部分に比べれば、それ程の勾配ではない。

林道の分岐から、5.4キロ、獲得標高409m、平均勾配7.5%で木賊峠に到着。峠の道の分岐から50mほど離れた駐車場から富士山が見えた。

2008101208

登ってきた道を下る。熊鈴がよく鳴っている。先ほどの林道分岐を右折(=本谷釜瀬林道を登る)して、みずがき山荘を目指す。しばらく気分の良い森の中の林道を走って、みずがき山荘前に出た。

ちょっとビックリ。観光バスがある、車がたくさんとまっている、登山者が大勢いるという具合で、ひなびた山小屋を想像して走ってきた当方にしてみればオドロキであった。まあ、こんな山深いところまでロードバイクで登ってくることも、しばらく前には考えもつかなかったことなのだろうし・・・ということで納得。

みずがき山荘からしばらく下って、みずがき山自然公園を目指す。気温は13度。長袖、ビブニッカー、ウインドブレーカーという格好なのだが、寒い。

みずがき山自然公園(平成13年第52回全国植樹祭会場地)に到着。紅葉見物にはちょっと早いみたいだが、樹木単位に見れば結構楽しめる。まあ満足である。

この場所は以前に訪れたことがあるのだが、かなり景色が違っていた。写真右下の管理棟はなかったし、芝生のテントサイトもなかった。公園内を歩いている人は、ガチガチの登山靴を履いた方から、それこそハイヒールの女性までいて、ある意味面白かった。

お腹が空いたので、管理棟の食堂で山菜そば@700円を食べた。おばちゃんが忙しそうに作って運んでくれた。粗末には食べられない感じがした。

2008101209_2

みずがき山自然公園を後にして、今度は信州峠を目指す。林道をT字路まで下って右折。県道を登って行く。峠まではT字路から3.0キロ、獲得標高273m、平均勾配9.1%である。

2車線で交通量も少ない道を淡々と登って行く。信州峠に到着。もうちょっと信州っぽさが欲しいかな・・・。

2008101210

ということで、昨日、国土地理院の地図を見ていて2キロほど下れば高原野菜の畑があることがわかっていたので、更なる信州らしさを求めて下ってみた。私にとっての信州川上村のイメージは、この景色である。しばらく眺めて満足してUターン。またまた、淡々と信州峠を目指して登り返した。

2008101211

以降はビューンと下ってみずがき湖へ。これで楽しかったポタリング?も終了である。今日の全行程は47.6キロ、獲得標高は1,535mであった。一人で来たのは、いろいろな意味でもったいなかったような気もするが、まあ、背中と膝のことを考えると脚を引っ張るだけになってしまっていたろうから、これで良いのかもしれないと思う。

« 利根大堰 | トップページ | 荒川のコスモス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/42768193

この記事へのトラックバック一覧です: 木賊峠・信州峠:

« 利根大堰 | トップページ | 荒川のコスモス »