« 秋晴れの大弛峠 | トップページ | 定峰峠へサイクリング »

2008年9月21日 (日)

巾着田の曼珠沙華

昨日は仕事。今日も午前中は仕事。午後から雨が降ることが分かっていたので、朝のうちに日高市の巾着田に曼珠沙華(彼岸花)を見に行ってきた。

公式ホームページを見ると午前7時以降有料となり、@200円を徴収される仕組みらしいが、お金のどうこうではなく、時間がないので早朝起床で出発。

しかし、みなさん早い。午前6時半前だというのに車が列をなしており、すでに交通誘導員の方が大勢おられた。写真はコスモス。遠くの堤防の上に曼珠沙華が咲いているのが見える。

2008092101

下が今朝の曼珠沙華の写真。私の子どもの頃の記憶では、どちらかと言うと、いや確実に、この花は何の罪もないのに嫌われていた。
しかし、彼岸花もこれだけ集まると見事なものである。写真を撮ろうとすると、暗くて?うまく行かない。イマサンな写真(掲載の写真は、当方が撮影したものをソフトを使って明るくしたもの byヒロさん)である。一眼レフを構えている方々は三脚装備。白い曼珠沙華や梅の古木に咲く花の周りには写真を撮る人がズラッと列をなしている。

2008092102_2

川辺に下りてみる。高麗峠方面からの沢の出口である。その昔を思い出す。崖を注意深くみればカワセミが止まっていそうな枝が多い。しかし、早朝から大勢の人出で、挙句に川面に石を投げる者もいて、きっと迷惑がっているに違いない。

2008092103

« 秋晴れの大弛峠 | トップページ | 定峰峠へサイクリング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/42544457

この記事へのトラックバック一覧です: 巾着田の曼珠沙華:

« 秋晴れの大弛峠 | トップページ | 定峰峠へサイクリング »