« 定峰峠へサイクリング | トップページ | 鋸山林道 »

2008年9月27日 (土)

林道猿岩線

今朝は寒かった。屋外に出ると涼しいを通り越して寒い感じがした。空を眺めると雲一つない秋空ではない。他県に遠征するのは絶好の秋日和に・・・ということで、奥武蔵を走ることにした。

さて、どこを走ろうか。前日、「峠探訪記録」を作成していて、登っていない峠や林道が数多くあることが分かったので、無理をしない範囲で一つひとつ登ってみようということと、以前に3UPのたけきよさんが走っていたループコースの全線を走っていないので走ってみようという、2つの目論見で出発した。

アプローチを除いたコースは、龍穏寺入口⇒林道滝ノ入線⇒滝ノ入Y字路⇒桂木観音⇒林道桂木線⇒林道滝ノ入線⇒龍穏寺入口⇒県道越生長沢線⇒林道猿岩線⇒グリーンライン⇒林道笹郷線⇒県道越生長沢線である。

まずはコンビニで補給食を調達。若い店員に「これからどこに行くんですか?」と聞かれる。コンビニの店員に話しかけられることは非常にレアケースなので、「自転車乗るんですか?」と聞き返すと、案の定「大好きなんです!」との答え。次の客がレジに来てしまったので話はここで終わり。

毛呂山町の毛呂本郷から越生町の虚空蔵尊前、上台と進み越生町役場近くへ抜ける。その後も裏道を走り、県道61号(越生長沢)線に入る。前にはローディー4台が走っている。ヒーコラ追走。しばらく走って追いついた。心拍も上がって結構なアップになってしまった。

スタート地点である龍穏寺入口に到着。スタート地点は写真の「龍穏寺」の「穏」の字の左に見える、県道から左に分かれる道の分岐点である。

2008092701

県道を左折してスタート。すぐに越辺川(おっぺがわ)を渡りT字路になる。ここが越生町の林道滝ノ入線の起点である。例のオムスビを逆さにした緑色の標識には「林道 滝の入線 越生町」と記されているが、越生町林道管理条例施行規則を見ると「滝ノ入線」が正しい。

※2013(平成25)年1月23日追記
「林道 滝の入線 越生町」の看板が撤去され、「林道 滝ノ入線 越生町 起点」の看板が設置されました。
-------------------- 追記終了

滝ノ入線を登っていく。すぐにキレイな景色を見て停止。鉄塔は東京電力の中東京幹線の鉄塔である。

2008092702

しばらく登って林道桂木線との分岐に到着。ここまで1.8キロ、獲得標高120m、平均勾配6.9%である。その後、イメージ的には右折して毛呂山町の林道滝ノ入線を走る。「入(いり)」の集落までは多少の登り(獲得標高で36m)があるが、あとは軽快に下れる。下っていくと「ゆずの里オートキャンプ場」がある。いかにも、それらしい車が泊まって?いた。

2008092703

さらに下ると滝ノ入のY字路に到着する。桂木線との分岐から4.6キロである。下の写真では左の道から降りてきたので、今度は右の道を、桂木観音を目指して登って行く。

2008092704

桂木観音までは2.7キロ、獲得標高181m、平均勾配6.9%である。最初のうちは長閑な山村風景の中を進んでいく。沢をつめてUターンするところで本格的なウネウネ登りが始まる。林道桂木線との分岐あたりからは激坂である。分岐から桂木観音まではわずか217mであるが、コンクリート舗装の平均勾配は13.8%である。心拍は170を超えハーハーゼイゼイ状態。桂木観音に到着。所要時間14分12秒である。しかし、ここからの景色は素晴らしい。東京方面のビル群が良く見える。

2008092705

しばらく休憩して出発。激坂を下り林道桂木線へ。桂木観音から下ってきた場合は、ここを右折する。

2008092706

しばらく進むと、というか、実際には桂木地区全体がそうなのであるが、柚子畑が広がっている。今は青柚子がなっている。通常ではお目にかからないものであろうが、皮を擂(す)りおろして、うどんの薬味にすると非常においしいものである。

2008092707

林道桂木線を進む。滝ノ入線までは1.3キロ、獲得高度は32m。若干の登り下りがある。以降、滝ノ入線を越生方面に下り、スタートした地点に戻る。黒山三滝方面に左折し、1.4キロほど進むと、林道猿岩線の起点に向かう道の分岐である。越辺川にかかる北ヶ谷戸橋のたもとである。ここからグリーンライン(花立松ノ峠)を目指して走り始める。

かなりの勾配をしばらく進むと林道猿岩線の起点を通り過ぎる。民家を2軒ほど過ぎると山の中に突入。しばらく登ると勾配が緩む。小さな尾根の切通しを過ぎると再び勾配が急になる。最後の民家を過ぎてからの直登一気はきつい。沢をつめた日照水で折り返してからも同じような勾配の急坂が続く。再び切通しを抜けると少し休めるが、その後、若干の下りはあるもののダラダラと登り続ける。上州の山々や筑波山がキレイに見えるが、自分なりに一生懸命に走る。心拍は170超。苦しい。ついに到着。北ヶ谷戸橋から、5.8キロ、獲得標高460m、平均勾配7.9%、所要時間35分40秒である。

その後は、グリーンラインを走り黒山展望台へ。北の方角を見る。手前右が弓立山、左が雀川上雲線等が走る雷電山である。その中間には小川町市街地のマンションが白く見える。

2008092708_2

その後、顔振峠を経て、林道笹郷線を下る。キレイな景色である。

2008092709

黒山のT字路を経て、400mほど進み先程の北ヶ谷戸橋でゴールである。これで一応「たけきよループ」制覇である。距離は30.0キロ、獲得標高は964mであった。

しかし、2周目として滝ノ入線と笹郷線を登り経路にして続けて走る気には・・・ちょっとなれないかなぁ・・・・?

« 定峰峠へサイクリング | トップページ | 鋸山林道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/42612500

この記事へのトラックバック一覧です: 林道猿岩線:

« 定峰峠へサイクリング | トップページ | 鋸山林道 »