« 巾着田の曼珠沙華 | トップページ | 林道猿岩線 »

2008年9月23日 (火)

定峰峠へサイクリング

今日はお彼岸のお中日。早々に墓参りを済ませ出発。

良い天気である。メンバーは、当方、ヒロさん、Oさんの3人。3人で自転車で走るのは数十年ぶりであることに間違いはない。越生に出て越生周回コースに入る。雑草を刈り取ったあとに彼岸花が咲いている。昨年も、この場所で彼岸花の写真を撮った。以降、ときがわ町、小川町、東秩父村と進むが、田圃の畦道などの彼岸花がきれいであった。

2008092301

順調に進んでいくが、どうもポラールのセンサーの電池が不足気味なのか、速度表示が安定しない。30キロのスピードを表示したかと思うと次の瞬間には14キロとか、自分で自分の走っているスピードが分からなくなってしまった。

西平711を出発しようとすると、赤いジャージを着た方が走っていくのが見えた。

松郷峠方面に向かう。タイムトライアルの気分で走り出したのであるが、道が狭まったところで大型ダンプ同士がお見合い。スピードを落として脇をすり抜けるが、気分は大きく減退。

少し走ると何やら見慣れたジャージが下りてくる。師匠であった。先ほどの赤いジャージの方もダンプのお見合いに巻き込まれ当方のグループと一緒になってしまっていたのだが、なんと、表彰台の常連であるHさんであった。しばらく5人で会話。世の中は狭い。

以降、松郷峠手前で、心拍170超で頑張るが、Hさんが、(当方のスピードがあまりに落ちて・・・)スピードアップ。軽く離され、しばらく下って追いついた。以降、落合の店までHさんの25キロ巡航の先頭固定で走る。ここでHさんと別れて、定峰峠方面に左折。Hさんお世話様でした。

しばらく先頭で走るが、苦しくなってきたので、「白石車庫で待っていて欲しい」と伝え、路面が赤くなる手前で先頭を譲る。あっと言う間にヒロさんとOさんがグングン走り去って見えなくなってしまう。

白石車庫到着。飲物を作り、一休み。定峰峠を目指して登り始める。しばらく走って、またまた、ヒロさん(←前後ともギアは1枚)とOさんがグングン走り去って見えなくなってしまう。速い。いや当方が遅すぎるのか。3UPの皆さんに引き離される時の感触に似ている。ハーハーゼイゼイと自分としては一生懸命に登っていくが、自己記録より4分以上遅いタイムで定峰峠に到着。タイムと言えばOさんの自転車である。当方とは、営業実績も資本金も違う。

2008092302

峠の茶屋で焼肉丼@750円を食べる。御飯の上に千切りのキャベツが乗っていて、その上に焼肉が乗っている。焼肉丼の類では正丸丼が横綱級だと思うが、まあ味の感じ方は人それぞれということで・・・。

店を出ると、仕事上の知合いをお見かけする。 軽く会釈したのだが、まったく気付かれなかった。相手方にしてみれば、想定外の場所と姿なのだと思う。

以降、白石峠に登る。良い見晴らしである。遠く赤城山も見える。

2008092303

白石峠から里を目指して下った。宿の交差点を過ぎてトイレ休憩。西平711を過ぎてしばらく走ると、3UPジャージの方が見えてきた。仮に重大な忘れ物をしたとしてもニコニコしていると言われる、あの方である。今日も笑顔で颯爽と走っていた。

その後、温泉スタンド、越生梅林、シロクマ(『クマさんのほっぺ』を食べる。)と走り、帰路についた。

しかし、今日は結構疲れた。この頃、マイペースで走ることが多く、加えて仕事、仕事の不摂生がたたったか、かなり、力が落ちている感じである。それにしても、ヒロさんとOさんは速い。

« 巾着田の曼珠沙華 | トップページ | 林道猿岩線 »

コメント

お会いしたとき先頭を引いていたKacさん、カッコ良かったですよ!
Kacさんも走りこんでますね!
僕はあの後、松郷峠、定峰峠、秩父に降りてR299から山伏峠経由で飯能まで走りました。
今日は、さわやかで自転車日和でしたよね。

あの時刻から松郷⇒定峰⇒秩父⇒299⇒山伏ですか。
さすがにTAKUさんです。いつもの笑顔を見て、心もペダルも軽くなった感じがしました。
帰宅後、当方はバテバテ気味です。距離は走っていないのですが、久々に心拍を上げて疲れちゃいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/42568192

この記事へのトラックバック一覧です: 定峰峠へサイクリング:

« 巾着田の曼珠沙華 | トップページ | 林道猿岩線 »