« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月27日 (土)

林道猿岩線

今朝は寒かった。屋外に出ると涼しいを通り越して寒い感じがした。空を眺めると雲一つない秋空ではない。他県に遠征するのは絶好の秋日和に・・・ということで、奥武蔵を走ることにした。

さて、どこを走ろうか。前日、「峠探訪記録」を作成していて、登っていない峠や林道が数多くあることが分かったので、無理をしない範囲で一つひとつ登ってみようということと、以前に3UPのたけきよさんが走っていたループコースの全線を走っていないので走ってみようという、2つの目論見で出発した。

アプローチを除いたコースは、龍穏寺入口⇒林道滝ノ入線⇒滝ノ入Y字路⇒桂木観音⇒林道桂木線⇒林道滝ノ入線⇒龍穏寺入口⇒県道越生長沢線⇒林道猿岩線⇒グリーンライン⇒林道笹郷線⇒県道越生長沢線である。

まずはコンビニで補給食を調達。若い店員に「これからどこに行くんですか?」と聞かれる。コンビニの店員に話しかけられることは非常にレアケースなので、「自転車乗るんですか?」と聞き返すと、案の定「大好きなんです!」との答え。次の客がレジに来てしまったので話はここで終わり。

毛呂山町の毛呂本郷から越生町の虚空蔵尊前、上台と進み越生町役場近くへ抜ける。その後も裏道を走り、県道61号(越生長沢)線に入る。前にはローディー4台が走っている。ヒーコラ追走。しばらく走って追いついた。心拍も上がって結構なアップになってしまった。

スタート地点である龍穏寺入口に到着。スタート地点は写真の「龍穏寺」の「穏」の字の左に見える、県道から左に分かれる道の分岐点である。

2008092701

県道を左折してスタート。すぐに越辺川(おっぺがわ)を渡りT字路になる。ここが越生町の林道滝ノ入線の起点である。例のオムスビを逆さにした緑色の標識には「林道 滝の入線 越生町」と記されているが、越生町林道管理条例施行規則を見ると「滝ノ入線」が正しい。

※2013(平成25)年1月23日追記
「林道 滝の入線 越生町」の看板が撤去され、「林道 滝ノ入線 越生町 起点」の看板が設置されました。
-------------------- 追記終了

滝ノ入線を登っていく。すぐにキレイな景色を見て停止。鉄塔は東京電力の中東京幹線の鉄塔である。

2008092702

しばらく登って林道桂木線との分岐に到着。ここまで1.8キロ、獲得標高120m、平均勾配6.9%である。その後、イメージ的には右折して毛呂山町の林道滝ノ入線を走る。「入(いり)」の集落までは多少の登り(獲得標高で36m)があるが、あとは軽快に下れる。下っていくと「ゆずの里オートキャンプ場」がある。いかにも、それらしい車が泊まって?いた。

2008092703

さらに下ると滝ノ入のY字路に到着する。桂木線との分岐から4.6キロである。下の写真では左の道から降りてきたので、今度は右の道を、桂木観音を目指して登って行く。

2008092704

桂木観音までは2.7キロ、獲得標高181m、平均勾配6.9%である。最初のうちは長閑な山村風景の中を進んでいく。沢をつめてUターンするところで本格的なウネウネ登りが始まる。林道桂木線との分岐あたりからは激坂である。分岐から桂木観音まではわずか217mであるが、コンクリート舗装の平均勾配は13.8%である。心拍は170を超えハーハーゼイゼイ状態。桂木観音に到着。所要時間14分12秒である。しかし、ここからの景色は素晴らしい。東京方面のビル群が良く見える。

2008092705

しばらく休憩して出発。激坂を下り林道桂木線へ。桂木観音から下ってきた場合は、ここを右折する。

2008092706

しばらく進むと、というか、実際には桂木地区全体がそうなのであるが、柚子畑が広がっている。今は青柚子がなっている。通常ではお目にかからないものであろうが、皮を擂(す)りおろして、うどんの薬味にすると非常においしいものである。

2008092707

林道桂木線を進む。滝ノ入線までは1.3キロ、獲得高度は32m。若干の登り下りがある。以降、滝ノ入線を越生方面に下り、スタートした地点に戻る。黒山三滝方面に左折し、1.4キロほど進むと、林道猿岩線の起点に向かう道の分岐である。越辺川にかかる北ヶ谷戸橋のたもとである。ここからグリーンライン(花立松ノ峠)を目指して走り始める。

かなりの勾配をしばらく進むと林道猿岩線の起点を通り過ぎる。民家を2軒ほど過ぎると山の中に突入。しばらく登ると勾配が緩む。小さな尾根の切通しを過ぎると再び勾配が急になる。最後の民家を過ぎてからの直登一気はきつい。沢をつめた日照水で折り返してからも同じような勾配の急坂が続く。再び切通しを抜けると少し休めるが、その後、若干の下りはあるもののダラダラと登り続ける。上州の山々や筑波山がキレイに見えるが、自分なりに一生懸命に走る。心拍は170超。苦しい。ついに到着。北ヶ谷戸橋から、5.8キロ、獲得標高460m、平均勾配7.9%、所要時間35分40秒である。

その後は、グリーンラインを走り黒山展望台へ。北の方角を見る。手前右が弓立山、左が雀川上雲線等が走る雷電山である。その中間には小川町市街地のマンションが白く見える。

2008092708_2

その後、顔振峠を経て、林道笹郷線を下る。キレイな景色である。

2008092709

黒山のT字路を経て、400mほど進み先程の北ヶ谷戸橋でゴールである。これで一応「たけきよループ」制覇である。距離は30.0キロ、獲得標高は964mであった。

しかし、2周目として滝ノ入線と笹郷線を登り経路にして続けて走る気には・・・ちょっとなれないかなぁ・・・・?

2008年9月23日 (火)

定峰峠へサイクリング

今日はお彼岸のお中日。早々に墓参りを済ませ出発。

良い天気である。メンバーは、当方、ヒロさん、Oさんの3人。3人で自転車で走るのは数十年ぶりであることに間違いはない。越生に出て越生周回コースに入る。雑草を刈り取ったあとに彼岸花が咲いている。昨年も、この場所で彼岸花の写真を撮った。以降、ときがわ町、小川町、東秩父村と進むが、田圃の畦道などの彼岸花がきれいであった。

2008092301

順調に進んでいくが、どうもポラールのセンサーの電池が不足気味なのか、速度表示が安定しない。30キロのスピードを表示したかと思うと次の瞬間には14キロとか、自分で自分の走っているスピードが分からなくなってしまった。

西平711を出発しようとすると、赤いジャージを着た方が走っていくのが見えた。

松郷峠方面に向かう。タイムトライアルの気分で走り出したのであるが、道が狭まったところで大型ダンプ同士がお見合い。スピードを落として脇をすり抜けるが、気分は大きく減退。

少し走ると何やら見慣れたジャージが下りてくる。師匠であった。先ほどの赤いジャージの方もダンプのお見合いに巻き込まれ当方のグループと一緒になってしまっていたのだが、なんと、表彰台の常連であるHさんであった。しばらく5人で会話。世の中は狭い。

以降、松郷峠手前で、心拍170超で頑張るが、Hさんが、(当方のスピードがあまりに落ちて・・・)スピードアップ。軽く離され、しばらく下って追いついた。以降、落合の店までHさんの25キロ巡航の先頭固定で走る。ここでHさんと別れて、定峰峠方面に左折。Hさんお世話様でした。

しばらく先頭で走るが、苦しくなってきたので、「白石車庫で待っていて欲しい」と伝え、路面が赤くなる手前で先頭を譲る。あっと言う間にヒロさんとOさんがグングン走り去って見えなくなってしまう。

白石車庫到着。飲物を作り、一休み。定峰峠を目指して登り始める。しばらく走って、またまた、ヒロさん(←前後ともギアは1枚)とOさんがグングン走り去って見えなくなってしまう。速い。いや当方が遅すぎるのか。3UPの皆さんに引き離される時の感触に似ている。ハーハーゼイゼイと自分としては一生懸命に登っていくが、自己記録より4分以上遅いタイムで定峰峠に到着。タイムと言えばOさんの自転車である。当方とは、営業実績も資本金も違う。

2008092302

峠の茶屋で焼肉丼@750円を食べる。御飯の上に千切りのキャベツが乗っていて、その上に焼肉が乗っている。焼肉丼の類では正丸丼が横綱級だと思うが、まあ味の感じ方は人それぞれということで・・・。

店を出ると、仕事上の知合いをお見かけする。 軽く会釈したのだが、まったく気付かれなかった。相手方にしてみれば、想定外の場所と姿なのだと思う。

以降、白石峠に登る。良い見晴らしである。遠く赤城山も見える。

2008092303

白石峠から里を目指して下った。宿の交差点を過ぎてトイレ休憩。西平711を過ぎてしばらく走ると、3UPジャージの方が見えてきた。仮に重大な忘れ物をしたとしてもニコニコしていると言われる、あの方である。今日も笑顔で颯爽と走っていた。

その後、温泉スタンド、越生梅林、シロクマ(『クマさんのほっぺ』を食べる。)と走り、帰路についた。

しかし、今日は結構疲れた。この頃、マイペースで走ることが多く、加えて仕事、仕事の不摂生がたたったか、かなり、力が落ちている感じである。それにしても、ヒロさんとOさんは速い。

2008年9月21日 (日)

巾着田の曼珠沙華

昨日は仕事。今日も午前中は仕事。午後から雨が降ることが分かっていたので、朝のうちに日高市の巾着田に曼珠沙華(彼岸花)を見に行ってきた。

公式ホームページを見ると午前7時以降有料となり、@200円を徴収される仕組みらしいが、お金のどうこうではなく、時間がないので早朝起床で出発。

しかし、みなさん早い。午前6時半前だというのに車が列をなしており、すでに交通誘導員の方が大勢おられた。写真はコスモス。遠くの堤防の上に曼珠沙華が咲いているのが見える。

2008092101

下が今朝の曼珠沙華の写真。私の子どもの頃の記憶では、どちらかと言うと、いや確実に、この花は何の罪もないのに嫌われていた。
しかし、彼岸花もこれだけ集まると見事なものである。写真を撮ろうとすると、暗くて?うまく行かない。イマサンな写真(掲載の写真は、当方が撮影したものをソフトを使って明るくしたもの byヒロさん)である。一眼レフを構えている方々は三脚装備。白い曼珠沙華や梅の古木に咲く花の周りには写真を撮る人がズラッと列をなしている。

2008092102_2

川辺に下りてみる。高麗峠方面からの沢の出口である。その昔を思い出す。崖を注意深くみればカワセミが止まっていそうな枝が多い。しかし、早朝から大勢の人出で、挙句に川面に石を投げる者もいて、きっと迷惑がっているに違いない。

2008092103

2008年9月10日 (水)

秋晴れの大弛峠

午前4時半起床。前日が飲み会だったので何の準備もできていない。そそくさと準備開始。愛車に愛車を積み込んで出発。国道299号線を走り秩父に出て、国道140号線で山梨市の「道の駅まきおか」を目指すルートを取る。朝は道が空いている。快調に走れる。荒川、大滝と過ぎて滝沢ダムへ。ループ道路(ダム手前に見える2本の橋)は走ったことがあるのだが、ダムの全容を見るのは初めてである。

2008091001

雁坂トンネルに差し掛かる。きれいな道である。

2008091002

トンネルを抜けると、道路に設置してある温度計は9度を表示している。確かに、寒さを感じる。710円の通行料金を支払い、「道の駅みとみ」へ。この道の駅には思い出がある。2000(平成12)年の夏に、国道140号線を使って、3日間で甲府市との間を2往復したのであるが、その時に休んだ場所なのである。懐かしい。

2008091003

「道の駅みとみ」を後にして、目的地である「道の駅まきおか」に到着。何やら松本市の開智学校縮小版のような建物が建っている。室伏学校である。案内板によれば、平成14年度に明治8年建築の建物を、この場所まで460m移築したとのことである。

2008091004

車を駐車場に停めて準備開始。向かいのコンビニに買出しに行く。食べ物・飲み物を買い込み朝食とし、運転に疲れたので、しばらくまったりとする。

8時42分「道の駅まきおか」出発。いろいろなブログから室伏トンネルをくぐってはいけないとの情報を得ているので、旧道を進む。一つ目の信号を右折。いきなりの急坂の始まりである。当然にファイナルローでゆったりと登る。しばらく進むと信号機のある交差点に出る。案内標識があり、「大弛は右折せよ」の内容が書かれている。右折。またまた急坂である。心拍は軽く150超である。写真のような感じの坂は杣口浄水場のあたりまで続く。最初の右折した信号からの直登急坂区間は約5キロ、平均勾配8.0%である。

2008091005

杣口浄水場を過ぎ、琴川を渡ると道がウネウネし始め山道(旧杣口林道・起点は琴川渡河地点)となる。琴川ダムを過ぎると柳平(旧杣口林道終点・現山梨県道214号(柳平塩山)線起点)に到着する。高原の気分である。27年前は焼山峠側からきたのであるが、この雰囲気は見覚えがある。ここまでで15.1キロ、登りは949mである。

2008091006

しばらく進むと樹林地帯に入る。樹木の立ち姿といい、密度といい、スウェーデンみたいな感じである。

2008091007_2

またまたしばらく進み、六本楢に到着。材木の積み込みをしていた。右に分岐している道は鶏冠山(西)林道で、通年通行止との案内板があった。

2008091008_2

この辺りは、林道の本来の用途での使用頻度が高いのか、道がかなり荒れている。横断側溝などは、写真のようにアングルの鉄板が路上に突き出した箇所もあり、ロードバイクで突撃したことを想像すると、そら恐ろしい。念のために補足すると、もともと、林道は一般の通行を目的に管理している道路ではないし、加えて悪いのは限られた部分(2キロぐらい?)のみである。トータルで考えれば、この林道に関しては、グリーンラインよりキレイである。

2008091009_3

この川上牧丘林道には、1キロごとに「大弛峠まで何km」の標識がある(今日、実際に走った部分以外は不詳)。柳平を過ぎたとろこにある冬季閉鎖ゲートの残り14キロから確認したが、残り12キロから8キロぐらいまでは、ほぼ平坦と言ってよい緩やかな登りである。ゆるゆると登っていると、金峰山の五丈岩が間近に見えてきた。ここまで来ると奥秩父が実感できる。

2008091010_2

残り5キロの標識である。思わず立ち止まってしまった。結構、走るのがツラクなって来ている。

2008091011

大弛峠が見えてきた。あと少しである。

2008091012

大弛峠に到着。柳平から15.0キロ、登りは823mであった。「道の駅まきおか」からだと、若干の寄り道を含んで30.1キロ、登り1,772mである。このデータはポラールのもので、国土地理院の2.5万図から読み取ると、登りは1,800m以上となる。峠の直前で女子大生MTBに抜かれそうになったがダッシュ。かろうじて抜かれずに済んだ。しかし、休みやすみ、ゆっくりと登ったものである。所要時間は、4時間6分10秒であった。
大弛小屋でカップラーメンを食べようと登っていたのだが、あいにく不在の様子で、残念であった。しかし、大弛峠にはかなりの数の車が駐車しており、中高年の登山者が大勢いた。ちょっとビックリである。

2008091013

来た道を下って、琴川ダムに寄ってみる。竣工碑には平成20年3月竣工と記してあった。

2008091014

ダムの天端から柳平方面を見ると、こんな感じ。中央の坂道を登っていくのである。

2008091015

ダムから少し下ったところに水場があった。巨大な樹木はトチノキである。

2008091016

杣口浄水場を過ぎたあたりから甲府盆地を見る。あたりにはブドウとリンゴが丹精されていた。

2008091017

「道の駅まきおか」に戻り、市営「花かげの湯」で入浴。市外在住者高校生以上3時間まで500円、タオル200円である。

2008091018

しかし、山に行くときは天気の良い日に行きたいものである。ちょっと、時間を作るのに無理をしたが、それだけの価値は十分にあった感じである。本当に気持ちよく、そして楽しかった。それにしても延々30キロ続く登りは長い。下りは琴川ダムから柳平に向けてのホンの数百メートルである。そして、私にとっては大弛峠の標高2,360mは、富士山5合目(スバルライン)を上回りロードバイクで到達した最高地点の記録である。加えて、峠を目指して登り続けた最長距離であると思う。

※通行止情報
現地に設置されていた看板によれば、川上牧丘林道の小楢山西側(塩平~焼山峠)のほどんど全部?は平成20年9月8日から通行止である。通行止期間は、冬季閉鎖期間と連続している。したがって、現地の看板情報を総合すると、今年度は走れないことになる。今日は、27年前に走った道を走ろうと思ったのだが、現地の看板で通行止を知り残念であった。

2008年9月 3日 (水)

地名と言葉

郷土史的な興味から、映画「草の乱」(神山征二郎監督・2004年)のDVDを購入した。

内容は、1884(明治17)年の秩父事件を描いたものである。当然に舞台となっているのは秩父地方である。

見ていると、椋神社(龍勢ヒルクラの駐車場?)、石間(龍勢ヒルクラの激坂)、十石峠、大野原、粥新田峠、風布(「ふっぷ」または「ふうぷ」※)など、数多くの自転車で訪れた地名が登場する。

台詞(せりふ)を聞いていると、「何々でがんす」とか「来ない(きない)」とか、いろいろな秩父地方の言葉遣いが出てくる。

「草の乱」のDVDとは関係ないが、秩父地方の言葉に関しては、秩父地方の言葉 というHPが面白かった。トップページからはトンネル(隧道)一覧などにも行け、こちらもサイクリスト的には参考になると思う。

秩父・児玉・大里・比企・入間など、歴史を訪ねてのサイクリングも楽しそうである。

※ 映画「草の乱」の中では「ふっぷ」である。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »